« 盗作疑惑 | Main | 男祭り、何処へ・・・ »

June 04, 2006

嫌な事件

秋田の小学生殺害事件でその1ヶ月前に一人娘を失った母親が事情聴取で出頭した
かなり前から週刊誌などでは容疑者として取り沙汰されているのは
電車の中吊り広告で知っていたが
朝から長時間の事情聴取ということで容疑はかなり濃いものと思われる
被害者宅の本当に近所、子供同士も友達で家族の親交もあったと聞く
どんな報道がなされても「なんで?」という疑念は払拭されない
子供が被害者となる事件、事故は後を絶たないが
事故(とされる)被害者遺族が時を経ずして加害者に転ずるというのは
当事者でない限り想像の粋を遥かに超えている
何が起こっても不思議ではない世の中とよく言われる
それにも限界というものがあると思っていたが、上限はどこにあるのだろう?

関係ない話だが
前の奥さんの出身が今回の事件の起こった場所と同じ二ツ井(現能代市)で
年齢的にも嫌疑のかかっている母親とほぼ同年代
狭い地域に学校がそんなにたくさんあったとも思えないので
もしかしたらニアミスしてたのかもしれない

そんなことも考えるとホントに
世の中何があるかわからないという思いを強くするばかりではある

|

« 盗作疑惑 | Main | 男祭り、何処へ・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 嫌な事件:

« 盗作疑惑 | Main | 男祭り、何処へ・・・ »