« Gコレ・αアジールを作ろう | Main | 雨中の香港 »

July 28, 2006

ジオン公国軍 機動偵察セット T1

060728

模型誌誌上でもテストショットを組んだ画像が出回り始めた
作業的には現在T2まで出ていて来週早々にはT3まで上がる予定になっている

上の怪しげな組みあがり状態はT1を組んだもので
フィギュアはクリアピンクで抜かれている
通常テストショットの場合、彫刻の具合や金型の未加工、傷などを確認するために
比較的暗い色で打たれることが多いのだが
今回はフィギュアが金型から抜けるかどうかがまず課題であり
抜く時に金型に負荷がかかるのを避けるため、T1ではAFXで打って抜いたらしい
T2では1色打ちではあるがPSで打っていて
次のトライあたりでは多色で打ったものが出てくるのではなかろうか

ワッパの方は通常のトライ同様に暗めのブルーとグリーンで抜いているが
大まかにグリーンのパーツが基本的なフレーム
ブルーの方が外装というような分割になっている
情景に応じてカウルを外した状態も再現できるのでその辺は妄想力次第

とりあえず8月末のガンダムEXPOでは
妄想を膨らました情景を飾り、土日には実演なんかもすることになっているので
池袋まで来場いただける方は冷やかしに来てくれるとちょっと嬉しい

9月の発売に向け作業はやや遅れ気味ながら着々と進行している
次回この日記でU.C.H.G.に触れる時はいろプラフィギュアをご紹介できるものと思う

|

« Gコレ・αアジールを作ろう | Main | 雨中の香港 »

Comments

いよいよ、発売が近づいてきたという感じがしますね。
ところで「AS」「PS」とは何でしょうか?

あとフィギュアもスナップフィットですか?
写真やおもちゃショーで見た限りわかりませんでした。

ワッパって今でいうといくらぐらいなんでしょうね?
200~300万くらいでしょうか?

Posted by: ドボルド・ザク | July 30, 2006 01:20 AM

まずはお詫びと訂正を
クリアピンクの樹脂はASではなくAFXで
アサフレックスというガンプラで使っている透明軟質樹脂のことで
PSはスチロールの略称で通常のプラモデルで使われる樹脂のことです

フィギュアはスナップにはなっていませんので
別に接着剤をお買い求めいただく必要があります
ワッパの方も接着剤を使用する箇所が多くありますので
組み立てに際しては要注意ということになっております

Posted by: 川口克己 | July 30, 2006 05:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジオン公国軍 機動偵察セット T1:

« Gコレ・αアジールを作ろう | Main | 雨中の香港 »