« October 2005 | Main | December 2005 »

November 30, 2005

グローバルで行こう!

11月も今日で終わり
今年も残すところあと1ヶ月という年の瀬まっしぐらな今日この頃
そろそろ今年を振り返る系な話題も出始めるタイミングではあるが
カワグチ的にも或る意味いろいろあった1年ではあった

架空戦記4の商品化作業で明けた今年
3月にはホビー事業部に出戻り、企画の新ネタをたくらみつつ各種イベントで飛び回り
夏~秋~冬と季節もあっという間に過ぎていった
年明け早々に生まれた姫さんも今では狭いリビングを所狭しとズルズル這い回っている
公私共にいろいろあった2005年
いや、まだあと1ヶ月ある訳だからこの後も何が起こるかわからない

年末の香港出張が今年の締めくくりになる訳だが
BAKAC各エリアもかなり盛り上がっている様子
海外販社のスタッフさんと話をしていてもモチベーションの高さが印象に残る

来年も今年同様、いや、今年以上に海外販社とのお付き合いは深くなりそうな予感
日本の市場が事業の基盤であることは間違いないが
東南アジア各エリアで新しいガンダムビジネスモデルを試行して日本市場も刺激していく

それが今年出戻ってホビー事業部で過ごし感じた一足早い来年への抱負だったりする

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2005

30年前の記憶

「Panzer Graph!」誌の取材が静岡工場に入った
年明け1月売りの同誌で1/48ミリタリーが取り上げられるらしく
当時のバンダイヨンパチに関する取材とのこと
とりあえず当時は小学校くらいの小僧であった私も立会いで静岡入りした

静岡工場のスタッフも世代替わりが進み、当時を知る方も少なくなってしまったが
当時設計に携わっておられた方が一人いらっしゃるので御紹介させていただいた
もちろん今は設計業務は引退され管理業務に就いてらっしゃるのだが
30年前の記憶を辿っていただき
当初1時間くらいかな・・・と読んでいた時間を大幅に上回る時間を割いていただいた

1972年から始まり75年には終焉を迎えたバンダイのヨンパチ
その短い期間以上の記憶がやはりユーザーであった自分の中にはある
インタビューを横で聞いている間、気分は確実に30年前に戻っていた

もちろん紙面ではその全てが掲載される訳ではないし
テキストを読むのとその場に居合わせるのでは臨場感が異なるのは当然だが
この気分を伝える術がないのが実に口惜しい

紆余曲折の末、再販は年明けになる予定だが
成型品が出たら30年前の気分を抱いて先達に敬意を表しつつ作らせて頂きたいと思う

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2005

BAKAC台湾予選大会終了

今回の訪台は実に刺激的だった
初日の台湾キャラクターファンの方々との会食に始まり
GBTでの熱い審査~表彰式
夜市で見つけたあやしいもの探検隊史上最高にぁゃιぃネタの発掘・・・

詳細は現在レポ作成中なので完成後に御覧頂くとして
初めて来た時以上に楽しませてもらった出張ではあった

沖縄からちょっと南下した場所に位置する極めて近い隣国
地理的な近さは勿論、そこに起居する親日的な人達
海外未経験の方にはやはりお勧めな外国ではある

ガンプラ事情についても先日の韓国、今回の台湾と
今更ではあるが、エリア特性のようなものも感じられるようになってきた

成熟しきった日本市場とは違った「何か」が生まれそうな手応えも感じられる
そういう意味では東南アジアで展開しているガンダムビジネスはかなり面白い

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2005

想い出としての戦争

今日はBAKAC台湾大会の表彰式があり、順当な日記ネタとしては
その辺の内容になるはずだった
まぁ、それはイベントレポに譲るとして
昼食は魯肉飯で有名なレストランに案内された

人気店ということで店内は混み合っていたが、入店してすぐにテーブルが空き
一行は腰を落ち着けることが出来た
家族連れで昼食を楽しむ人々の中には観光客と思しき日本人の姿もあった
我々のテーブルの後には2つのテーブルを囲む80年配と見受けられる
20人弱の日本人の一団があった

御老輩の1/3ほどの方は旧軍の海軍帽を被っておられた
おそらく太平洋戦争中に台湾に駐屯していた海軍航空隊の方々であろう
話されている内容は聞こえてこなかったがすこぶる上機嫌の呈は感じられる
かつて明日をも知れぬ若き日に過ごした地を懐かしむツアーなのだろう

しかし、旧軍の海軍帽を誇らしげに戴き歓談する姿は少なからず違和感を感じる
ニュースなどで時折り戦没者の慰霊に訪れた方々が旧軍の帽子を被り
花を捧げ黙祷する姿を目にすることも少なくないが、勿論そこには違和感などはない
命を散らした戦友に対する哀悼の気持ちと、かつて過ごした戦地を懐かしむ気持ち
微妙な温度差はやはり周囲にも伝わってくる

靖国神社の屋台のテーブルを囲んで、ということであればある程度納得も出来るが
親日的な国とはいえ、少なからず異国である日本の軍靴が国土を往来し
寸土を削るような地上戦は無かったものの空襲もあれば徴兵も行われた国である
配慮というものはやはりあってしかるべきであろう

気にし過ぎと言われるかもしれないが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2005

今回のめっけモン~或いはダメオヤヂのお買い物:楊丞琳

051126a 当ブログでは毎度お馴染みの
アジアの音楽チャンネル
Channel[V]
今までこの番組で
いろいろと
めっけモンをしてきたが
今回もちょっと気になる
アイドルさんをハケーン!

