« September 2005 | Main | November 2005 »

October 31, 2005

津田沼雑感

小学校4年の時に北九州から東京に引っ越してきて以来
東京西部小田急沿線に住む年月が長かったのだが
千葉住むようになってもう10年ほどになる

下北沢、新宿、渋谷と小田急・京王沿線に住んでいると遊ぶ所には事欠かず
千葉に住み始めた時は「東急ハンズ」が近場に無い所で生活するのはちょっと・・・
というのが正直な所ではあったのだが
JR津田沼駅を挟んでダイエーとヨーカ堂が相対し
丸井もあればPARCOもある
PARCOには由緒正しきポストホビー津田沼店があり
まんがの森もあればアニメイトもある・・・という具合に全く不自由はない環境だった

そしてユザワヤ津田沼店が出来るに至るとヲタク的趣味生活者には
文句を言えばバチがあたるという環境にまでなった
あとは家電系ディスカウンターがあれば文句無し
と思っていたらヨーカ堂にLaoxが入り、ダイエーにはサトームセンが入った

ところがここ数年で津田沼は様変わりしようとしている
ヨーカ堂の真横にはAEONの大型店が出来、量販店バトルが激化の様子を見せながらも
地下1階地上3階の売り場を誇っていたユザワヤは
売り場が縮小され3階の1フロアーはダイソーになってしまった
まんがの森は既に無く、アニメイト津田沼店はダイエー津田沼店内に店舗を移した
バブル後経営悪化が幾度となく報じられるそのダイエーはついに店舗削減を打ち出し
ダイエー津田沼店は11月いっぱいで閉店になるという

やや東京よりに居を移したこともあり最近はあまり津田沼へ出る事もなくなったが
見知った土地が変わっていく寂しさのようなものをしみじみと感じる今日この頃ではある

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2005

これが原因・・・ということはないよなぁ

051030 外出に際しズボンをはいた時に
ポケットに違和感を感じたので
手を突っ込んでみた

指先にあたったのはちょっと硬い
何かのパーツのようなもの

???

ポケットから取り出してみるとエンビフィギュアの腕
車のキーに付けてある「くいだおれキーホルダー」の左腕だった

最後に車に乗ったのって・・・2週間ほど前だっただろうか

えぇ!
もしかして日本シリーズ阪神惨敗の原因は、この「くいだおれキーホルダー」の呪い?!
なんてことはないだろうなぁ
待ったく気付かず2週間ほど放置だった訳かぁ
勿論何の関係もなかろうが
結果論としてやっぱり縁起というものは気になるのが勝負事

こりゃぁ、さっさと修復して来シーズンの捲土重来を期すというのが吉というもんだろう

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 29, 2005

妄想と現実の境界線

051029 以前、さるさる時代の「~お気楽な日々」で触れたことのある
CXの早朝番組「めざにゅ~」杉崎美香タソの
初エッセー発売記念イベントが2ちゃんに立てられた
「10月30日 午後1時、マジで杉崎美香を殺す」
というスレッドが元になり中止されることになったらしい

2ちゃんねらーにとっては
あぁ、厨がまた糞スレ立てたのか、過剰反応ワロス
くらいの感覚かもしれない
しかし最近妄想と現実の区別のつかない奴等が
実際に事件を起こしたりしているので単なるいたずらとして
片付ける訳にもいかない、というのが実際のところだろう

先日も同局の「すぽると!」のスタジオで内田アナの腕をつかみ
「結婚の約束をしている、一緒に帰ろう」なんてことを言って
警備員に取り押えられた侵入者がいたらしい

ファンと名乗る見ず知らずの人と握手会というのは
そんな目線で見ると危険極まりないよなぁ
どんなヤツがどんな妄想を抱いてどんな暴挙に出るか、なんてことは判らないし
事前に予防策を講じ未然に防ぐなんてことは出来なかろう

