« 台湾ガンプラコンテスト遅報 | Main | お詫びの言葉と感じるストレス »

June 07, 2006

ノー残業デイ

全社的にメリハリのある勤務を心掛けるように
という意味で週に1回は残業なしで帰りなさいという呼び掛けがある
日々の業務に就いているとわかっていてもなかなか実践できないというのが実情なのだが
各部で徹底しなされという通達が時折やってくる

その時はさっさと帰れということで5時半になると人影もまばらになるのだが
しばらくするとまた元に戻ってしまう

ホビー事業部では水曜日が残業なしでさっさと帰りましょうの日なのだが
今朝の朝礼で「業務命令です、今日は5時半になったらさっさと帰ってください」
という御触れが出た

そして5時半、さすがに皆帰り支度を始める
カワグチが会社を出たのは5時40分
日も長くなりまだ外に出ても明るい時間

普段帰る時間だと各駅停車に乗れば途中から座って帰れるのだが
今日の電車は学生だらけ、下手すると朝の通勤電車よりも混んでいる

いつもと違うことをすると刺激があってそれはそれで面白い
ルーチンで生きているというのは
自分でお楽しみの幅を狭めているということなんだねぇ

|

« 台湾ガンプラコンテスト遅報 | Main | お詫びの言葉と感じるストレス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ノー残業デイ:

« 台湾ガンプラコンテスト遅報 | Main | お詫びの言葉と感じるストレス »