« モデラーズフリマ in SHIZUOKA 2006 終了 | Main | INSIDE ガンダム »

February 06, 2006

老醜を晒すということ

東横イン社長氏の涙ながらの謝罪会見がニュースで報じられている
ヒューザー社長氏同様、傲慢さを見せていた当初の勢いから一転
急にしおらしさを見せ殊勝な言葉を口にする、いい歳をしたオサーンの姿は醜怪極まりない

横浜市長氏の言ではないが
「世の中をなめくさったヤツ」が急にそんな謝罪の言葉を口にしても
とりあえず詫びときゃなんとかなるだろう、くらいにしか思ってないんだろう
という風にしか思えず、何も心に響いてこない
て言うか、記者からの質問に対しても明確な回答も無く
ただ「私の責任です」を繰り返す姿は、人の言うこと聞かないです状態で
百辺詫びの言葉を口にするより、やることやってから出直して来い!
としか思えんのだよなぁ

人の振り見て我が振り直せ、という言葉もあるが
自分自身がこんな醜怪なオサーンにはならないよう心がけたいもんだ

|

« モデラーズフリマ in SHIZUOKA 2006 終了 | Main | INSIDE ガンダム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 老醜を晒すということ:

» 東横イン 西田社長会見 [(・ω・)]
 開き直りから、謝罪の繰り返しへ――。東横インの無断改築問題で自治体の全国調査結果が公表されたのを受け、同社の西田憲正社長(59)は6日、東京・霞が関の国土交通省で記者会見した。約40分間の会見中、ほとんどの質問にうつむきながら「すみません。すみません」....... [Read More]

Tracked on February 06, 2006 10:39 PM

« モデラーズフリマ in SHIZUOKA 2006 終了 | Main | INSIDE ガンダム »