« 懐かしの“アレ”がエンジニアの原点だ!Vol.12 | Main | 1/400 ムサイ級巡洋艦 »

March 02, 2006

電話番

フロアに電話がかかってきた時に受話器を取るのは若い衆のお仕事になっている
商用の電話はもちろん、お客様からの問い合わせも多く
特に新製品の発売日に関する問い合わせの本数はかなりの数になる

フロアに人がいない時には電話に出ることもあるのだが
劇場版ZGの公開も近づき、このところ劇場販売限定品に関する問い合わせが多い
そのほとんどが「どれくらい生産してるんですか?」という数量に関する問い合わせ
生産数量、出荷数量に関しては限定品に限らず通常商品でもお教えできない旨を伝えても
「何でですか?」「前回よりも多いんですか?少ないんですか?」
と、なかなかご納得いただけない
まぁ、その筋の人たちなんだなぁ・・・と、申し訳ないが応対も事務的なものになってしまう

それでも事業部にかかってくる電話はそんな電話ばかりではなく
塗装に関しての質問や接着剤の使用に関する質問といった
あぁ、この電話の人、ちゃんと作ってくれてるんだなぁ・・・と思うような電話もある

簡単な質問であれば若い衆が応対するのだが
突っ込んだ質問になるとカワグチのところに電話が回ってくる
そんな電話に対してはついつい懇切丁寧な応対になってしまうのは人情というものだろうか

ROMさんでホビー事業部に電話したことがある人もいるかもしれないが
もしかしたらその電話の応対をしたのはカワグチかもしれない

|

« 懐かしの“アレ”がエンジニアの原点だ!Vol.12 | Main | 1/400 ムサイ級巡洋艦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 電話番:

« 懐かしの“アレ”がエンジニアの原点だ!Vol.12 | Main | 1/400 ムサイ級巡洋艦 »