しかし予定されていたイベント準備等で
実害が出ているのだから明らかに威力業務妨害になるだろうから
1は「冗談に決まってるじゃないですかぁ、勘弁してくださいよ」などと弁明してもアウトだな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2005

信念と身の振り方

郵政民営化法案に反対した衆参両院の自民党所属議員の最終的な処分が決まった
除名処分1人、離党勧告処分27人、党員資格停止処分2人
役職停止処分17人、戒告処分3人ということだが
様々な思惑も込み込みなのだろう、処分の重さについては様々な言われ方をしている

除名、或いは離党勧告処分となった議員の元に報道が詰めかけコメントをとっていたが
そのコメントも人それぞれ
粛々と処分に従う、という人もいれば
自民党はこんな党ではなかった、という人もいる
政治家としての信念に従った行動を圧殺するのはおかしいという人もいる

自己の信念に従い信念に殉じるもやむなし
というのなら綿貫氏や亀井氏のように旗色を鮮明にして選挙に臨み
信念を選挙民に問うのがスジだと思うんだがなぁ

自己の信念を実現させるためには政権与党に属さなければ何も出来ない
という力学も判るが
信念に反する法案が審議、議決される間に身の処し方は考えないのだろうか
そんな人達のコメントを聞いているとやはり同情出来んなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2005

劇場版ZガンダムⅡ 公開直前

今週末より劇場版Zガンダムの第二部が公開となる
前回に続き今回はHGUC百式のクリアカラー版を劇場限定にて販売するのだが
どういうルートで入手したのか、既にヤフオクではオークションにかけられている

前回松竹さんの読みを遥かに上回る興収と限定商品需要で大変なことになった経緯もあり
今回はとにかくブツの確保を、という心理が働いているのかもしれないが
映画公開2日前にオークションに流れてしまうというのも・・・

往々にして3部作なんかの場合、第一部と第三部は祭になるんだが
第二部は祭りもほどほど・・・とはよく聞く話ではあるが
年末を控えたこのタイミング、検討して欲しいと思うのは
配給元だけの話しではない

まぁ、今回はZガンダムも出てくるし、フォウも出てくるから
盛り上がるとは思うんだけどね・・・

| | Comments (2) | TrackBack (1)

October 26, 2005

日本シリーズ第4戦 ロッテ:3×2:阪神 VTOL…オワタ

051026 シリーズ直前
ロッテ・バレンタイン監督の元で
相手チームのデータ収集と分析を
担っているポール・プポなる人物が
阪神の今シーズン全146試合の
ビデオ分析を終え
日本シリーズの準備は万端整った
とコメントしていた

データ解析で勝負に勝てるんだったら
苦労は無いわ
そう一笑に付していたのだが、ここまで打てない抑えられない展開から
結果ストレートで勝敗が決した現実を目の当たりにすると
やはりそういうもんなんだろうか・・・と思わざるを得ない

来シーズン楽天の指揮を執る元祖ID野球の野村氏とボビーの戦い
何だよ、来シーズンのパリーグ面白そうじゃんよ・・・
なんてことを思いながら、第4戦にして
やっとプロ野球の様相を呈してきたタイガースの最後の抵抗を観戦する

藤川・・・やっぱりいい仕事するじゃんよぉ
クリーンナップが一応働けば盛り上がるじゃねぇかよぉ・・・1回の裏の攻撃は絶対許せんが

こんな試合が俺たちは見たかったんだよぅ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2005

日本シリーズ第3戦 ロッテ:10×1:阪神 (゚Д゚)ハア?

051025 下柳、藤川を投入しても勝てんのかぁ・・・

4回のジャッジがどうこう言う気も失せる
3試合二桁得点を取られてのシリーズ3連敗
こんなに打てない抑えられない状態というのは
シーズン中には見られなかった姿だけに
「何で?」という疑問符しか思い浮かばない

まぁ、ここまで抑えられんのやったら
明日はファンへのお詫び興行ということで
ウイリアムス、藤川、久保田、井川ら
総出で一人1~2回づつ、責任もってキッチリ抑えるくらいのことはしてくれんかのぅ
どうせ明日負けたら今シーズン終了な訳やし、ローテーションも糞もなかろうに

それでキッチリ抑えても勝てへんのやったら金本、今岡、シーツはトラ刈りにせい
3試合で2点しか取れんちゅうのはどいうこっちゃい!

