« ノー残業デイ | Main | HCM-pro ヤクトドーガ近日発売 »

June 08, 2006

お詫びの言葉と感じるストレス

今朝の通勤電車が遅れていた
車両故障によるダイヤの遅れということで浅草についたあたりでは定刻の約10分遅れ

駅で電車を待っている間幾度となく
電車に乗ってからも停車駅ごとに乗車してくる乗客に対し車内アナウンスで
遅延のお知らせ+お詫びが放送される

「~お急ぎの中、深くお詫び申し上げます」
繰り返し聞かされる車内アナウンスに
あんたら本当に悪いとは思ってないでしょ、言ってることコピペみたいなもんだと思ってない?
と、意地悪い聞き方をしてしまう

これが冬場の着膨れラッシュの結果遅れが出てます・・・とか
人身事故によりダイヤに乱れが出ています・・・というのなら
まぁ、不可抗力だから仕方がないとも思えるのだが
車両故障ってのは全面的に鉄道会社の責任でしょう
しかもごく稀に起きるというのならまだしも、月に2回くらい発生することもある
それって、保守がダメってことなんじゃない?

京成といえばJRとともに成田空港へ旅客を運ぶ幹線ではないのかい?
下り線でこんなことがあった場合飛行機に乗れませんでした・・・
なんてこともありえるんじゃない?
そういう時は賠償に応じてくれるんだろうか?

停止信号で各停並みにトロトロ走る特急に乗りながらストレスを溜め込んでいたら
ココログも夜中の2時から14時間かけてメンテナンスをするという
しかも終了時間がその後延長され都合16時間半のメンテナンス

何じゃそれ?!

このところメンテナンスばかりじゃねぇか、ココログ
メンテナンス情報の末尾に記される
「今後ともココログを宜しくお願いいたします。」という一文を見るたびに
おまいらも本当に悪いと思ってないだろう?!と思ってしまう

コピペで薄っぺらいご挨拶してんじゃねぇよ(#゚Д゚)モルア!!

|

« ノー残業デイ | Main | HCM-pro ヤクトドーガ近日発売 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お詫びの言葉と感じるストレス:

« ノー残業デイ | Main | HCM-pro ヤクトドーガ近日発売 »