« Hard Graph お仕事モデリング | Main | 演歌なアイツは夜ごと不条理(パンク)な夢を見る »

October 28, 2006

簡単フィニッシュの誤解

数年前から模型誌上で「簡単フィニッシュ」という
お手軽モデリングの薦めに加担している

イベントで行う模型教室や「ガンプラ初めの一歩」でも
"邪道"と言われても仕方がないようなお手軽ガンプラ製作法の薦めを行っているのだが
それがすべて、という風に思ってしまう人も少なくないようだ

本来的なオレ解釈の簡単フィニッシュというのは

 ①積んでおくくらいなら作ろうぜ
   ↓
 ②どうせ作るんならパチよりちょっとでも見栄えよくしてみないか
   ↓
 ③これはという一品を作る時はガチで行こうぜ

という気分の流れがあるのだが、残念ながら世間的には②のところだけが強調されて
①、③がスポイルされて認識されているように思える
むしろ大事なのは①と③のところなんだけどなぁ・・・

コンテストなどの場合
「簡単フィニッシュ」仕上げで応募された作品が入賞する確立は大変低い
そりゃ、やっぱり一定の工作、塗装といったスキルレベルは
それなりに満たしておいて貰わないと・・・ということですよ

別にコンテストに応募する時というような特殊条件に限らず
オレはこれが好きなんだよという特定のモチーフを作る時は
持てる力のすべてを投入してガチで作ればいい

自分の金で買ったものをどう作ろうがオレの勝手じゃ!と言われれば
はい、お好きにどうぞ、としか言いようがないが
積んどくだけで半年手を動かしていなかったら製作技術は確実に低下するよ
工作はちょっとリハビリすれば感覚が覚えてるから回復は早いけど
塗装に関しては混色の感覚、乾燥前後の色味の変化、
エアブラシを使うときの希釈度合い、ボタンの触感等々回復するにはかなり大変

以前出来てたことが出来なくなるというのは結構ショックだったりする
しかも塗装は最後の仕上げに近いところにあるから
これでミスるとやる気そのものが根こそぎ失われてしまうような気がするよ

オレがことさらに積んどくくらいなら作りなされと言うのは
別にメーカーの人間だからではなく
模型人として感覚的なところは続けてないと維持できないよという
経験則による老婆心なのである

|

« Hard Graph お仕事モデリング | Main | 演歌なアイツは夜ごと不条理(パンク)な夢を見る »

Comments

初代ガンプラブームの頃から、模型といえばガンプラな自分ですけど、恥ずかしい事に、塗装にまで至った模型は数えられるほど・・・(爆

積んどくモデラーまっしぐら。。。家の倉庫にはガンプラ(SD含む)だらけ。
ようやく、最近になって時々、やっぱり素組みぐらいはして飾りたいと思って、MGウイングガンダムVer.Ka.と1/100フリーダムガンダムをガンダムマーカーで墨入れして飾ったくらいです。

うーーん。ぴかちうさんの文を読むと、自分は模型作りがだ~~いすきなんだというレベルじゃないんだなあ~と痛感しました(汗


でもガンプラを買ってしまうのは何故なんだろうかと不思議です。

Posted by: 綾小路 匠 | November 02, 2006 11:23 PM

匠さん

ちょっと説教じみた日記になってしまいましたが
趣味と向き合う姿勢は人それぞれでいいと思います
模型作りが大好き、模型が大好き、ガンプラが大好き、ガンダムが大好き
いろんな人がいろんな付き合い方でガンプラを手にする

カワグチなどは生粋の模型の国の住人だと思っているので
ガンプラに限らずスケールモデルやフィギュアなんかにも手を出してしまうのですが
匠さんなりの付き合い方でガンプラと接していただければ良いと思います

こんな風に作ってみたいなぁ・・・という気分になった時にはそんな目標に向けて頑張ってみてはいかがでしょう?

Posted by: 川口克己 | November 06, 2006 10:41 PM

ん〜〜、ん〜〜、スイマセン初めまして WackyBee と申します。“裏” 経由でこちらにたどり着いたの時がこの日記でして、それからず〜っと色々考えておりました (そして今も考えております)。

出戻りで素組みをしていた頃は、簡単フィニッシュ以前の “色が足りないところだけ塗っとこうフィニッシュ” で、ガンプラ&その他をを楽しんでおりました。

今では作る時はいつでも “ガチ” なのですが、“ガチ” になればなるほど、買うのはプラ材であってキットでは無いのです。プラモ業界にとっては “有り難くは無い客” であります。んなので、どういう風に川口さんにコンタクトしてイイのか良く分からずに、いたずらに時間が過ぎていってしまいました。

私は本質的には 2D 屋 = 絵描き屋 だと思っていますので、“趣味” の模型作りに関してはやはり甘い部分が多々あります。が、“手を動かしていないと、リハビリは大変よ” っていう部分にはすごく共感が出来ます。

“ガチ” か “ガチで無いか” というのはホントに難しいコトで、“ガチ無しの仕事” は有り得ないし、“ガチ無しの趣味” っていうのは考えられない……と言ってもイイのかもしれませんし……。このテーマを考えれば考えるほど、無限地獄に堕ちていく様です〜。

ん〜〜ん〜〜、勇気を出して描き始めてみたのですが、やはり良くまとまりません。なんかスパムがごときのコメントで、ホントに申し訳ありません。

素人考えでは「商品が売れた段階」で企業人 (メーカー) としての役割は終わっている様な気がします。趣味人としては……“積んどく趣味” も否定は出来ませんし、“取り敢えず組む趣味 (その中での簡単フィニッシュ)” も否定は出来ませんし、“いつもガチ趣味” も否定は出来ません。

あ〜〜、ダメだ、ホントに止めども無いコメントを長々と失礼致しました。私などは畑違いなので、やはり求道されている方達とコンタクトを取ろうというコト自体がおごりなんでしょうね (んでも、気持ちの奥底では “手を動かすヒト = お仲間” という思いが確かにあります。垣根を無くして、違ジャンルの方と語り合えると楽しいと……日々思っております)。

そんなこんなでお騒がせ&乱文にて失礼致しました。目障りでしたら削除して下さいます様お願い致します。

Posted by: WackyBee | November 19, 2006 12:42 AM

WackyBee様
レスが大変遅くなり申し訳ありません
ガチと流しというのはやっぱり気分の置き方が人によって異なると思います
"かくあるべし"というような断定的な物言いは私自身好きではありませんが
仕事の場合は好むと好まざるとに関わらずガチが求められるもので
それをこなしてこそのプロフェッショナル
もちろん要求される内容により100%の力で臨む時、80%の力でこなせる時など
その時々で力の入れ具合は変わってくるものだとも思います

趣味の場合は自分がクライアントのようなもので
自分が納得出来なければ満足は得られませんし
その納得ラインをどこに置くのかはあくまでも自分の判断
それがゆるくあってもストイックな道であっても
向き合い方が自分の納得ライン上にあれば相応の満足は得られるんじゃないかと思う訳です

もちろん積んどく趣味も否定はしません
手に入れることで得られる満足もあれば、いつかは作るという気持ちで積んどくのもあり
自分なんかはかなり後者の属性ではありますが・・・
ただ、プラモデルというものが元々組み上げて一応の完成となる
という商材であることを考えるとメーカーの人間的にはやっぱり組んで欲しいという願いはあります
商品に携わる人は組み上げた時に満足が得られることを前提にモノ作りをしている訳で
積んどくだけでは永遠に味わえない気分というのもあります

最近は様々な情報を簡単に大量に入手できるようになりました
商品の購入を考える際の参考としてそれも必要なことだとは思います
ただ、大量に得られた情報はあくまでも他人の価値観というフィルターを通過してきたものに過ぎません
それが最終的に自分の価値観に帰結するのであればいいんですけどね

ビジネスという点で「商品が売れた段階」で企業人としての役割は終了、というのはどうでしょう?
消費者の商品購買という点が実績として記されるのは確かなことですが
各種マテリアルやツールの需要が高まるというのは業界的には「有難い客」ですよ
一見さんが沢山いてもそれはその瞬間的な状況に過ぎません
多くの一見さんの中から常連さん予備軍が生まれてこそ
継続的なビジネスを続け得るというものです
売切り御免という訳にはいかないのが現実で
少なくともマテリアルやツールの購入頻度が高い人は継続的な模型の国の住人で
数ある嗜好の中から模型を選択してくれた得がたい人な訳です

キットを使わずスクラッチの方が良いという人もいるかもしれません
それでも"自分の好きなモチーフを立体物として作り上げる"という嗜好の範疇内ということで
ワタシ的にはOKだと思います
多分自分が純粋な営業職ではないからこんなことが言えるのかもしれませんが
模型という趣味が好きで現在生業としている身としては正直そんな感じでコメントを拝見しました

大体が"お気楽な日々"などと名乗っている当ブログ
誰に遠慮気兼ねすることなくご自身のプラモライフを楽しんでいただければ幸いであります
ということで、今後ともヨロシク

Posted by: 川口克己 | November 29, 2006 01:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 簡単フィニッシュの誤解:

« Hard Graph お仕事モデリング | Main | 演歌なアイツは夜ごと不条理(パンク)な夢を見る »