どうせ負けんのやったらまた二桁得点取られて
ストレート負けするくらいのネタで終われや、その方がタイガースらしゅうてなんぼかええで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2005

『ガンダム展』再び

11/6から上野の森美術館にて「ガンダム展」が開催される
この夏に大阪天保山で行われたものと基本的には同じパッケージらしいのだが
サプライズ展示(なのかなぁ・・・?)が新たに加わることになっているらしい

と、天保山で見てきた俺的には
昨日まではちょっと他人事モードなスタンスだったのだが
今朝社内の版権交渉窓口を担当する部署から1本の電話があった

 担:「川口さん、今お忙しいですか?」
 川:「普通に忙しいんですが・・・」
 担:「お願い事があるんですけど、午後イチで伺っていいですか?」

断る理由も無いので諾意を伝え、午後・・・

 担:「ガンダム展でサプライズ展示が加わるんですけど、お手伝い頂けないですか?」
 川:「単刀直入に伺いましょう」
 担:「社長にも御判断頂いたのですが・・・」
微妙に搦め手から攻めてくる担当氏
  ・
  ・
  ・
 川:「・・・了解しました。微力を尽くさせていただきましょう」

ということで、11/2納品で作りモノ仕事が降って来てしまいました
HCM-Proのディオラマの他に店頭展示用の1/60ストフリの完成品製作を抱えながら
カロリー高めなネタを預かってしまったオレ、どうすんのよ!オレ!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 23, 2005

日本シリーズ第2戦 阪神:0×10:ロッテ 今だ音無し

051023 記録となった今江の8打席連続安打(更新中)、
渡辺の完封と、ロッテの強さばかりが
目についたシリーズ第2戦

て言うか、初回の今岡の悪送球が
全ての始まりだろう
あそこでしっかりサブローを打ち取っておけば
ここまで一方的な展開には
決してならんかったと思うぞ

ノーアウトでランナーをためても得点出来ず
江草も3ワイルドピッチでノーヒットで得点される始末

3週間開いたから・・・とか、村上ファンドがチョロチョロするから・・・
なんていう言い訳は出来んだろう、これは

ようやく赤星が盗塁に成功したが、クリーンナップが音無しじゃぁ、どうすりゃいいのよ
投壊とはよく使われる言葉だが、そんなもんじゃないよ
何だか4、5年前のタイガースを見てるようなていたらくじゃないか

第3戦からは甲子園に場所を移しての戦いになるが
今回の日本シリーズはバレンタイン監督のカリスマは輝きを増す一方
今江は完全にシリーズ男になってしまった
さぁ、どうする岡田タイガース
とにかく無様な試合だけは勘弁してくれぃ
そのためにもシーツ、金本、今岡がさっさと目を覚まして
ウィリアムス~藤川~久保田が登板出来るようなお膳立てを作ってくれよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2005

日本シリーズ第1戦 阪神:1×10:ロッテ 7回 濃霧コールド

051022 日本シリーズ第一戦
大方の予想を覆すことなくプレイオフの勢いそのままに
ロッテが大勝しシリーズ初戦が終了した

予告先発で阪神-井川、と告げられた時点で
今年の井川クンの調子を考えると不安になったのだが
不幸にも不安は的中
中盤で調子を取り戻すかと思われたが
結局持ちこたえることが出来なかった

しかし、それ以上に金本のアニキや今岡が音無し
というのが明日の第二戦以降を考えると非常に気になる
1回の攻撃で赤星が四球で出塁、盗塁を狙い、いい感じのベースランを見せ
矢野は西岡を封殺した・・・というくらいが数少ない目に見える形での吉兆だった