楊丞琳(Rainie Yang)という
おねいさんと言うかお嬢さん

BAKAC台湾予選会場であるGBT(GUNDAM BASE TAIWAN)のある
K-MALLという電脳ファッションビル(?)の向かいにあるCD屋さんにたまたま入り
棚にCDがあるのを見て衝動買いしてしまいました・・・orz
で、この記事を書くために検索をしていると
このお嬢さん、『流星花園~花より男子』『あすなろ白書』という
日式台湾ドラマに出ていて台湾のSMAPとも称されるという
「F4」のメンバーさんとプロモーションで来日もされていたらしい
そうかぁ、そんなスゴイお嬢さんだったのかぁ

051126b

それはそれでビクーリだったのだが
俺的にビクーリしたのは
確かにカワイイよなぁ、でも
ホクロの位置がもう少し上か下に
あった方が良かったのになぁ
なんてことを思いながらCD同梱の
冊子の写真を見ると
俺的永遠のマドンナ飯島真理嬢に
かなり似てるんだよなぁ・・・
PVで見てる時に
何で気付かなかったんだろう?

でもそれだけで何だか得したような気がするよ

Rainie 楊丞琳 曖昧

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2005

BAKAC in 台湾 1日目

051125 今年3回目となる台湾

訪台初日は会場となるGBT
(GUNDAM BASE TAIWAN)と
専門店の視察というスケジュール
そして夕食なのだが
今回は旧知のBTW(バンダイ台湾)スタッフ氏が
いつもと趣向を変えての会食を用意してくれた

合コンという訳ではないのだが
同人活動、コスプレをされている台湾のキャラクターファンのおねいさん達との会食
というのが今回の趣向で、今までに例のない展開にどうなることかと思っていたのだが
おねいさん達は日本語も堪能で日本のキャラクター事情にも非常に良く通じていて
ふとした瞬間に台湾にいることを忘れてしまうような勢いだった

いや、台湾に来てユーザーさんとガンダムビジネス論を語るとは思いませんでしたよw
実に楽しい宴席でこれはBTW大之木クンに大感謝!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2005

明日より台湾

先週のBAKAC韓国予選大会に続き
明日より台湾予選大会を審査すべく台湾に向かう
3泊4日の台湾行ということになるのだが、BAKACの予選ということでは
初めての台湾大会ではある
さて、どんな作品が出てくるか、どれくらいの作品が寄せられるか
とりあえずは行ってみないと判らないがこれまた楽しみではある

さて、先週の韓国予選のレポがとりあえず出来上がった
他のイベントに比べるとボリュームも軽く
在韓中に画像処理もほとんど終え
会社提出用の報告書と同時進行で作ったので
アップまでの時間はあまり要せず出来た

さっさと先行したイベントレポをアプせんかい!
というお叱りの言葉が聞こえてくるようだが
こういうものは勢い次第という面もあるので、とりあえずは手の付けられるところから
ということで御理解いただきたい

韓国のガンプラ事情の片鱗にでも触れてみたいという方は
下のリンクから飛んで下され

2005 Bandai Action Kits Asia Cup 韓国予選大会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2005

耐震強度偽装問題

東京・神奈川・千葉のマンションの建築確認で構造計算書を偽造した
というニュースがここ数日新聞やテレビを賑わしている

震度5強の地震で倒壊する危険のある建物もあるらしいが
最初にこのニュースに接した時、船橋、海神という思いっきり身近な地名が連呼され
耳情報の段階ではかなり不安になったが
今住んでいるマンションはリストには上げられておらず、とりあえず安心した

今日は旗日ということで在宅仕事をしながらワイドショーを流し見していたが
会見に臨み謝罪の言葉を口にする某建築主の社長の印象だけが記憶に残った

これほど喋るほどに薄っぺらさが厚塗りされていく人も久しぶりに見たような気がする

曰く「もし倒壊したら、私は殺人マンションを販売したことになってしまう。」
曰く「このような事態に至ったことは万死に値する。」
曰く「いいものを安くつくるコストダウンが正しいと信じてきたが、
   絶対あってはならない事態となり信頼が地に墜ちて残念無念。」

