« ヤマト識者会 | Main | エレベーター不整運行 »

June 18, 2006

絶対に負けられない試合がある

対オーストラリア戦の敗戦によりクロアチア戦に勝利し勝ち点3を挙げる
というのがジーコジャパンの決勝トーナメント進出の必須条件となっていた・・・のだが
結果はスコアレスドローで勝ち点1
これで次のブラジル戦では2点差ないし3点差以上で勝たなければ決勝進出は望めなくなった

ブラジル相手に勝つだけでも大変なのに2or3点差とは・・・

今日のクロアチア戦、中田のミドルシュートや川口のPKセーブなど
「おぉ!」というプレイはところどころで見られはしたが
全般的には「もったいないオバケ」が山ほど出てきそうな展開で
次のブラジル戦はかなり厳しい、というのは素人のオイラでもよくわかる

W杯特需を狙って各企業が宣伝を繰り広げているがそれすらも何とも虚しい
「勝ちT当たる!」って言われても肝心の日本代表が勝ってませんから

踊っているのは試合結果の報に接し狼藉をはたらいている
渋谷に巣食う若い衆くらいのもんでしょう
警備に出ている警官は「サポーターの諸君、周囲の迷惑になるのでおとなしくしなされ」
と暴徒に向かって呼びかけていたようだが、彼らは単に騒ぎ暴れたいだけの無頼の衆で
それをしてサポーターと呼ぶのはパブリックビューイングで埼玉まで行って観戦していた
熱心なサポーター諸氏にとっても迷惑な話なのではなかろうか

選手、サポーターだけではなく
経済効果を皮算用していた人達にとっても
次のブラジル戦は絶対に負けられない、絶対に勝たねばならない戦いなのであろう

|

« ヤマト識者会 | Main | エレベーター不整運行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 絶対に負けられない試合がある:

« ヤマト識者会 | Main | エレベーター不整運行 »