濃霧のため7回コールドというのも少々不完全燃焼な気はするが
千葉県東京湾岸で濃霧はそんなに珍しいもんでもなし
ひどい時は視界が完全にかすんだりすることもある
明日は大丈夫という保証も無いので早いうちに得点するのが吉

まぁ、ここまで完敗すると腹も立たん
明日は最多得点球団記録更新を目指して頑張ってくれぃ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2005

着るクルマ

051021 モーターショーが始まった
この週末は日本シリーズとも相まって
幕張は終日の賑わいが予想される

モーターショーと言えば、やはり
各社のコンセプトカーと
コンパニオンのおねいさんがイベントの華ということになるのだが
今年は万博の直後ということもあり
各社のコンセプトカーも然程奇異な印象は受けない

それでもトヨタが発表した「i-unit」という小型パーソナルカーは
車という概念からは大きく離れた概観とコンセプトでテレビなどでも
大きく取り上げられている

『動力は電気モーターで、外板素材がソフトで人への攻撃性が低いことや、
 着座状態の目線の高さが人と同じなので歩いている人とも自然に会話できるなど、
 人間の生活空間に溶け込む資質を得たとも言える。』

というのが謳い文句らしく
人ごみでは人の歩行スピードに減速するので安全・・・なんだそうだ

でもさぁ、ちょっと待ってよ
そんなもんが人ごみに入ってくるのは安全かもしれないけどジャマなんだよ
車体自体は安全かもしれないけど、使用する人が全て紳士ということは有り得ない
乗るのが珍走団みたいな連中なら十分に危険でうっとうしい

自転車ですら混雑する歩道をベルを鳴らして我が物顔に走るというモラルの無さを考えると
余計なもんを考えてくれるもんだとため息を禁じ得ない

大体自転車だって法的には軽車両分類で車道の走行を義務づけられてるんだがなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2005

Panzer Graph! 2

051020

モデルアート社から刊行されている
金子辰也氏責任編集の季刊誌
「Panzet Graph!」の2号が届いた
今回は巷を賑わす四号戦車の特集
ということで多大な関心を持って
刊行を待っていた人も多いのではなかろうか

袋から取り出して驚いたのは
表紙を飾る冬季迷彩の四号G型の大写し写真
原寸を上回るサイズで・・・というのは
かなりの勇気を要する
手にとってみると創刊号とはコートの手触りが異なり
中を開いてみると級数が大きくなり目に優しくなった(?)テキスト
創刊2号ということもあるのだろう、試行錯誤の様子がうかがえる

表紙を飾った四号G型の冬季迷彩で迷彩が剥がれた表現をするために
マーガリンでマスキングを行ったというのはビクーリ

オイラも結構ムチャなお試しなんかはする方だが
こういう記事を拝見すると何だか嬉しい気がする
結果どうこうではなく、使えそうなものは試してみる
使えればオケー、使えなかったら他を試してみる
結局マテリアルや技法の進化ってそうして進化してきてるんだよなぁ
でも写真で見る限りでは水濡れ表現は蛇足のような気もするが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2005

How to build DIORAMA for HCM-Pro

「川口さん、HCMでディオラマ作ってもらえないっすか?」

長谷川指導員からそんなオファーがあった
販売店さんにディスプレイするHCMディオラマをみんなで作るらしく
オイラにもお声が掛かった次第

今月いっぱいで出来れば良いということなので
とりあえず応じることにした

HCM-proを使って30×30cm以内で作るというのが条件で
必要な材料を買い求めこれから製作に入ることになる

ホワイトベースが放置状態の現状では如何なものか・・・と言う気もするのだが
製作の途中をこまめに撮影し、完成写真と製作のプロセスを
模型部屋に掲載しようと思っている

デイリーで進捗を・・・というのはカロリー高めなので
完成後に頁作りをすることになるので少々先にはなるが
今月中には「How to build DIORAMA for HCM-Pro」という頁が出来る予定ではある

他にもやらなきゃならないネタが順番待ちしているのは重々承知なんだけど・・・
勘弁しちくれぃ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2005

千葉ロッテ優勝の余波

今日は嫁さんの誕生日だった
去年まではそうしたモノ日には外食したりというのがパターンだったのだが
今年は0歳児がいるのでそういう訳にもいかず、会社の帰りに買い物をして
自宅でお祝いすることとなった

一応デパチカあたりで惣菜系をチョイスすれば良かろうという事で
当初は今日の夕方に打ち合わせで新宿に出るついでにデパチカ食材では
かなり良いと言われる新宿小田急で買い物しようかと思ったのだが
荷物を持って新宿から船橋に帰るというのも冷静に考えると結構大変な気がして
比較的良いと言われている船橋東武にターゲットを変更した

船橋に降り立ち東武の地下に降りるとやけに人が多い
普段立ち寄ることも無いのでこんなもんかのぅ・・・
しかし、仕事荷物を持って買い物するのはしんどいのぅ・・・
とやや挫けそうになりながら店内を見ていると
千葉ロッテマリーンズ優勝おめでとうセール、10/17~
という張り紙がやたらと目に付く

そうかぁ、今日からの優勝セールでこんなに人が多いのかぁ
と、かなり挫けながらも
「優勝を逃した西武なら人も少ないんじゃなかろうか!」
と、思い至り東武を出て西武に向かう

建物の周りは明らかに人が少ない
地下に向かうエスカレーターも見事に人がいない
我ながら良い判断だったと自画自賛しつつ売り場に降り立った目には
人もまばら、店もまばらという或る意味予想外の光景が展開していた
ナンダヨゥ、西武のデパチカ、ダメぢゃん・・・
と、失意を抱きながら再び東武に向け踵を返す

結局買い物は東武のデパチカで済ませたのだが
おまいら普段は絶対来てないだろう!
というようなオサーンやおかん等が塞ぐ通路を突破する
というのはなかなかに心身ともに磨り減るもんである

まぁ、オイラもそんなオサーンの一人であることは間違いないのだが
しかしこんな形でロッテ×阪神の前哨戦を戦うことになるとは思わなかったぜぃ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2005

小説より奇なるもの

プロ野球 パ・リーグのプレーオフ最終戦
千葉ロッテマリーンズが福岡ソフトバンクホークスを降しリーグ優勝を決めた
31年ぶりの優勝を開幕前に誰が予想しただろうか
下馬評では中日×ホークスといったあたりを推す向きが多かったように記憶している
これで22日から始まる日本シリーズは千葉ロッテと阪神の戦いとなった

ロッテの優勝だけではなく、最近はプロ野球関連でも小説より奇なるものが横行している
村上ファンドの名で知られる村上世彰氏のM&Aコンサルティングによる
阪神電鉄株38%取得から始まったタイガース上場を巡る騒ぎも青天の霹靂ならば
TBS株の大量買付けで筆頭株主となった楽天の動きも
ベイスターズの今後を暗雲で覆っている
広島買収を堀江氏が画策していると報じられれば
村上ファンド絡みでオリックスの宮内オーナーの名も上がってきている

再々編成有りや無しやと騒がれるここ最近
来シーズンは一体どうなるんだろう???

そう言えば先日行われた高校生ドラフトでは勘違いで2人の高校球児の明暗が分かれた
間抜け話に先行きの不透明さ、このところポジティヴな話題の少ないプロ野球だけに
せめて日本シリーズくらいは熱戦を期待したいところだ

今年日本一を逃した場合、日本シリーズ前に村上ファンドがいらん事するからじゃ
などというエクスキューズがあちこちで言われることになるだろうが
そんな情けない言い訳を使わなくてもいいような結果を期待する千葉県民がここにいる・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »