« 安堵している場合じゃない | Main | 歌姫逝く »

November 06, 2005

デンドロ・タイムアタック in バンダイミュージアム

今度バンダイビジュアルから0083のDVD-BOXが出る
そのプロモーションの一環としてバンダイミュージアムで
0083のプラモをみんなで作ろうイベントというのが行われた

その中で、川口、岸山、狩野という3人のバンダイスタッフも特別参加ということで
4時間でHGUCデンドロビウムを作ることになった

正直なところ、ワシゃぁHGUCデンドロは作ったことがないんだが・・・
という不安を抱きつつ12時にタイムアタックはスタート
とりあえず家電品のような箱から成型品を全部出し
それぞれの成型品にマスキングテープを使ってランナー番号を付けていく

山のような成型品を組み立てる時は部品探しだけで
かなりの時間を要するので注意・・・というのは経験則的に身についているので
作業効率を高めるなら、まずはそういう下ごしらえが必要なんだねぇ

実際の製作に入る前にコピーした取説を3人で分け
それぞれの持ち分を決めあとはひたすら作る
狩野ちゃんにはステイメンをお願いし、きっしーはオーキスのコンテナや兵装関係を
オイラはオーキスの本体周りとベースを受け持つ

時間が全く読めないので序盤は3人とも黙々と作業を進めること約1時間
何となくいけそうだねぇ・・・と目線で確認したところで
じゃぁ、スミ入れくらい出来そうだねぇ、という悪魔の囁きを投げる
スミ入れペンではラチがあかないので持ってきた綿棒入れに使っているタッパーに
ジッポーのオイルをそそぎ、エナメル系のフラットブラウンを垂らし
組みあがりつつある本体に平筆で薄めた塗料を塗りたくる
半乾きのところで来る道すがらティッシュ配りのお兄さんに手渡されたティッシュに
オイルを滲みこませ拭き取っていく

どうせやるんなら最初っからパーツの状態でやっとけば良かった・・・
などという後悔も感じつつひたすら塗っては拭き取りを繰り返す
通りすがりに眺めていくお客さんの顔には奇異なものを見る表情が浮かんでいるが
ひたすら作業は続く・・・傍で見てると「マグロの解体ショー」だよな、これ
でも解体じゃなく、組み上げなんだなぁ、これ
などというどうでもいいことを考えながらやがて4時

おぉ、出来たじゃん、それなりに
プラモ慣れした人間が3人いればとりあえずパチ+αのHGUCデンドロは
4時間で完成するんだのぅ・・・ちょっと嬉しいかもしれん

ということで、完成したデンドロは現在バンダイミュージアム8Fの
G-Baseに他のタイムトライアルをされた方のMSと一緒に飾られているのでした

|

« 安堵している場合じゃない | Main | 歌姫逝く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference デンドロ・タイムアタック in バンダイミュージアム:

« 安堵している場合じゃない | Main | 歌姫逝く »