等々、言葉の端々に出てくる大げさな表現が鼻につく事この上ない

そんな謝罪の言葉を口する一方で
「このような犯罪的行為を検査機関も見逃しているんだから
 うちが瑕疵担保責任をすべて負うのはおかしい。」
「150億かかる買戻しに応じられるほどの会社ではないので公的資金を入れて欲しい。」
「国や自治体にくれと言っているのではない。貸して欲しいと言っている。」
といったコメントも発している

言ってることは間違ってはいないだろうけど
責任の所在を甲高い声を張り上げて言い繕われると
『責任は俺には無いし、謝罪はするが気持ちは無い』
と開き直ってるようにも見える

いろいろ裏絡みのニュースも流れているようだし、最終的にどういう決着がつくのか
今の段階ではよく判らないが、かつてホテル火災で罪を問われた
横井某並みの胡散臭さを感じてしまう

自分が仕事でミスしてもこんなに見苦しい態度はとりたくないもんだよ、まったく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2005

ニュースJAPAN

先週社内メールで「ガンダムプロジェクト」非常召集通達があった

ガンダムプロジェクトというのは
CGO(Chief GUNDAM Officerの略、現社長が兼務)の指名者により構成される会議体で
そのメンバーはバンダイグループのガンダムビジネスに直接的に関わる者となっている
ここでは各部門のガンダムマーチャンに関する情報交換や
現在、未来のガンダムに対しバンダイはどうするといった方針が策定される

通常四半期に1回くらいのペースで開催されるのだが
今回はフジテレビ23時台の報道番組「ニュースJAPAN」がガンダムビジネスに関して
取り上げるということで取材が入ることになったため
丁度年末商戦期に入るということもあり非常招集がかかったらしい

取材自体は会議の様子をカメラが収めるということで20分ほどで終了
社長へのヒアリング、ゲーム製作の現場取材なんかと共に放送される
絵作りという感じだろうか

ちなみに放送は11/29らしいので、とりあえず興味のある方は
来週の火曜日に「ニュースJAPAN」を御覧下さいませ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 21, 2005

BAKAC 2005 実施中

051121

Bandai Action Kits Asia Cupの予選が東南アジア各国で実施されている
18日に韓国入りし同国予選の審査をして今日帰ってきた
そんな関係でここ数日間当ブログも停滞していた次第

韓国出張は以前電撃ガンプラ王韓国大会で訪韓して以来3年ぶり
最近の韓国ガンプラ事情に疎くなっていただけにどうなっているんだろう?
という興味も込み込みで楽しみな反面
低いであろうカワグチの認知度で作品審査、模型教室といったメニューに
韓国モデラーさんたちが納得してくれるだろうか?
という不安もかなりあった

蓋を開けてみれば応募作品数こそはやや少な目ながら
表彰式~模型教室は上写真のような活況で
謎の覆面モデラーと並んで小一時間ほどのサイン会というオマケも付き、まずは一安心
さすがインターネット大国、多くの韓流モデラーさんたちは
日本のガンプラ事情についてもかなり通じているらしい
かなりウェルカムな空気でありがたい限りではあった

他の地域でも予選は着々と進められていて年末には香港で本選が行われる
カワグチ的には今週末には台湾の予選に臨み
年末には香港予選、続いて本選の審査を行うことになっている
夏・冬のガンプラコンテスト行脚もすっかり定着した感はあるが
やはりイベントというのは刺激があって楽しいものである

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2005

予備機完成

051116 本来は11/6のガンダム展開催時のタイミングで
納品されていなければならなかったはずの
白塗りガンダム

会期中に破損、汚れなどが生じた場合の予備機
ということで、実際に使われるかどうかは判らないが
とりあえず現在飾られているポーズを参考に
ポーズも完全に固定しての仕上げとなった

会場で飾られているものはポージングに関しては
業者さんにお任せだったのだが
可動部の有無、範囲というのはやはり作った者でないと
わからない、或いは怖くて触れないという面もあり
今回の予備機は展示されているものに比べると
多少思い切った状態で固めてある

逆に監督の意図される状態に必ずしもそぐわないかもしれないが
まぁ、その辺はサンライズの窓口さんにお任せするということで
何とか手が離れることになった・・・いやぁ、長かったねぇ

それでも今回の製作ではプラサフの罠を始め、いろいろ新しい知識情報も得られたし
結果的にはかなりのプラスだったような気もする

さて、あとは1/60のSフリとHCMディオラマが順番待ちしているので
キリキリと作るとするかぁ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2005

終わりなき戦い・・・継続中

051115

11/17に1/60 ストライクフリーダムガンダム ライトニングエディションが発売になる
先々週くらいから一部販売店様に素組み完成品をお渡しし店頭に飾って頂いているので
既に現ブツを御覧になった方も多いかもしれない

先月営業君から「完成品作ってくださいよぅ」とお願いされ作り始めたのだが
途中でガンダム展対応の完成品製作などがあって作業は中断していた

ガンダム展用完成品の納品が終わり(予備機は未だだけど)再開したが
パーツの大きさにペーパーをかける手も戸惑いがちではある

一応塗装済み完成品で仕上げるのだが羽根パーツなんぞは
600番くらいのペーパーでチマチマヤスっていたのでは埒があかない
パーツの合わせ目を棒ヤスリで豪快に均しヤスリ目をペーパーで消していく
それでも整形待ちパーツはなかなか無くならない
素組みでGO!ということであれば比較的容易に完成品までもっていけるが
塗装済み完成品状態に、という場合はなかなかの手応えではある

て言うか、俺が単にペーパーがけが嫌いなだけなんだけどね・・・

とりあえず貼り合わせるべきパーツは貼り合わせ
今回発光関係は最初っからオミットするつもりなので
本来メカ色に相当する部分の金色も吹き終わった
戦いは未だ序盤戦なんだよなぁ・・・

ちなみに金色は模型用塗料ではなく
ニッペの「水性エンジョイカラースプレー・パールゴールド」
というのを使っている
やや赤みの強い金色で、以前ワンフェスで卓を出していた時に
さくらタソの封印の鍵(初期版)を作る際に使用して以来
かなりお気に入りの金色なのだが
残念なことに模型用塗料には無い色味なんだねぇ、これが

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2005

なぜベストを尽くさないのか

051114 日曜日に「TRICK」の特別編が放送された

仲間ちゃんと阿部寛の怪演は健在で何となく嬉しい
金曜23時台に放送された
ちょっとカルト風味な番組がブレイクし
続編に次ぐ続編、劇場版が作られ特別編が作られる
来年には劇場版の2作目も控えているという

さて、今回の事件
人の死期を予言するという占い師の真相を暴く
ということになるのだが、2時間余の枠にしては
ちょっとスケールが小さかったような気がする
緑川祥子(名取裕子)の占い師ぶりは良いのだが
西村雅彦演じる大柴が小物に見えてしまうんだなぁ

実質的に信奉者を束ねる側近中の側近、にしては
小心者的で軽く見えてしまうのがその因だと思うんだが
緑川祥子の真相が暴かれた時でも、もう少し泰然自若とした態度でいて欲しかった
緑川祥子はあくまでも神輿、全ては俺が取り仕切っているくらいのスタンスが見えると
TRICKワールド全開な気がするんだがねぇ

悪事であろうが信じるものが幸せを感じているのは事実
というレトリックは勧善懲悪に陥らないTRICK世界のひとつの帰結点だと思うが
そうしたレトリックを操る者は常にこの世に在り続ける的な表現は
緑川祥子がいなくともシステムは回り続けるという点を強調することで
より訴えかけるものになるような気がする

なんて御託を並べながらも結局は楽しんでしまったんだねぇ
里見さんと矢部さんの押し出しがちょっと弱かったのが残念と言えば残念

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2005

最近のお仕事

ツクリモノ三昧な今日この頃
ガンプラの啓蒙活動というのが俺的業務では比較的大きく位置付けられるのだが
各種雑誌媒体の他にもちょこちょこといろんなところに顔を出したりしている
このブログではあまり積極的に直接的な仕事ネタは振らないことにしていたのだが
まぁ、ガンプラ啓蒙活動の一環ということでは
ここで仕事ネタに触れるのもアリかなぁ・・・ということでちょっと宣伝

ガンダム展(上野の森美術館)
 この夏大阪天保山のサントリーミュージアムで開催されたガンダム展が
 11/6~12/25という期間限定で上野の森美術館にて開催中
 東京のみ展示の富野監督のオブジェ「From First」にて
 白塗りのPG ガンダムを製作しました
 お近くにお寄りの際は是非御覧下さいませ

 ● ガンダム展公式サイト
 ● ガンダム展レビュー

0083 ガンプラ早組みトライアル
 2006年1/27に発売される「機動戦士ガンダム0083 DVD-BOX」のプロモーション
 ということで11/6にバンダイミュージアムで行われた
 「0083 ガンプラ早組みトライアル」の様子が公式サイトで紹介されています
 4時間でHGUCデンドロビウムを組み立てるというやんちゃな企画ですが
 当人的には結構楽しんでしまいました

 ● 機動戦士ガンダム0083公式サイト

IGLOOインタビュー
 バンダイミュージアム単館公開され、ローソン限定でDVDが販売された
 フルCG映像作品「MS IGLOO」の公式サイトで連載されている関係者インタビューで
 バンダイミュージアムサイドのプロデューサーということで喋らせてもらいました
 来年の新展開も控えたIGLOO情報は公式サイトで御確認下さい

 ● MS IGLOO公式サイト

ホビーの蔵
 バンダイビデオゲーム事業部とメディアワークスによる「Side-B」という
 月刊ゲーム情報誌(フリーペーパー)でモデムの風見彩嬢をアシスタントに
 「ホビーの蔵」というガンプラページを連載中
 ガンプラ未経験者もしくは限りなく未経験者に近いゲーマーさんを対象とする
 内容なので、ガンプラ歴○年という人にとってはぬるい内容ですが
 アンケートを見る限りでは同誌の人気コーナーになっているらしいです
 ゲームショップなんかで見かけた時にはちょっと手に取って見てくだされ
 ちなみに今月号は商品紹介に特化しているのでHow-Toはお休み

 ● Side-B情報

というような具合で最近は硬軟取り揃えていろんなことやってます
これからもお伝え出来る情報があれば随時ご案内していきますので乞う御期待
(してもいいのか?)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 12, 2005

心の闇

高校生の事件が続いている
静岡では女子高校生が母親に毒を盛り、町田では幼馴染を男子高校生が刺殺した
どちらも異常な事件として報じられている

比較してどうこう言う問題では全くないのだが
その生成過程は想像の範囲を遥かに超えるが静岡の女子高生の場合
タリウムを人間に投与するとどうなるのか、という
歪んだ探究心が今回の事件を引き起こす求心力であったろうことは想像に難くない
毒物を人間に投与するということ自体が異常ではあるが
犯行そのものは或る意味ロジカルではある

町田の高校生の場合、いろいろな証言が出てくる中で
現時点ではストーカー的行動の終着点として今回の事件に至ったらしい
好きな女の子に相手にしてもらえず悶々とする
というのは誰しもが経験するであろうことだが、それが昂じて殺傷に及ぶというのは
自分の手に入らないものは消去してしまえ、という理屈なのか
自分の手で存在を消すことで自分のものとする、という理屈なのか
犯行に及んでいる間、彼が何を考えていたのかは全く想像できない

他者とのコミュニケーションが苦手な人が
妄想とでも言うべき脳内シミュレーションを繰り返し醸造させることで
他人が思いもよらぬ言動に至るということはままある
妄想を他人に漏らすことで自分の中で現実性が加わり
更に妄想が醸造されることもあるだろう

それでも普通は妄想が社会規範を逸脱することは無い筈なのだが
近年では容易にボーダーを踏み越えた結果と思われる事件事故の報に接することが
多くなったように思える
妄想力と想像力は紙一重だと俺的には思っているのだが
自分心理の置き場としての耽美な妄想世界と
生きていかねばならない険峻な現実世界の境界線を見失うと何が生じるかわからない

「疑心、暗闇に鬼を生ず」という言葉がある
意味の近似性などは全く無いが韻だけを踏めば
「妄想、心の闇に悪鬼を生ず」とでも言うべきであろうか

とかくこのような犯罪を犯すものは我々とは別種の者と思いたくなるものだが
心の闇に悪鬼を抱くことは万人に起こり得る事だというのも確かだと思う
悪鬼を押さえ込む理性の強弱は人によって異なるとしても

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2005

ワクワク感アリ

バンダイとナムコが経営統合しバンダイナムコホールディングスが設立され1ヶ月余
ゴールデンウィークの狭間に統合の話しが公になって以来
様々な形でバンダイ×ナムコ相互コミュニケーションが執られている

夏に企画書を作って部内プレテし通してもらった「エースコンバット」商品化も
徐々にではあるが進み、来春くらいには何とか商品も出せそうな見通しになってきた

もちろん既存のゲーム以外にもナムコさんではいろいろな企画が進められている訳で
企画進行中の秘密のAM機を今日横浜で見せてもらった
どちらかというと思考系ゲームを好物とし、反射神経を使うゲームは敬遠する
というのが俺パターンなのだが・・・これは・・・スゴイ
稼動し始めたら大金投入間違い無しな予感

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2005

もう、アフォかと(ry。

ネットオークションを悪用した詐欺容疑で37歳「模型製作業」の男が逮捕された

「落札したガンダムの模型が配送中に破損し、修理に30万円かかった」ということで
郵便局から賠償金を騙し取ったというのが容疑らしい

知り合いの名前で自分宛に破損した自作のガンプラを送るという自作自演で
余罪もあるらしいが37歳・模型製作業って何だよ
製作代行屋さんってこと? それとも篭ってオクで小遣い稼ぎしてるニートくん?

顔を真っ赤にして郵便局員に詰め寄る37歳の姿を想像するとスッゲェ嫌だなぁ
ていうか、ガンプラ使ってそんなことやんないでくれよ
ヲタの肩身がまた一段と狭くなるじゃねぇかよ!
ガンプラのイメージダウンになるじゃねぇかよ!

まったくもって見下げ果てた香具師

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2005

えびぷりスタイル

051109 マクドナルドのえびフィレオのCMに出ている
おねいさんが今とても(・∀・)イイ!
CM自体はちょっと前からTVで目にしているが
ちょっと気になるおねいさんではある

蛯原友里という名のこのおねいさん
元々はCanCamの専属モデル出身で
他にもCMやドラマなんかにも出ていたらしいのだが
不覚にも今までノーマークだったよ

改めて検索をかけてみると山ほど画像がヒットする
でもやっぱりえびぷりのCMが一番だと俺は思うんだねぇ

えびフィレオの販売は11/24までらしいので
CMもそれまでの間の期間限定ということになるんだろうけど
なんだか惜しいねぇ・・・

えびぷりスタイル
蛯原友里タソ オフィシャルサイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2005

史上最強の素人 再び

051108 年末の『K-1 Dynamite!!』に
ボビー・オロゴンが帰ってくる

年末の各局対抗格闘技祭も
やや食傷気味な感じになってきたが
毎回崖っぷちと称される第64代横綱と
史上最強の素人の闘い
こりゃぁやっぱり必見だよなぁ

これは或る意味和泉元彌のハッスル参戦以上の大ネタなんじゃなかろうか

ボビーのボケっぷりもこのところ少々ハナにつく感じは否めないが
それでも祭の神輿としては文句無しに興味を引かれる
最近はプロレスのリングにも姿を見せる曙タソ
さぁ、ボビーに負けたらいよいよ覚悟を決めてもらわんとだよ

しかし、谷川さん、上手過ぎ
曙が負ければそれはそれで今年最後の大ネタだし
曙が勝っても 曙>ボビー>アビディ ということになって
そりゃぁシリル・アビディも黙っちゃいないだろう
どっちにしても勝敗の行方が気になるところではある

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2005

公共交通機関、頑張れよぅ

午前中に上野で人と会う約束があり
その後メディアワークスで「ホビーの蔵」撮影というスケジュールになっていた

浅草から銀座線で上野に出て打ち合わせの後
御茶ノ水への移動という事でJR上野駅に向かった
改札あたりで人ごみが出来ており「あぁ、事故かなんかあったかなぁ・・・」
と思いつつ切符を買いホームに上がる

「只今、山手線は架線トラブルにより運転を見合わせております」
くそぅ!そういうことかぁ、と初めて理解し京浜東北線に期待をかけるが
京浜東北線もダイヤがズタズタで次に電車が来るのは30分以上先とのこと
JR的には振り替え輸送推奨中らしいが
上野から御茶ノ水にスムーズに出られる他線に心当たりもなく
面倒くさいから秋葉まで歩くことにした

秋葉に着き総武線のホームに上がってみるとここも人ごみ
山手線の影響が出てるのか?と思い丁度やって来た総武線に乗ると
「中央線四ッ谷駅で人身事故があり、中央線、総武線のダイヤは大変乱れております・・・」
という車内アナウンス

ヲイヲイ、山手線に中央線、総武線までグダグダなのかよぅ

そういえば、先週上野から京成で帰ろうと思って
上野始発の各駅停車成田行きに乗り、こりゃぁ最寄り駅まで座って行けるぜぃ
と思ってたら発車してすぐ車両故障で止まってしまい
別ホームに乗り換えさせられたことがあったなぁ
立て続けに上野がらみで交通トラブルに巻込まれるってのも何だかなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

歌姫逝く

051107 昨日、急性骨髄性白血病で本田美奈子さんが亡くなられた
享年38歳

アイドルにしておくにはもったいないくらい
歌の上手い子だよねぇ・・・などとアイドルヲタ仲間と
デビュー当時の本田美奈子のことを話していたことを思い出す

ちょっと電波風な雰囲気もあったが、アルバムも買ったし
新人賞レースで中山美穂に負けるというのは許せん
などと憤ったことも記憶に残っている

その後ミュージカル方面やクラッシックにも活動の場を広げ
やっぱり本物だったんだなぁ、なんてことをめざましテレビで見知ってはいた

今年、急性骨髄性白血病の診断を受けたという報も
めざましの軽部さんコーナーで知っていたのだが、まさか亡くなられるとは思ってもみなかった
だって、先月アルバム出したばかりじゃない・・・
「あの頃骨髄バンクがあったなら、きっと僕らは46歳になった夏目さんに会えたに違いない」
っていうACの広告あったじゃない・・・

才能豊かな38歳、逝くにはあまりにも早すぎますよ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2005

御堂筋涙雨

051106

大阪御堂筋でリーグ優勝パレードが行われた
思えば前回もダイエーに敗れ日本一を逃した後の秋雨の中でのパレードだった
もっとも前回は久し振りのリーグ優勝ということもあって
現場にいずともそれなりに気分は盛り上がったのだが
今回は笑うしかないような惨敗でシーズンを締めくくってしまっただけに
伝えられる情報だけではどうも気分が高揚しない

既に各チームともに来シーズンに向けスタッフも固まり始動し始めた
原ジャイアンツ、古田スワローズと、話題にも事欠かない
そんな中に埋もれないで来年こそは日本一目指してもらわんとなぁ

ということで、期間限定のHPトップの看板は通常版に戻りました
来年もお祝い看板を掲げることが出来るのを祈っとります

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デンドロ・タイムアタック in バンダイミュージアム

今度バンダイビジュアルから0083のDVD-BOXが出る
そのプロモーションの一環としてバンダイミュージアムで
0083のプラモをみんなで作ろうイベントというのが行われた

その中で、川口、岸山、狩野という3人のバンダイスタッフも特別参加ということで
4時間でHGUCデンドロビウムを作ることになった

正直なところ、ワシゃぁHGUCデンドロは作ったことがないんだが・・・
という不安を抱きつつ12時にタイムアタックはスタート
とりあえず家電品のような箱から成型品を全部出し
それぞれの成型品にマスキングテープを使ってランナー番号を付けていく

山のような成型品を組み立てる時は部品探しだけで
かなりの時間を要するので注意・・・というのは経験則的に身についているので
作業効率を高めるなら、まずはそういう下ごしらえが必要なんだねぇ

実際の製作に入る前にコピーした取説を3人で分け
それぞれの持ち分を決めあとはひたすら作る
狩野ちゃんにはステイメンをお願いし、きっしーはオーキスのコンテナや兵装関係を
オイラはオーキスの本体周りとベースを受け持つ

時間が全く読めないので序盤は3人とも黙々と作業を進めること約1時間
何となくいけそうだねぇ・・・と目線で確認したところで
じゃぁ、スミ入れくらい出来そうだねぇ、という悪魔の囁きを投げる
スミ入れペンではラチがあかないので持ってきた綿棒入れに使っているタッパーに
ジッポーのオイルをそそぎ、エナメル系のフラットブラウンを垂らし
組みあがりつつある本体に平筆で薄めた塗料を塗りたくる
半乾きのところで来る道すがらティッシュ配りのお兄さんに手渡されたティッシュに
オイルを滲みこませ拭き取っていく

どうせやるんなら最初っからパーツの状態でやっとけば良かった・・・
などという後悔も感じつつひたすら塗っては拭き取りを繰り返す
通りすがりに眺めていくお客さんの顔には奇異なものを見る表情が浮かんでいるが
ひたすら作業は続く・・・傍で見てると「マグロの解体ショー」だよな、これ
でも解体じゃなく、組み上げなんだなぁ、これ
などというどうでもいいことを考えながらやがて4時

おぉ、出来たじゃん、それなりに
プラモ慣れした人間が3人いればとりあえずパチ+αのHGUCデンドロは
4時間で完成するんだのぅ・・・ちょっと嬉しいかもしれん

ということで、完成したデンドロは現在バンダイミュージアム8Fの
G-Baseに他のタイムトライアルをされた方のMSと一緒に飾られているのでした

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2005

安堵している場合じゃない

昨日納品したPG 78ガンダムは監督の監修のもと
ポーズを固めてオブジェの一角を形成することになった

非常に気になっていた成型色の溶け出しの件に関しては
一応ザクの手配をされた業者さんの方でも白を上がけして頂いたとのこと
それでも純白にはならなかったらしいが、台座に赤の敷物があり
その赤の写り込みもあるのでとりあえずオケーということになったらしい
監督を始め業者さんにもご迷惑かけ倒してしまって申し訳ないなぁ・・・

と、とりあえずの納品が終わったとは言え
予備機を完成させ、抱えたままの1/60Sフリーダム、HCMディオラマも
さっさと作んないといかんのだよ
EXモデルのミネルバも作ってもらえないっすかねぇ・・・
という営業クンからのおねだりもあるし
いや、ホントに一息ついてる場合じゃないっす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2005

ソフト99 プラサフの罠

本日とりあえずガンダム展に供出するPG 78ガンダムを納品した
一昨日に仕様変更の報を受け、化粧直しをするために
基本塗装が終わった部位のパーツを並べ、暫し黙考

一部クリアカラーも吹いてしまっているので
上塗りをするとクリアカラーのにじみが出てくるなぁ・・・
白の単色だからにじみが出ると手がつけられんなぁ・・・などと考えあぐねた結果

とりあえず新規に成型品を入手してやり直す方が吉!
という判断でPG 78ガンダムを新たに買ってくる
(静岡工場に成型品送ってちょんまげ、と頼むには時間なさ杉)

指定ではつや消し白でヨロシク、ということなので
塗料の隠蔽性も踏まえてクレオスの「ベースホワイト」を使って
仕上げとすることにした(PGと一緒にとりあえず4本お買い上げ)

それでもメカ色の部分や赤・青・黄といった色とりどりの成型品群なので
「ベースホワイト」を吹き付ける前に下地を作っておこう
ということで備蓄してある「ソフト99 プラサフ」を成型品各位にまんべんなく吹き付ける
1時間半ほど放置した後に「ベースホワイト」を吹き付け終わり・・・のはずだった

ところが真っ白であるはずの塗面が赤や青、黄色で薄っすら染まっている

?! ?! ?!

「プラサフ」を吹いた時には何ともなかった塗面の上に「ベースホワイト」を吹くと
溶剤がプラサフの塗膜から成型品表面に浸透し成型品の顔料を浮かせてしまうのだろうか
丁度クリアカラー塗布面に上塗りした時に生じるようなにじみが生じている

いや、プラサフを吹いていない所は色の溶け出しがないから
「ベースホワイト」の溶剤成分が直接的に影響しているとは思えない
ていうか、そんな事になったら回収モンでんがな

これはもう「プラサフ」と「ベースホワイト」の相性の問題なんだろうなぁ

しっかし、こんなことは初めての経験ですよ
何事も被害が出ないところでお試しをすべし!という模型道基本を改めて思い知らされた
でもさぁ、こんな事態が起こること自体が想定の範囲外だよ・・・

ということで
純白ではない薄っすらと色付いた白いモビルスーツは一応お輿入れしたのでありました
リテイクの指示が出たら今度はプラサフは使わず
「ベースホワイト」のみで仕上げないとだのぅ・・・orz

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 03, 2005

ハッスルマニア2005

051103横浜アリーナで行われた
ハッスルマニア2005
ちょっと前まではレイザーラモンHGの
プロレス初挑戦というのがごく一部では
話題になっていたのだが

和泉元彌のプロレス初挑戦、
鈴木健想の指名
というネタで各方面で話題になっていた

スカパーに加入していない身としては断片的な情報しか得られないが
どうやらHGも和泉元彌も勝利したらしい
対インリン戦のレイザーラモンHGはまぁいいとして
和泉元彌に勝たせちまったかぁ・・・

そりゃ、秒殺レベルで健想が勝っちゃったら
「健想、大人げないよなぁ」みたいなことも言われるだろうから
エンターテイメントを保ちつつの試合運びという点ではかなり難しい試合だとは思うが
それでも負けちゃうのはどうなんだろう???

まぁ、ハッスルだから・・・と言ってしまえばそれまでだが
橋本"ハッスルキング"真也は空の上で苦笑しとるぞ

ていうか、「空中元彌チョップ」ってものすっごくカコワルイんですが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2005

仕様変更・・・

上野の森美術館で開催されるガンダム展に思わぬところで関わることになった次第は
10/24付けの日記で記した
新規展示物となるオブジェの構成要素のひとつであるガンプラを作ることになったのだが
今日の夕方サンライズの担当氏から電話があった

要約すると
-当初4体のガンプラを製作する予定になっていたのだが
 実際に製作中のオブジェのバランスを考えると象徴的なところで1体にした方がヨロシかろう
 >4体が1体になるのは作業量大幅減でかなりありがたい

-当初基本色の彩色+スミ入れ程度の仕上げでエイジングなどは不要という話だったのだが
 オブジェの性格上白単色の方がヨロシイ
 >え"?!
  パーツ単位での塗装は一応終わってるんだけど・・・白単色に塗り直すのかぁ

ということで今晩よりPG 78ガンダムの化粧直しが始まる
・・・っていうか、部分的にポリパーツが露出する部分もあるんだよなぁ
単純には喜べない仕様変更かもしれんが、とりあえず今日明日で片付けるしかないわなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 01, 2005

『 ハードなお兄さん 』フォ~!

051101 作りモノトリプルヘッダーを抱えながら
新宿東急ハンズに買出しに出る
1階のパーティーグッズ売り場は
先日まではハロウィーン関連商品で賑わっていたが
すっかりクリスマス~年末需要対応の売場に様変わりしていた

その中でひときわ異彩を放つ「ハードゲイ・コスチューム」
売り場の中でも一段高く設置されたマネキンに着せられた
HGコスチュームは売り場のどこからでも目にすることが出来る

オサーンが一人でしげしげと眺める図を想像するとかなり引くものがあるので
通りすがりに棚に目をやると怪しげなヘナクタイラストと共に記された商品名

『 ハードなお兄さん 』

かなり本来の意味から離れているような気がしないでもないが
(それじゃぁ「ハードガイ」やんw)
一連の「○○なお兄さん」的なネーミングは案外嫌いじゃない
でも、気持ち的には『ハードな兄貴』くらいにしといて欲しかったなぁ

レイザーラモン住谷という名もいつの間にかレイザーラモンHGとなり
TV露出的にはかなり消費しつくされつつある感じではあるが
怪しい胡散臭さが薄れていくのはかなり寂しい気がするし
やはりネタを追っていくとHGもかなり辛いものがある
存在するだけで胡散臭さを感じるという毒は維持し続けて欲しい

先日深夜のTVで
レイザーラモンHGが相方をプロデュースするという企画があったが
レイザーラモンABはいいんじゃないか?
ネタ的にはただのモノマネ系のネタだけど
HG&ABで怪しく絡むとそれはそれで面白そうなんだが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »