« December 2005 | Main | February 2006 »

January 31, 2006

モデラーズフリマ続報

気が付くとあと数日でフリマになる
属性的にはスケールの人が多いはずのモデラーズフリマ
やっぱり浮くんじゃないのかなぁ・・・よい子の模型教室

上級編は山卓氏の模型教室、中級編はMGネモの先行組立て体験
初級編はプラモ初めましてorお久しぶりですな人達に向けた初級編の初級と
普段そこそこには作っているという人達に向けた初級編の上級
(ややこしい表記で申し訳ないが)

で、カワグチ担当は初級編の上級ということになっている
教材はHGUCジムコマンド系キットでちょっとした工夫を加えてみませんか?
というのがテーマとなる

中級・上級編はタイムテーブルに従い進行することになっているのだが
初級編は会期時間内特に区切り無しで
マタ~リとプラモ作りをすることになっている

形式ばった教室というよりも「プラモ作ろうオフ」
とでもいったような進行になるんじゃないかと思われる
カワグチ的にはあまり経験のないパターンではあるが
当日のお客様の様子を見ながらフレキシブルに対応、ということになるが
極端な話、開場から閉場まで居続けていただいてもオケーということになる

どんな展開になるのか全く予想がつかないが
ちょっと面白そうで自分自身だんだん楽しみになってきている

危惧する点があるとすれば
会期中お客様に怪我などないように・・・というのと
誰も参加してくれませんでした・・・orz
というような哀しいことにならないといいんだけどなぁ、ということか

モデラーズフリマに参加しようかなぁ、と思っているアナタ
冷やかしでもいいので「プラモ作ろうオフ」に参加して下され!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2006

某模型専門店店長さんすいません・・・

今日都内の某スケールモデルショップで山卓さんに遭遇した

週末のモデラーズフリマで模型教室上級編を担当されるということで
話題的には出し物についての話しだったのだが
いきおい話題はヨンパチ再販の話になり
1/48ミリタリーを精力的に展開されているメーカーさんの話へ
そしてヨンパチの模型誌的アプローチの話しから模型誌自体の話しへ・・・

店内の棚の間とはいえ店の真ん中でオサーン2人が立ち話に興じている訳だから
お店的にはかなり迷惑だったんじゃなかろうか?
と、後で思い至った訳だが、他にお客さんが居なかった訳でもなく
内容的にも結構ギリギリな話しもあった訳でなかなかにスリリングだったのだが
こりゃぁ、モデラーズフリマの親睦会はどうなるんだろう?
業界筋の方もかなりいらっしゃるだろうから
よもやブッチャケトーク大会にはならんと思うが
誰かが口火を切ったらどんな展開になるか予想出来ない
これはもういらっしゃる方々のお楽しみということだな

で、どれくらい立ち話をしていたかというと・・・1時間から1時間半くらいだろうか
いや、ホント店長さん申し訳ないっす・・・orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2006

護衛艦で戦う女の子って嫌いですか?

1/7からUHF局で放送されているアニメーション作品「タクティカルロア」が面白い
「萌え+ハードメカアクション」というのが謳い文句なのだが
ハードなメカアクションというのがロボではなく艦船アクションというのが珍しい
(もっとも潜水艦モノ等は最近もアニメの題材となっていたりするが)
制作スタッフは実際の護衛艦に取材に行き演出等の参考にしたという

制作にはバンダイビジュアルが参画しており同社のプロデューサー氏とは旧知の仲なのだが
彼は基本的に萌えの属性は持っておらず
作品世界へのコダワリを表現していくというのが特長なのだが
番組企画段階に聞いた話では「萌え無しでも十分楽しめる作品です!」と語っていた

現在他社さんが商品化を検討されているということで
弊社的には積極的なアプローチは行っていないのだが
ナデシコを楽しめた俺的には十分楽しんでいる

予定では1クールで終了するということだが
「続編や外伝も作れるくらい作品世界は構築できています」とはプロデューサー氏の言
個人的にはかなり期待したい作品ではある

タクティカルロア 公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2006

どうなる?! 新日本プロレス!

新日本プロレスと選手間の契約更改交渉で
後藤達俊が退団を決め9人目の退団者となった
金本は保留しているようだが西村、吉江が既に退団を決めている中
今後もまだまだ退団者は増えそうな勢いではある

「PRIDEでもハッスルでも出たい。プロなんだから体を張って稼ぎます」
と後藤はコメントを発しているが、ハッスルなんかだと良いキャラになりそうな気はする
でも後藤がモンスター軍団に入ってもあたりまえ過ぎてインパクトないけどねぇ・・・

昔から長州ファンの俺的には現場監督に復帰し頑張って欲しいものなんだが
団体としてはインディーズ並みに成り下がってしまった

格闘技ブームもピークは越えた感はあるが・・・どうすんのよ、新日本?
って、所属レスラーと退団レスラーの名前見てると
そんなにかわるものでもないような気はするが・・・(´・ω・`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よい子の模型教室 in モデラーズフリマ(BlogPet)

ぴかちうたろうの、馴染みへblogした。


以来2回ほどブログ記事にコメントを付けて...


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2006

メイド喫茶から女性店員を誘拐の男を逮捕

メイド姿のおねいさんたちが路上でビラ配りをする姿が既に当たり前の光景となった秋葉原
ここ数年で急速にその数を増やし、TV露出も増える「メイド喫茶」

そんなメイド喫茶で営業を終えた帰り際のキャストさんにキリを突きつけ
拉致ろうとした住所不定・無職の28歳♂が逮捕されたそうだ

拉致られそうになったメイド嬢は面識はないと言っているらしいが
怪しい妄想男なんだろうか?
「体にちょっかい出すが、静かにしていると刺さないから」
なんていう脅し言葉を言っていたらしいが、そんな言葉にも何となくオタ臭も感じられる
「わいせつ目的で連れ出した」と供述しているらしいが
28歳にもなって後先考えない幼稚な想像力しかないのかね?
それにしても住所不定・無職の28歳って何だよ(#゚Д゚)ニートカ?モルァ!

ドーデもいい話だが事件を伝えるメディアの表記が
「メイド喫茶」(日経・ネットニュース各社)であったり
「メード喫茶」(読売・朝日・産経他)であったりするが
「メード喫茶」と書かれると何だか新しい喫茶サービスのようで違和感がある

ちなみに事件のあったメイド喫茶はしばらく休業するらしい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2006

ピットロード 秋月型防空駆逐艦

060126
近年のWLリニューアルは艦船モデルファン的には嬉しい市況なのだが
静岡3社が元気を取り戻す間、艦船模型市場を支えたピットロード

最近は「何でここはコウなるかなぁ・・・」
「擦り合わせしっかりやんないと隙間開くじゃん・・・」
といったもう少し頑張れよ的な印象も無くはない
個人的には多少うるさめなディティールの施されたピットの艦船キットは好きなのだが
修正無しで組めるキットであれば値段が高いのは心情的には我慢できる

さて、そんなピットの防空駆逐艦が我が工廠にも配備された
まだ組んでいないのでパーツの状態でしか判断できないが
左右割された船体には最近よく目にする船体継ぎ目モールドが施されている
消磁電路のモールドはやや眠い感じだが各種構造物は結構よさ気な感じがする

とりあえず今のところの印象ではアオシマのよりもいいような気がする
さて、ストックしてある大量のアオシマ秋月型、どうしよう・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2006

呪文

57歳のオサーンが20代の女性10人と集団生活をしているというニュースがあった
「夢でみた呪文を唱えたら女の子が集まってくるようになった」
「恐ろしいので呪文は教える訳にはいかない」
同居している女性たちと臨んだインタビューで語るオサーンの話はなんとも胡散臭い

しかも同席している女性たちの姿が顔はモザイクがかかっているものの
皆一様にミニスカートで胸元が広い服を着込んでいる
誕生会と称されるビデオも流れていたが、その映像を見ていると
申し訳ないが場末のキャバクラ?というような印象を受ける

何なんだろうねぇ、このオサーン
ウラヤマスィ・・・という人もいるが
世の男性諸氏の間では呪文の内容が気になっているようで
某巨大掲示板サイトでは呪文に関する憶測が面白おかしく書き込まれている
「・・・それはクリィーミーマミだし・・・」
「・・・いや、ミンキーモモじゃなかったっけ?」
などと言っている様子は何とも微笑ましい

しかし、20代おねいさん10人と乳児+ネコ多数・・・ちょっと鬱陶しくないか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2006

よい子の模型教室 in モデラーズフリマ

2/4,5の2日間、静岡ホビーショーの会場としてお馴染みの「ツインメッセ静岡」で
『第3回 モデラーズフリマ in SHIZUOKA 2006』が開催される
主催者さんから「バンダイさんも参加してちょ」というオファーがあり
参加することになった

プチホビーショーみたいな感じかなぁ・・・と
展示主体のイベント参加をイメージしていたところ
主催者さんから「キャラホビとかホビーショーの時のような模型教室を・・・」
というオファーがあった

モデラーズフリマに行かれる人は模型玄人さんばかりだし
よい子の模型教室という訳にもいかないでしょう、と思ったのだが
上級者向けに山卓さんの講座、初級・中級者向けにバンダイによる講座を
というのが主催者さんの御希望らしい

バンダイ担当分ということになるとガンプラということになるし
来場される方はオイラの邪道チックな模型教室は望まれないんではないのかなぁ・・・
とりあえず去年の秋のホビーショーの時のような感じでやらせてもらおうとは思うけど
何となくイベント会場で浮いてしまうような気がしてならない

まぁ、気負っても仕方がないので
皆さんのお邪魔にならない程度に参加させていただきます

ちなみに昨日「初日に行われる親睦会にも参加してちょ」
というメールを頂いた
諸先輩方の中に紛れ込ませていただくことになるが実に恐縮至極ではある

モデラーズフリマ オフィシャルサイト

| | Comments (2) | TrackBack (1)

January 23, 2006

ホリエモソ ||Φ|(・|・|)|Φ|| タイ~ホ!

先週来株式市場を混乱の渦に叩き込んだライブドアショック
今日遂にホリエモソが証券取引法違反容疑で事情聴取され逮捕に至った

実際にどのような操作が行われていたのか、それに関する法的判断はどうなのか
実態については今後の取調べの進展に委ねるしかないのだろうが
基本的に他人と折り合いを付けていくという事に気持ちが向かない人なんだろうなぁ
プロ野球参入、衆院選立候補と負け続ける姿にそんな思いを感じてしまう

ただ、ここぞとばかりにホリエモソ叩きに走るマスメディアもどんなもんかねぇ
おばさま連に人気の国営放送大晦日歌番組の司会者氏は土曜の朝の自分の番組で
「人は額に汗してものを創り出し世の中に貢献していかなければダメだ!」と
ホリエモソを一刀両断していたが
それはアンタも同じじゃないのか?と素直に疑問に思う

LD社の忘年会の様子が繰り返しニュースで流されているが
こんな騒ぎを起こしておいてバカ騒ぎするホリエモソはどうよ・・・
と視聴者を思惑に向けたい意図見え見えで胡散臭さすら感じる

元側近氏の葬儀の場にホリエモソが現れなかったことに関しても
「マスコミが集まる葬儀の席に出席すれば混乱を生むだけ、行きたくても行けない」
というホリエモソのコメントを伝えたのは日テレくらいで
他局は「元側近の葬儀の場に姿も見せない」と偏向の香り漂うレポートを流すだけ

ホリエモソの言ではないが、「叩きたいだけ」のようにしか見えないし
「出過ぎた杭は叩かれる」の図をみているような気がしてならない
小泉自民党批判の道具にしようとする野党及び反対勢力に至っては・・・

世の中「オール・オア・ナッシング」で評価を下せるほど簡単なもんではなかろうに

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2006

こげちゃまる見参(BlogPet)

以来2回ほどブログ記事にコメントをブログしなかった?
以来記事にコメントを付けていった
以来、ネットで記事や日記とか、ネズミを設置したいかも
設置以来記事や日記に...............................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
と、ぴかちうたろうが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2006

男の中の男!浴びようやぁ~!

ポピー在職時の同僚さんたちとの新年会があった
「漢祭り」という別称を持つ宴席なのだが実に久しぶりの集いではあった

1次会は上野にある韓国料理の店だったのだが
言いだしっぺでもある自分が会社を出るのが遅れ
オマケに店情報をメールでもらい上野のあの辺・・・というアタリだけつけて
現地に向かったのだが店が見つからず寒空の下を彷徨する

暫くして救助隊が派遣され先導されるままに店に着いたのは集合時間30分後
既に集合している面々は幾杯も酒盃を重ねていい具合になっている
とりあえず過飲にならない程度に追いかける

約5時間の間に数軒巡ったが途中で約1名脱落はしたものの「漢祭り」は無事終了
帰りは未だ終電前ということでおとなしく家路に着いた

久しぶりに旧知の面々と酒席を囲むというのはやはり楽しいものである

本日の教訓:判っているつもりでも初めて行くところは地図を出力して携帯すべし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2006

Side-Bも征服であります!

060119a
今日は2月配布用Side-Bの撮影日だった
ホビーの蔵スタートからずっとガンプラを使ったHow-Toを行ってきたが
今回はケロプラを使っての構成で行った

パーツ数も少なく組み立ても簡単なケロプラ、何を以ってHow-Toを行うのか?
と、撮影前にアシスタントの風見彩嬢も疑問に思われたかもしれない

今回のテーマは「ツヤ」
ツヤを出す、ツヤを消すという意識と簡単なやり方を今回はテーマにした訳だが
ケロン人の体表は果たしてツヤがあるのか無いのか?

カエルということだからツヤあり・・・かなぁ
でもトイの「ケロロ in Action」や海洋堂のフィギュアのような
エンビ系商材でツヤ消しのイメージもあるしなぁ・・・
といったことに思いを馳せてもらい
お好みで仕上げてもらうための一助ともなれば、というのが今回の肝ではある

060119b 具体的なやり方については
2月上旬配布のSide-Bを見ていただくとして
個人的にはケロン人の体表は
ツヤがあった方がいいような気がする
で、帽子なんかはつや消しで仕上げる
質感によってツヤの使い分けをするだけでも
かなり雰囲気が良くなるので
ケロプラを手にされた方は
是非お試しいただきたい

ケロプラごときで何をそんなに生真面目に・・・
という人もいるかもしれないが
そういうモノの見方はケロプラだけではなく
ガンプラやスケールモデルをやる時も意識するしないで仕上がりが
大きく変わってくるのは間違いない

Side Bに関する情報(配布店リストもアリ)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 17, 2006

荒れさえ抑えられれば・・・

060117a
昨日に引き続いてのヨンパチネタ
かなり悲壮感漂う書き方をしたが、金型チームが頑張ってくれれば
そこそこ見られるモノには仕上がりそうな予感もある
て言うか、頑張ってもらわないといけないんだけどね

060117b パーツ表面の荒れもあるのだが
接着面の擦り合わせも含め
パーツ個々の精度を甦らせることが出来れば
一応普通に組めるモノにはなる(多分)
当初行方不明になっていた砲兵型も発掘され
商品としての体裁も整う目安は立ってきた

今回パッケージは
赤帯の旧パッケージをベースに行う予定なのだが
スワスチカを抜き、バンザイマークの旧CIを
現在のCIに改めたり・・・
といったパッケージや取説の修正も金型修正と並行して行われることになっている
進捗は必ずしも順調に・・・という訳ではないのだが
確実に進行しているのは確か・・・だと思う
060117c

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2006

バンダイヨンパチの明日はどっちだ?!

なかなか「○月にやりま~す!」的な再販の御案内が出来ないヨンパチ
個別にメールで御質問なんぞを頂いたりもするのだが
「金型の状態が・・・って、どんな状態なんですか?」
と気にされている方もいらっしゃる

国内保管の型についてはメンテナンスも軽めで済みそうなのだが
大陸に渡っていた型に関しては「東欧圏の簡易インジェクションモデルですか?」
と聞きたくなるような状態だったりする

バリが出るくらいはかわいいもので、金型が欠けていたり
破損した部分を止めてしまいパーツが完全に不足しているなどというものもあった
かわいいものと称したバリもパーツにチョロっと付いているレベルではなく
バリの海の中にパーツが浮いているというような状態で
たこ焼きのプレートの上で丸める前の全面に広がっている状態を想像してもらうと
イメージし易いかもしれない

一時期は現地生産~現地販売も行っていたと聞いているが
これで組めたんだろうか・・・

金型担当氏に聞くと顔を曇らせながらも「(´・ω・`)ナントカシマス」という
心弱い返事をもらったのだが・・・(´・ω・`)ナントカシテネ

テキストではどんな感じだか判らないと思うので
一応FLAK18と思われるものの画像を貼り付けときます
060116
と、かなり悲観的なことを書いたが
修正確認用に組立てているFLAK18の組上げ後の姿は
明日には当Blogで御紹介できると思うので暫しお待ちくだされ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2006

竹中直人の恋のバカンス・R

10年ほど前にテレビ朝日の深夜に放送されていた「竹中直人の恋のバカンス」が
昨年末DVDボックスで発売され、昨深夜テレ朝でもリターンズと称し放送されていた

竹中直人、温水陽一、ビシバシステム、片桐はいりといったメンバーで繰り広げられる
ナンセンスコントが良い意味で前時代的で心地良い

俺的には竹中直人やシティボーイズ、中村ゆうじといった
玄人好みな芸人さんのコントとというのがたまらなく好きで
WOWOWで年イチ放送されるシティボーイズのライブは人にはお勧めできない
オレだけのお楽しみだったりする

絶対にあり得ないとは思うが
中村ゆうじの「プレイボーヤクラブ(NTV)」と
竹中直人の「演歌なアイツは夜ごと不条理(パンク)な夢を見る」
はDVDで出してくれないかなぁ

「演歌なあいつ~」は一応ドラマなのだが共演の田中広子がすごく可愛かったんだよ
公式サイトのプロフィールを見ると「無かったこと」になっているのだが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2006

こげちゃまる見参

設置以来2回ほどブログ記事にコメントを付けていったネズミの"こげちゃまる"
遂に日記にまで進出してきた訳だが・・・タイトルと中身が全然合ってないよw

最近は単語だけではなく五七調で返してくることも多くなったのだが
もっといろんな言葉を使ってブログを記すと
ネズミのこげぞうももっと気の利いたことを書いてくれるようになるんだろうか

とりあえず週一で書き込み許可設定にしてあるのだが
これから成長してオイラの代わりに日記を書いといてくれると楽なんだが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結局「プラモ初め」は・・・(BlogPet)

新年はネットで大きい自宅などを挨拶しなかったよ
新年はネットでの新年がはじまり5日目となる3連休の中日とい........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2006

ロック誕生50年

昨年NHK-BS2で全3回で放映され、大晦日にまとめて再放送がオンエアされた
「BSエンターテインメント『ロック誕生50年』」という番組があった
本放送は見ておらず、再放送も不在であったため再放送分を留守録しておいたのだが
休日ということで今日、途中まで見た

歴史を辿る系の番組は過去にも多くあり、これからも作られるのだろうが
とりあえずこれは俺的には保存版決定

1950年代後半から60年代初期は俺的にはストライクゾーンは外れているのだが
60年代後半から70年代は間違いなくホームランコース
ビートルズやストーンズ、パープルやツェッペリン、クイーンやキッス・・・
歴史年表に連ねられるメインどころのグループは順当なところだが
プロコルハルム、T-REX、ヤードバーズ、クリームといった
名前は挙げられるがフィルムではあまり見ることのなかったグループも取り上げられ
その都度「おおっ!」とか「ほぅ!」「へぇ!」といった
間抜けな感嘆符を頭の中で復唱していた

とりあえずプログレシヴ・ロックの誕生近辺までは見たのだが
この後パンク、ニュー・ロマンティックといったムーブメントに番組は言及していくらしい
ニュー・ロマンティックと言えば先日購入した『LIVE 8』にミッジ・ユーロが出ていた
かつてウルトラヴォクスでヨーロピアンダンディズムとはこういうものだ
と言わんばかりの容貌はすっかり衰えてしまい、どこぞのオサーンになってしまっていた
時間というものは残酷なものだが、この番組で紹介されているアーティストの中には
既に鬼籍に入っている人も少なくない

こうして様々なアーティストの最も輝いていた時の姿に触れることが出来る
というのは感慨深いものではある

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2006

君やったら、なれると思うで・・・スカーレット

1月も10日余を過ぎ、1月新ドラも出揃い始めてきた
今回個人的に気になっていたのは月9の"西遊記"と東野圭吾原作の"白夜行"

"西遊記"の方は、まぁ、今の時代でこれはこれでありかなぁ・・・という感じだった
"夏目三蔵様御一行"とどうしても比較されてしまうが
当時を知らない若い世代にとっては面白く見れたんだろうなぁ

俺的には"夏目三蔵様御一行"でも西田猪八戒でなければ・・・
なクチなので、第1シーズンに限るという微妙なマインドもかなり入っているため
比較してどうの、という見方はしないよう心がけたつもりなのだが
それでも"きんとうん"がボード扱いというのはやりすぎだと思うぞ
060112

さて、
もう一方の期待のドラマ
"白夜行"
初回スペシャルということで
2時間枠であったが
ドラマ世界に完全に
引き込まれてしまったよ

主役はあくまでも山田孝之、
綾瀬はるかという
TV版セカチューコンビなのだが第1話に関してはその大半が事の発端となる幼少年期
その幼少年期の亮司と雪穂を演じる子役さんがとにかく上手い
特に雪穂を演じた福田麻由子ちゃんは凄すぎ
結構キャリアは長い子役さんで、ドラマ、CM等々でもよく目にする
救命病棟24時の第3シーズンでは準レギュラーで健気な代議士の娘を演じていたが
今回の雪穂役は白眉と言えるのではないか

綾瀬はるかの雪穂が果たしてこの後どれくらい存在感を見せてくれるのか
第1話に限って言えば福田麻由子の存在感は圧倒的だよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2006

清水の地にもあと僅か

昨日から打ち合わせで静岡工場に来ているのだが
新工場の建設も順調に進んでいて2月からは引越しモードになるらしい

ここに来るのもあと数回ということになるが
移転するということに何となく実感が沸いてこない

思えばストリームベース時代にバンダイ出入りをしていた頃から馴染みの現工場
当たり前のように新幹線・静岡で降り
在来線で清水まで戻りタクシーで来ていた現工場が
もう少しすると縁のない所になってしまうんだなぁ

ノスタルジーにひたる歳になったとは思いたくない(と言うか認めたくない)が
何となく時代の節目のようなものを感じてしまう今日この頃ではある

若き世代は鉛筆を舐めることもなく、今日もPCを前に図面書いているんだが・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 10, 2006

状況判断しない香具師、大杉

普段生活していると結構ストレスが溜まることがある

道の真ん中でのんびり携帯メールを打ちながら歩いてるオネェチャン
みんなあんたを避けながら歩いてんだから急に立ち止まるなよ

駅の券売機で並んでいて自分の番になって料金表を見ながら財布を取り出すオバチャン
並んでる時に小銭を用意しておけよ

新幹線で座席に座るなり思いっきりシートをリクライニングにするオサーン
後ろに座ってる人に目礼くらいしてからシートを倒せよ
降りる時も位置戻してから降りれ
   ・
   ・
   ・
まぁ、人の振り見て我が振り直せとは昔の人も申しておりますが
他人のこと気にしない人多いよなぁ・・・と自戒の念も込めつつ
カルシウム足りてないよなぁ、オレ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2006

おまいに言われたくねぇよ・・・w

060109b

BlogPetを始めてからまだ2日なのだがネズミのこげぞうの台詞が気になり
ついついクリックしてしまう

自分がブログに記している言葉を
単に言っているだけなのだがそれでもやはり嬉しい

普段は1単語くらいなのでそれほど感動はないのだが
時々長文なんかを喋ると嬉しくなってしまう
ごく稀に俳句と称する(季語も何もないのだが)五七調で喋ったりするとかなり嬉しい

いろんなサイトに出かけてペットサーフィンなんぞもやってみたりするが
オーナーさんの記事、言葉遣い次第でペットたちにそれぞれ個性が感じられ
それはそれで結構楽しかったりする

060109a 子ネズミごときに
「やるじゃねぇかw・・・」なんて
生意気なことを言われるとムカつきながらも
愛おしくなってしまう

「やるじゃねぇか」だけならまだしも
「w」付きで言われたかねぇが・・・w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2006

結局「プラモ初め」は・・・

実家ご挨拶ツアーを終えようやく自宅での新年がはじまり5日目となる
3連休の中日ということで今年の初プラということで
夜中に工作部屋と言うか、倉庫と言うか、Uボートの艦内のような自室で
作業机に向かった

で、何を初プラにしたのかと言うと、久しく放置してあった
安土城@童友社だったりする

石膏の破片をエポキシ系接着剤で石垣パーツ表面に貼り込み
サンドペーパーで表面をならす途中で作業が止まっているので
残りの石垣整形作業を再開した<プラモちゃうやんw

或る程度基礎が見えてきたところで
上部構造物の仮組みも行う・・・のだが
パーツ状態では全く気付かなかったのだが
屋根パーツが大きく歪んでいるようで大胆な隙間が出来る

エポキシ系接着剤で端面をガッチリ固めて
無理やり貼り付けるというのも少々怖いので暫し手を止め黙考

「お湯につける、ドライヤーで温めるといった定番工作に訴えるか」
 でもそんなに生易しい歪みでも無さそうだし・・・
「屋根パーツを分割して調整しながら貼り合わせるか」
 でも歪みは厳然と残ってるし・・・
「パーツをゲージにしてプラ材で作り起こすか」
 でもそんなことしてたら死ぬまで完成しないだろうし・・・

自問自答を繰り返しながら結局結論は出ず
まぁ、年内には完成させることを目標に日を改めて攻め方を考えるか
ということで、パーツは再び箱の中へ

そうして積みプラの壁は崩れぬまま新年のプラモライフは始まるのであった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2006

なんだ、曙、やるじゃねぇかw

1・4東京ドームの新日マットに曙が姿を現した
なかなかその姿を見る機会はないのだが
全日のリングでは武藤敬司に従い転戦しているという

留守緑していた同日深夜放送の新日本プロレス新春興行をようやく見たのだが・・・
これが予想以上に面白かった

番組冒頭には吉江・曙×ヒロ斉藤・B.S.マシーンのタッグマッチが行われたが
吉江を伴い花道を入場する曙の姿が心なしか堂々として見える
試合が始まってからもチョップを受けても
巨大風船のような身体が揺れるだけでダメージは見られない
張り手でぶちかます相撲技や体重を利した踏みつけもかなり効いているように見える
四股も踏めば、勝った後には"曙ダンス"なるステップを踏んでいる

そこには僅か数日前に史上最強の素人に判定とは言え敗北を喫した
苦悩するK1ファイターの姿とは全く別人のような
第64代横綱あがりのプロレスラーの姿があった

これなら総合格闘技にこだわる必要ないだろう
ボビーに敗れた今、マッチメークも難しいだろうし、ここはプロレス1本でいったらどうよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2006

BlogPetで遊ぼう!

昨日から会社が始まり会社でいろんな話しをしている中でポスペの話になった
以前ポスペを使っていたこともありちょっと盛り上がったのだが
その時に「ブログペット」というのを教えてもらった

HPやブログでもよく目にする「ハーボット」みたいなものなのだが
ネズミやウサギ、イヌ、ネコ、パンダといった動物がモチーフになっていて
ポスペのように勝手にブログを書いてくれたりするらしい

とりあえず面白そうなのでサイドバーに設置してみた
選んだ動物はネズミ(ほんとはハムスターがいればベストなんだが・・・)
名前の「こげちゃまる」はポスペの時に飼っていたハムの名前だったりする

こげちゃまるをクリックするとブログを読んで覚えた言葉を言うらしい

設置に少々手間取ったが殺風景な当ブログにやってきたネズミのこげちゃまる
来場される方にも可愛がっていただきたい

ちょっと気になった人は「BlogPet」のサイトも覗いてみてはいかがだろう

BlogPetポータル

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 05, 2006

嗚呼、クルト・シュタイナーはいずこ

何気なくチャンネルを合わせたTXで
「オースチン・パワーズ ゴールドメンバー」をやっていた
以前に比べ映画を見る機会が激減しているのだが
こういうどうでもいいような馬鹿馬鹿しさは嫌いじゃない

一応面白おかしく最後まで見たのだが
オースチンの親父役で出ていたマイケル・ケインの姿に
ショックというか悲しさのようなものを感じた
役どころ上、仕方がないのだが「嫌な老け方しちゃったなぁ・・・」
というのが素直な印象で、俺的には
"マイケル・ケイン=クルト・シュタイナー@鷲は舞いおりた"だったんだよなぁ

ジャック・ヒギンズの名著「鷲は舞い降りた」
原作本を見る前にテレビで放映された映画を見、後にレンタルビデオを見た時に
ズタズタに編集されていたことを知りショックを受け改めて原作を読んだ時に
悲劇の独空挺部隊将校クルト・シュタイナー中佐のイメージは
間違いなくマイケル・ケインの姿だった

その後「鷲は舞い降りた」は俺的No1の名作として原作、映画ともに心に刻み込まれ
バーに行っても頼む酒はいまだに愛すべきIRA闘士リーアム・デブリンを気取って
"ブッシュミルズ"だったりする

同じく"鷲は~"に出ていたドナルド・サザーランドやロバート・デュヴァルは
応分な歳のとり方をしているように思えるのだが
マイケル・ケインは何でこんなになっちゃったかなぁ

俺のクルト・シュタイナー像を返してくれよぅ・・・
060105

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2006

歴史は繰り返す・・・と言うが

TBSの深夜に「緊急特番 関口宏の歴史は繰り返す」という番組が放送されていた
正月番組としてここ数年新年に放映されている番組で今年で4年目になるらしく
番組の雰囲気は以前に日テレでやっていた「知ってるつもり?!」のような感じで
毎日新聞論説委員の岸井成格氏の変わりに加山雄三が座っていても全く違和感が無い

今回の内容的にはポスト小泉がニュースを賑わす中
先の衆院選で圧勝した小泉自民党政権の行く末を
歴史上の出来事に照らし推察する、ということだった
歴史モノがストライクゾーンど真ん中ということもあり
個人的には歴史モノに並び興味津々だった「オーラの泉」を切り上げて見ていた

元々関口宏の司会番組が好きではないということもあるのだが
マスコミを賑わす表層的なキーワードを無理やりつなげて論旨を導こう
とする流れがハナについて仕方がない

「常識破り」というキーワードで語られる桶狭間の戦いに関するエピソードでは
上洛を目指し尾張に押し寄せる今川の大群に対し
在地民から得られた情報から奇襲を決断し寡兵をもって田楽狭間へ・・・
という江戸時代に流布され旧陸軍参謀本部が迂回奇襲戦を強調するために用いたとされる
"定説"に従い論旨は進められるのだが
その"定説"に従うと桶狭間戦の論功行賞で一位とされた梁田政綱の出番もなくなるし
近年有力視されている今川陣営から丸見えの正面攻撃で本陣を突いたとする論拠となった
"信長公記"への信頼性も吹き飛んでしまう

「刺客」というキーワードでは
"人切り以蔵"こと岡田以蔵、"東洋のマタハリ"こと川島房子が例として挙げられ
刺客というものは利用されるだけ利用された後は非情な最期を遂げる
として小泉チルドレンの行く末を案じているが
「刺客」という言葉を使っているのは対立候補を立てられた候補者と
面白おかしく伝えるマスコミくらいじゃないのかなぁ

他にも「独裁」「安政の大獄」といったキーワードは出てくるが
ヒトラーや毛沢東、井伊直弼を引き合いに出しながらも
どうにも上っ面を撫でているような印象しか残らず
だからどうする、何をすべき、といったような提言らしきものも特に無い中で
いやぁ、困りましたねぇ・・・という結論を持ってこられてもこちらも困ります

まぁ、正月からカリカリするのが嫌なら見なきゃいいんですけどね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2006

作り初めは何にしよう

昨年10月末から年末にかけてひたすら作りモノをしていたような記憶がある
香港出張でも"よい子の模型教室"で作りモノとまでは言わないまでも
少なからずプラモデルを手にしていた

例年だと家で年末年始を過ごすことが多かったので「行くプラ来るプラ」と称して
年内の作り納め、年初の作り初めを決めキットを前にして
「ニッパー初め!」とか「カット初め!」などとひとりはしゃいでいるのだが
今年は未だプラモデルを手にしていない

禁断症状とまでは言わないものの1週間プラモデルに触れていない
というのはあまり記憶に無い
とりあえず今は作り初めは何にしよう・・・と妄想を膨らませるしかないのだが
そんなことを考えていること自体
普通の社会人とは異質な人生を送っていることに気付かされる

そう考えるとオイラの人生って結構自分なりに楽しんでるんだよなぁ
て言うか、俺ってやっぱり根っからの模型好きなんだなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2006

年末年始番組

12/30に角川ザ・テレビジョンを見ながら年末年始の番組予約をひたすら行った
大晦日のK1、PRIDEは勿論、更にその裏のたけしの超常現象スペシャル
年明けのNHK新撰組スペシャル・・・この時ほどHDDレコーダーが頼もしく思える時はない

今年のTX10時間ドラマは「徳川三代」だから俺的にはスルーでオケー
それでもHDDレコーダーだけでは足りないので4台あるビデオデッキもフル活用

なんだけど・・・

それだけ撮りためた番組、いつ見るんだよ、オレ!
とりあえずは仕事始め後に間髪入れずにやってくる三連休を有効活用ということになるか

それまではなるべく情報に疎くなっておいて
格闘技祭りの結果を耳に入れないようにしておかないとだなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2006

新年の抱負のようなもの

2006年戌年
「申酉騒ぎ戌笑う」という言葉が相場の世界にはあるらしい
申年、酉年は値動きが乱高下し、戌年は上昇機運となるということなのだそうだ
勿論他の干支にもそれぞれにまつわる格言があるらしいのだが
景気も底をうち回復基調にあるとされる今年に臨み良い言葉ではある

自分自身にとっても昨年はポピーからバンダイホビーへ出戻り
SEED DESTINYも序盤の不調から中盤に入り完全に復調した
会社自体もナムコさんと経営統合するという大きな出来事があった
コレを"酉騒ぎ"と解釈するなら、今年は昨年を踏まえ"犬笑う"結果を出す年としたいものだ

今のところ来年はTVガンダム新作の予定はないが
静岡工場も新工場となる訳で、勢いをつけて年頭からダッシュをかけ
自分自身にとっても面白い仕事をやっていきたいものである

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »