« April 2006 | Main | June 2006 »

May 31, 2006

後半戦に向けて

今日で5月も最終となる
今期が始まって2ヶ月を経過しようとしているが
商品開発的には既に下期の仕込みが始まっている

既存カテゴリー商材に関しては大筋ではラインナップも想定されているのだが
新規の商材、キャラクターに関しては現段階で検討をしておかないと
今期のビジネスには間に合わなくなってしまう

ということで今日はBHCで企画プレゼンテーション大会
朝10時からスタートし、終了したのは19時だった
それでも既存カテゴリーラインナップに関する検討は一部後日実施ということになり
東京スタッフは疲れた脳ミソを抱えて新幹線で静岡を後にした

今週は月曜と今日がBHCで通常よりも1時間早く家を出ることになり
明日は月初ということで1時間早い出勤
週に3回早出となると結構クルものがある

単に朝早いというだけではなく、距離を移動するというのは
費やす時間に関わらず体力を消耗するというのは以前より分かってはいたが
今回はまさに実感というところではある

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 29, 2006

季節の行事

今年度に入り業務の関係もあってBHCに行く機会が増えた
ペース的にはほぼ週イチくらいの頻度で行っているのだが
5月に入りホビーショーなんかもあったのでここ半月ほどのペースは
かなりの頻度になっている

往復は新幹線を利用しているのだが
GW明けあたりから東京駅や静岡駅で中学生と思しき一団に頻繁に遭遇する
引率の先生や旅行代理店のガイドさんの姿を見るまでもなく
修学旅行であることは察しがつく

多分奈良・京都コースなんだろうなぁ・・・と思いながら
30年ほど前の自分に想いを馳せる
中学、高校とどちらも奈良・京都コースだったが
周りの「えぇ~、奈良・京都かよぉ~」という後ろ向きな反応に対し
カワグチ的には満更でもなかった
歴史趣味嗜好は今ほどではなかったとはいえ
その萌芽は当時からあったのだろう、むしろ楽しみでもあった

今に思えばあそこに行っておけば良かった、ここを訪ねれば良かった
というような思いも無い訳ではないが、それは言っても詮無い事

関東に起居していると奈良・京都・大阪といった
関西の古都へ行く機会もあまりない
交通機関の発達で行こうと思えば日帰りでも行けるところではあるが
そこまでのアクティビティは失われてかなりの年月が経つ

中学、高校の修学旅行というと行った先のことよりも
一緒に行く仲間との思い出を作ることが優先されるのは当然であろう
梅雨に入るの入らないのという微妙な季節
好天に恵まれんことを部外者ながらお祈りさせてもらいますよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2006

マンドラゴラの降る沼

年に1度のシティボーイズのライブ
今年は4月に池上本門寺で行われ、先日WOWOWでその模様が放送された
平日の夜の放送ということでタイマー録画していたのだが
2時間弱のまとまった時間というのはなかなかとれず
今日ようやく全編を見た

今回はシティボーイズの3人にいつもの中村有志
そして6年ぶりに帰ってきたいとうせいこうが加わり
いやが上にも期待は膨らむ
  ・
  ・
  ・
いやぁ、いいよ、シティボーイズミックス

TVで若手お笑い芸人さんの姿を見ない日は無いと言っても過言ではない
昨今の新お笑いブームにあって、枯れた味わいとでも言うのだろうか
大爆笑というようなネタではなく、クスッと笑えるようなネタを
ひたすら積み上げられた先は完全なるシティボーイズミックスの世界が開けている

今回何となく斉木しげるがテンションを抑え気味だったように思えたが
コントが錯綜し最終的に修練されるというのはお馴染みの展開で
今回も見ていてある程度予想はできた

多分前半にあったアングラ劇団「風は振り返らない」ネタを
最後に実際やっちゃうんだろうなぁ
巨大な●玉を振り回す赤ちゃんというのは多分中村有志だろうなぁ
ホントに屋根に上って「とうりゃんせ」やっちゃうんだろうなぁ

なんて事を考えながら見るのも俺的な楽しみ方なのだが
こんなネタはやっぱりいとうせいこうがいないと出来ないよ
シティーボーイズ+中村有志+いとうせいこう
この5人+αでこれからもやって欲しいもんだ

どうせ年に1回の公演なんだからさぁ
そしてやっぱり1度はナマで見てみたいよなぁ・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 26, 2006

三国志

国内でのSDガンダムの市場は往時に比べると必ずしも良好という訳ではない
一方、昨日の日記に記したアジア圏でのガンプラ事情ということになると
韓国ではSDガンダムフォースが好調であると聞くし
香港、台湾では武者頑駄無の状況は悪くないらしい

イベントで出張した際に時々言われるのが
「武者頑駄無を三国志になぞらえて展開すると中華圏ではヒット間違いなし」という提案

日本でも横山光輝氏のコミックスに代表される三国志に関連する書籍は多く
光栄のゲームでは信長の野望と並ぶ看板タイトルと言われるほどの人気
最近はゲーセンにも三国志のゲームがあるらしいしコレクションフィギュアもある
ましてや中華圏ではその認知度は老若男女を問わず・・・とも聞く

高校の選択科目で世界史を採った俺的には中国史はもちろん習ったし
魏・呉・蜀の三国時代や劉備玄徳やの名前くらいは覚えているし
稀代の名軍師、諸葛亮孔明の名前は知っている
俺的にはちゃんと知ればハマルのは間違いないと思いながら
今までちゃんと向き合ったことはなかった

ところが最近ちょっとはまりそうな気配がある
カワグチ的愛読書の中に「歴史街道」という薄っぺらい月刊誌があるのだが
その今月号の特集が三国志・蜀編ということで
劉備玄徳と五虎将軍、諸葛亮孔明のエピソードが記されていた

魏・呉・蜀三国の中で最も早く歴史という舞台から消えた蜀にあり
その強烈な個性で今に名を残す英傑たちの群像

やっぱりちゃんと三国志演義を読んでみるか

| | Comments (0) | TrackBack (2)

May 25, 2006

アジア圏のガンプラプロモーション

アジアを舞台にしたガンプラプロモーションと言うと
夏場の香港、台湾でのガンプラ王
年末のBAKACということでコンテスト絡みの話題となる

ガンプラの浸透度という点では
香港、台湾は他エリアに比べて一日の長があるイメージなのだが
他のエリアでも少しづつではあるが様々な企画が検討されている

先日北京で行った講演などもその一環ではあるのだが
バンダイ上海の公式サイトでは非公式ガンプラ情報ということで
当ブログの抜粋版が中文版で掲載されている

中国のガンプラファンが関心を持ちそうな記事を中文版で紹介したい
というバンダイ上海の高さん(北京講演時の通訳さん)の発案で
既に4月、5月分の記事の抜粋をアップロードしていただいている

韓国ではBAKACの定期的なフォトコンテストが
バンダイコリア主催ということで近々スタートする
謎のマスクマンとカワグチも審査員ということで関わることになるが
応募された画像をメール添付で送ってもらい審査するという方法を採る

エリア毎の特性や認知の浸透度に合わせ
様々なアプローチがこれからも検討される訳だが
成否はやってみないとわからない
試行錯誤を繰り返しながら市場を開拓していくことになるが
日本国内での実施事例の持ち出しや
海外での成功事例の持ち込みも今後は増えていくかもしれない

今年はアジア圏での展開は勿論、欧米圏へのアプローチも検討するつもりではいる

BANDAI ACTION KIT ASIA CUP から
BANDAI ACTION KIT UNIVERSAL CUP を目指す
というのが海外販売チームの今期の目標であるとのこと
とは言ってもアジアでの足場を堅固なものとすることが前提ではある

060525

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2006

松本零士先生宅訪問

ホビーショーで初公開となった1/350 ヤマト
PG級の商品を目指す
ということでホビーショーでも来場者様からの御意見を伺っていたが
業界にも「ヤマトに関しては一過言あり」という方が多くいらっしゃる

そうした識者の方々にも御意見を伺うことになるのだが
その先鞭、という訳ではないのだが今日松本零士先生のお宅に伺った
カワグチ世代的にはヤマトはもちろんだが
むしろ戦場まんがシリーズにミリタリー趣味を煽られた感もある
そういう意味では松本零士先生と言えばカワグチ的にはまさにネ申

幼心に夢と憧れた円谷プロに初めて伺った時のようなワクワク感を抱きつつ
1/1メーテルと雪さんが立つ玄関を上がり応接に通される
やがて先生が入って来られ今回の試作を御覧になる
幾つかの修正点の指摘をされたが全体には非常に御満足いただけた様子ではあった

今年で68歳を迎えられたと聞くが
まだまだやりたいことがあると仰られる先生、実にお元気ではいらっしゃった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2006

代休いただきました

30歳を超えた時に何となくムリが利かなくなったような気がした
40歳を越えてから何となくまた多少の無理が利くようになった気がしている
ホビーショー直前の準備段階では20代後半ぐらいの頃の勢いで作業をしていたのだが
さすがにホビーショー最中に力尽き
模型誌さんとの会食でも一次会は全く問題なかったものの
二次会では結構な時間爆睡してしまった
勝手知ったる旧知の編集部ということで翌日「てへっ」で済ませてもらったが
対外的な場面でこのていたらく、反省しきりではある

ということで今日は代休とさせていただきリフレッシュ・・・できたんだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2006

ホビーショーが明けて

4日間のイベントを終え、通常業務が再開した
プランニングとプロモーションというのがカワグチの業務になるのだが
今回のホビーショーはいつも以上に刺激を貰ったような気がする

他社さんの展示、来場された方々からの御意見、
そしてイベントでないとなかなかお会いすることの出来ない業界の方々
ホビーショーでいただいた刺激を企画という形に転化させる事ができれば
多少なりとも恩返しになるんだろうか

幾つかまとめてみたい企画もあるので
早々に企画書を作りプレゼンテーションに望みたい
実現の運びに至れば改めて当ブログでもご案内したいとも思う

俺的には現場が好きなんだよなぁ、やっぱり

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2006

ホビーショー終了

4日間のホビーショーも無事終了
最終日は好天にも恵まれ、期間中の御来場者数は昨年よりも多かったように感じられた
静岡ホビーショーの場合、一般公開日は入場無料ということもあり
家族連れの姿も多く、やはり東京の同種のイベントとは雰囲気が異なる

最終日はU.C.HARDGRAPHの宣伝活動ということで
告知カードの束を持って合同展示会に参加されているサークルの皆さんに
「宜しくお願いします営業」を行ってきた

各テーブルをまわること時間にして約4時間、なかなかに密度の濃い時間ではあった
今回ご挨拶させてもらった各サークルの人達が
U.C.H.G.応援団についてくれると心強い

蓄積していたぶんも込み込みで疲労はあったが
結構心地良い疲労感ではある
そういう意味では「宜しくお願いします営業」だけではなく
いろんな刺激を頂いたホビーショーではあった

次回開催は2007年5月17~20日の4日間
ぼぉ~っとしていると1年なんてアッという間に過ぎてしまうぜぃ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 20, 2006

魂・・・売ってしまいました

サンダーバードが40周年ということでアオシマさんのブースでは
サンダーバードおねいさん約2名を起用して道行く人にアピールしていた
然程広くない通路はおねいさん大人気で撮影会会場の様相を呈していた

40周年にちなみ、集英社から刊行される記録集の告知
というのが主旨らしいのだが
今回アオシマブースで告知を行うことになった仕掛け人が
実は20数年来の旧知の友だったりする

会場で顔を合わせるなり
「カワグチさん、あとでおねいさん2人来ますから写真とりますよぉ~」
とのご挨拶をいただき、お言葉に甘え相好を崩してしまうあたり
オイラもただのオサーンだよなぁ・・・
060520

ちなみに記録集の豪華執筆陣には小田さんも名前を連ねているらしい

完全版 サンダーバード 全記録集

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツインテールは海の怪獣だったのか!(BlogPet)

きょうは、ここにblogするはずだったの。
ぴかちうたろうはツインみたいなblogするつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2006

U.C.HARDGRAPH

午後から会場に1/35フィギュア企画関係者様御一行が来場された
場内を見学された後にホビーセンターに移動し
工場見学をされた後にミーティングを行うことになっている

企画名称も正式に「U.C.HARDGRAPH」と決まり
サンライズが公式サイトを立ち上げることになった
昨日からプレオープンということでスタートしたが
6/25から本格稼動することになっている

とりあえず第一弾は「ジオン公国軍 機動偵察セット」ということで
ワッパとジオン偵察兵2体(クワラン曹長とソル)セットが9月頃発売になる予定

モビルスーツを作り慣れている人にとっては戸惑うキットになるかもしれないが
まずは正式にお披露目となった次第

発売までは未だ間があるがちょっと気にしといてもらえるとありがたいかなぁ・・・

060519

U.C.HARDGRAPH 公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 18, 2006

ホビーショー開幕

天候にあまり恵まれない中
第45回静岡ホビーショーが静岡ツインメッセでスタートした

今日、明日の2日間はバイヤーズデイ、週末の土日が一般公開日
都合4日間のホビーショーの開幕ではある
会場間もない段階で昨年よりも多い流通各社様の御来場が感じられる

今回のバンダイブースではガンダムに関しては
スターゲイザーが一番のお勧めということで
初お披露目のパイロットフィルムも上映された

また、ガンダム一辺倒ということではなく
ヤマト、80年代リアルロボの復活といったあたりも
今回のブースの肝ではある

他社さんも趣向を凝らしており
ハセガワさんは1/350三笠に続き日本人の魂の艦である雪風が会場発表された
タミヤさんのブースではミニ四駆オンラインの呼び込みで
3にんのおねいさんが客引きをやっている
うぅ~ん、タミヤも萌えかぁ・・・なんて思ったのだが
よく考えたらモ子ちゃんなんかもいた訳で
案外タミヤさん、萌えには寛容なのかもしれない
060518

何はともあれ今日から4日間、天候だけが気にかかるところではある

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2006

ティーガーの開き

ホビーショーを明日に控えホビー事業部御一行様は静岡入りし
午後から会場で飾り付けを行った

とりあえず全体の飾りつけも終わる中
ヨンパチコーナーは明日の朝にモデルアートさんからお借りする作例と
カワグチが今晩中に仕上げる予定のディスプレイ待ちでやたらと空間が目立っている
「ヨンパチブース、大丈夫ですか?」という不安交じりの周囲の声の中
「とりあえず今晩が勝負なんで、なんとかなります」というカラ元気を返す

とりあえずケーニヒスティーガーを使ったディスプレイは先に仕上がり
あとは簡易ディオラマを残すのみ

なにぶん30年前のキットということで考証面ではかなり厳しいものはあるが
部分的に再現された内部メカを表現するということでティーガーの開きを作った
カットモデルだと少々地味な感じがあったので
今回は標本のようなレイアウトで内部メカを強調するディスプレイ
という選択をしたのだが、これが作っていてなかなか楽しい

単品を作りこむ、ディオラマで飾るといった
ミリタリーモデル王道の楽しみ方というのは勿論ありだが
オブジェ的に作ってみるというのも
バンダイのヨンパチの楽しみ方としてはアリなのかもしれない

実際に手を動かしてみないとアイデアも出てこないのだが
いろんな楽しみ方が出来る素材としてのヨンパチをアピール出来ないもんだろうか

060517

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2006

ヤマト旅立ち

今回のホビーショー、バンダイブースの目玉アイテムとして
PG級のヤマトの出品を予定している
既にギミックの検討は進められ、形状試作も一応はあるのだが
社内検討により「・・・」な状態になっていて
ホビーショーに出品するにはいささか・・・な感も否めない

ホビーショー対応も含めた第2段階の試作が今日上がってくることになっていて
その社内評価会があり、今日は1日ホビーセンターでの業務となった

試作の方はまだまだ検討の余地は多いものの
ホビーショーで飾る分には対応可能な出来上がり

しかし、明日ホビーショー飾り付けで静岡入りする前日に静岡入りし
日帰りして明日に備えるというのも何とも

明日の午前中に会議がなければそのまま静岡に居残れるんだけどなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2006

HS準備大詰め

先週末にヨンパチ展示関係の作り物を請け負い
週末からこちらずっとヨンパチと格闘している

「Panzer Graph」誌に掲載されていた作例をお借りするお願いを先週金曜に打診し
徳永氏の4号戦車ディオラマと杉本氏の8輪重装甲車に関して快諾を頂いた
これで何とかカタチにはなりそうなメドもつきちょっとひと安心ではある

それでも簡易ディオラマの製作は続行中で
ふと思い立ってケーニヒスティーガーを使ったディスプレイを追加することにした
今日はティーガーのパーツとダークイエローの缶スプレーを手に
右往左往しながら一日が過ぎた

残された時間は自宅作業が可能な2晩とホテル作業の1晩
計算上は2晩分足りないんだが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2006

マトメ上げ

当ブログの記事作成では時間指定が出来る
あらかじめ記事を作っておき、指定の日時に公開できる
時限装置のような機能ではあるのだが
カワグチの場合もっぱら過去記事を書くのにその機能を使っている

今回もホビーショー直前から期間中に至る1週間
日記の更新が出来ていなかったので
まとめて1週間分アップロードしている訳だが
そんな時には時間を11:59PMに設定することにしている

ということで
HS初開示情報なんかもHS終了後に日付を遡って記しているので
ネタバレのようなネタバレでないような
微妙な記事になっているが・・・まぁ、その辺はご愛嬌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2006

ツインテールは海の怪獣だったのか!

夕方の時間帯ということもあり、家にいる時はメビウスを見ている
今日はツインテールが出て来た訳だが
あいつ、海の怪獣だったのかぁ・・・
そう言えば昔持ってた怪獣大図鑑には「エビの味がする」って書いてあったけど
古代怪獣って書かれてただけだった筈だよなぁ・・・

でも「海中だったらグドンに負けなかったんじゃないか」という台詞は
わかっていてもやっぱり嬉しい

帰ってきたウルトラマンが放映されたのは俺的には10歳の頃
世代ごとに『俺のウルトラマン』というのがある

幼稚園の頃にウルトラQの本放送を見た記憶があり
ウルトラマン、ウルトラセブンも勿論リアルタイムで見ていたのだが
子供なりの理解力と記憶力ということでは
俺的には帰ってきたウルトラマンが俺のウルトラマンということになる
正直なところビートルやウルトラホークよりも
マットアロー1号の方が好きだし
ナックル星人に坂田兄妹が殺された時はショックだった

余談ながら佐伯日菜子版エコエコアザラクで
団次郎と榊原ルミがミサの両親という役で登場する
これは郷秀樹と坂田アキの悲恋を成就させてやりたいという円谷映像スタッフの
こだわりによるキャスティングであったとも言われている

そんな諸々の思いを抱きながら見たツインテール
海中では身体を真っ直ぐに伸ばして泳ぐのかぁ・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 12, 2006

久しぶりの渋谷

ホビーショー用制作材料の買出しで久しぶりに渋谷に出た
雨+金曜の夕方ということでハチ公周辺は異常な混雑
渋谷駅前交差点で信号待ちしている人の壁は厚く
「渋谷ってこんなだっけぇ~?」というのが正直な感想

目的地は東急ハンズということでセンター街に入る
人並みは「まぁ、こんなものか・・・」という感じだったが
センター街に並ぶ店構えが思いのほか変わっているのに驚く

へぇ、大阪ラーメンの「神座(かむくら)」も渋谷に出てるのかぁ
今度渋谷に出る時は昼飯時を少しはずしたタイミングで来るか・・・

新宿ハンズが出来てから渋谷店に来ることもすっかり無くなってしまったが
売り場の様相もずいぶん変わったもんだ
でも7Fのレストランは変わってないんだなぁ・・・

などといろんな感慨を抱きつつ直退コースで家路に着く

小学校4年の時に九州から東京に引っ越してきた時は渋谷区上原に住んでいた
その後20数年間の間に下北沢、狛江と
小田急線を下るように転居を繰り返し現在は千葉県民になっている

小田急線時代は遊びの拠点は下北沢、渋谷が中心だったが
その頃はまだ多少落ち着いた趣だったと記憶している

まぁ、その頃というのがもう10年ほど前な訳だから変わって当然
まして渋谷だからねぇ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2006

この期に及んで

静岡ホビーショーまで1週間
ホビー事業部部員各員は準備の追い込みに余年が無い

金型修正中という報のみで
その後音沙汰なし状態になってしまっているヨンパチについても
再度展示は行う方向で検討しているのだが、なにぶん完成品不足は否めない
昨年の秋のホビーショーではあっさり風味で並べただけだったので
今回はもう少しそれらしく・・・という気分もあり
また、ヨンパチが採り上げられたパンツァーグラフ誌3号では
ヨンパチの楽しみ方云々という講釈もたれた手前
それらしい展示はやっぱりしないとだよなぁ・・・

ということで急遽、簡単なディオラマを作ることになった
外部のモデラーさんにお願いするにはあまりにも短期間ということで
カワグチが作ることになる訳だが、それでも時間が無いのは如何ともしがたく
ディオラマ、と言うよりもディスプレイ台に毛の生えた程度
ということになるのは明白ではあるが、とりあえずは・・・やってみるかぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2006

1/35フィギュア企画 その後

ホビーショーでの出品を控え1/35企画も着々と進行している
商品化までは今しばらく時間が必要になるが
事前の告知も含めた情報発信については
サンライズさんや模型誌さんとも入念な打ち合わせが行われている

いわゆるガンプラとは
買って欲しいお客様層も楽しみ方のベクトルも異なってくるだけに
手探りな部分も多いというのが実情ではあるが
ガンプラという先入観を無くせば
或る意味では模型誌さんが本来得手とするネタではある
カワグチ個人の気分ということでは、かつてのMSVの頃に
宇宙世紀世界を色々と妄想していた頃の気分に結構近いものがある

5/25売り模型誌さんから情報が出始めることになるが
公式サイトも立ち上げよう、という話も具体的になりつつある
近々プレオープンすることになると思うので
その際には当ブログでも御紹介したいと思う

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 09, 2006

BHC一般見学受付中

ホビーセンターの見学受付が昨日から始まった
以前当ブログで静岡ホビーショーあたりに公開できるようになるといいなぁ・・・
と記したが実際には6月中旬からということになる

今日応募状況が速報で入ってきた
予想を遥かに上回る応募状況で静岡近辺はもちろん遠方からの応募も少なくない

現状2回/月で各20名様のご案内ということでスタートさせていただく訳だが
ちょっと少な過ぎません?という声も無いではないが
専任の見学案内担当者がいる訳でもなく
実際にどんな状況になるのかという予測が難しいため
まずはこのような形でのスタートとなった

もっともロビーはバクシードイベントなんかで開放することもあるので
そうした実施ノウハウが蓄積していけば様々なケースにも対応できるのではなかろうか

T社ではロビー、ショールーム、歴史館に限り自由に見学できるコースと
小・中学校の社会科見学的な模型が出来るまでを見学できるコースの2本立てで対応している
静岡HS一般公開日に合わせたオープンハウスは前者の拡大版というところだろうか

他社さんのケースなんかも参考に
まずはスタートするところから始まるBHC見学対応ではある

それにしても応募者平均年齢が高いのは予想通りというか何というか・・・

バンダイホビーセンター

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2006

迷子のお知らせ

今日昼過ぎに新規企画検討用試作製作材料の買出しに秋葉に出た

個人的な象狩りで秋葉で馴染みのスケール専門店に行くと有り難いことに象1匹発見
店長さんとちょっと立ち話をしてヨドバシ(通称:秋ヨド)へ向かう
とりあえず昼食時やや過ぎということで一旦8Fに上がりその後6Fへ

つつがなく買い物を済ませエスカレーターで降りていく途中で
迷子のお知らせの店内アナウンスが流れた
「・・・アバレンジャーのシャツに・・・のズボン、ウルトラマンの靴を履いた3歳の○○君が・・・」
ボウケンジャーじゃなくてアバレンジャー?
という疑問にひっかかり何となく気になってしまった迷子のお知らせ

3歳でアバレシャツってことはお兄ちゃんのお下がりかなぁ・・・
靴のウルトラマンはどのウルトラなんだろう・・・
服と靴の絵柄がハッキリしてると何となくリアルだよなぁ・・・
バンダイ商品もいろいろ買ってもらってるのかなぁ・・・
小さな子供が巻き込まれる事件や事故のニュースが多いけど大丈夫かなぁ・・・
親御さんが早く行ってあげるといいんだけどなぁ・・・

店を出るまでに繰り返しお知らせが流れることは無かったので
すぐに親御さんが3歳の男の子の所に行ってあげたんだろうなぁ
と勝手に納得しながらも何だか晴れない気分で駅に向かう

時折パラつく小雨交じりの曇天というのが鬱気分を煽るのだが
昭和通り口のところでフォルクローレを演奏している一団がいて
道行く人にCDを売り込んでいた
普段見慣れ聞き慣れているそんな光景も晴れない気分で接すると
サンポーニャの音色がホントにもの哀しく感じられる

改訂増補版「龍象」を確保した高揚感はどこに行ってしまったんだろう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2006

劇場版 機動戦士ガンダムSEED 製作決定

ソニーミュージック・アニメ・フェスティバル会場で報じられた
劇場版 機動戦士ガンダムSEED 製作決定の情報
SEEDおまとめ公式サイトの方でも第一報が記されている

去年から今年にかけては劇場版Zガンダム三部作が公開されたが
新作での劇場版ガンダム作品は「F91」以来のことで
(とりあえずSDやグリーンダイバーズ、IGLOOは含まないとして)
公開は来年ということになろう

今年はネット配信を核とした「STARGAZER」が製作される訳で
CEガンダムに関しては先日放送されたスペシャルエディションも含め
映像面では話題に尽きない

さて、それではUCガンダムはどうなのか?
先日バンダイビジュアルの人に聞いたところでは
今年末から年明けに発売される
「機動戦士ガンダム DVD-BOX」の前評判が異常に高いらしい

年末のDVD-BOXの告知を4月から始めるというのも異例ではあるが
全2巻併せて約7万円のお買い物に注目が集まり
おそらく注目に比例した販売が見込まれるというのもやっぱりスゴイ

中野でテストロケが行われていた「戦場の絆」も今秋には本格導入される
今月末には昨年のアッガイに続くMGまさかアイテムのギャンも発売になる

UCガンダムに関しては1年戦争にまつわる商品がメディアとなり
市場を構築していくことになる

今年から来年にかけてのガンダムシーンは
CEガンダム、UCガンダムともにライトなお客様に向けた展開というよりは
好きな人に向けた嗜好性の強い展開ということになるため
ガンダム新入生の獲得はまた違った施策が必要となる

なかなか難しい課題ではあるのだが・・・

Xplosion! GUNDAM SEED (SEEDおまとめ公式サイト)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

May 06, 2006

いきなりの夏日(BlogPet)

きょうは、ぴかちうたろうで諸々竣工された。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2006

改訂増補版「龍象」見あたらず

既売商品に修正を加えリニューアルするという商品展開はドラゴン1/35AFVではお馴染みで
先月末にエレファントの改訂増補版が出た

基本構成に定評があり巷で指摘されていた修正点を補った形の今回の改訂増補版
特に履帯はMTに改められ、仙波さんのサイトで見る限りは限りなく完全版に近い仕上がり

昨日トライスターのⅣ号B型が発売になったということで併せて店頭を物色したのだが
都内数店に限ってはエレファントは見当たらず
秋葉イエサブには象がいたことを示すPOPのみが痕跡として残っていた

自走砲、駆逐戦車好きの俺的には是非とも手に入れたかったアイテムではあるが
乱獲後の草原に放り出されたような気分で少々鬱な気分

暫くするとまた店頭に並ぶんだろうけど
不定期なドラゴン商品入荷状況を考えると、それがいつになるのか見当がつかない
もうちょっとこまめに探せばどこかに潜んでるかもしれないが
せめてMT製の履帯だけでもいいからホスィ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2006

いきなりの夏日

5月になった
3,4月と年度替りや新工場の竣工その他諸々で
バタバタしている間に時間だけが過ぎた気がする

5月に入り今月は静岡ホビーショーもある
とりあえずホビーショーが終わるまではバタバタはおさまらない予感

そんなバタバタ状態に夏日の陽射しは結構こたえるのだが
あと半月後の静岡、連日夏日状態なんだろうなぁ・・・

イベント自体は好きだし
こんな時でないと会えない人に会えるというのも心躍るのだが
躍る心に水をブッかけるのが静岡5月の陽気だったりする

暑さと湿気に弱い生き物である俺的にはそれだけが辛いんだよなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »