« 台風14号 | Main | ホビーショー直前 »

September 10, 2005

球団史上最多得点を記録した日

阪神21-2広島

残り試合20を切った阪神が広島を迎えての甲子園
矢野、金本というベテランの年間自己最多HRも含む大量21点をあげて
今期の対広島戦勝ち越しを決めた
21点というのは球団史上最多得点であるとのこと
明日以降に何点か持ち越しとけばいいのに・・・
と思わずにはいられない大量得点は優勝へ向けてのお祭気分を一段と高揚させる

中日は破れゲーム差は5になった
残り試合では直接対決も含まれるのでもちろん気は抜けないのだが
いい雰囲気で残り18試合を駆け抜けて欲しいもんだ

そしてこの日の昼には阪神・星野SDの記者会見があった
マスコミで流布される来期読売巨人軍監督就任に関する正式な回答ということだったが
結局は大山鳴動ねずみ無し
星野SDの口から来期巨人監督の就任は無いとの明快な回答があった

「10億で監督就任をオファー」
「巨人幹部が久万前オーナーに星野SD譲渡を依頼」等々
これまでスポーツ紙各誌でもっともらしい情報が流布された

水面下でそれに類するアクションがあったかもしれないが
少なくとも巨人・阪神の関係者からは「接触は無い」というコメントが出され
当事者から正式に「巨人入りは無いし接触も無い」と明言されてしまっては
今まで報じられてきた一連の星野祭はただの空騒ぎだったということになる

おまいら少しは反省しろよ・・・と思いながらネットニュースを見ていると
こいつら絶対に前言撤回とか反省とかはしない香具師らなんだな
と言うことを思い知らされた

 -残留の決め手は「ファンからの残ってくれという思い」で
  巨人側の提示した「1年契約、年俸10億円」という破格の条件を蹴り
  今後も岡田阪神を支えることになる。(サンケイスポーツ)
 -星野氏招聘が騒動になったことで、なおさら人選は難しくなることが予想されるが
  今後は、原前監督を中心に絞っていくことになりそうだ。
  原氏は、星野氏に一本化する前に有力候補としてリストアップしていた経緯がある。
  (日刊スポーツ)
 -星野氏の監督招へいを巡る“騒動”の末、巨人の監督人事は振り出しに戻った
  格好となった(毎日新聞)

おまいら必死だなw

|

« 台風14号 | Main | ホビーショー直前 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 球団史上最多得点を記録した日:

« 台風14号 | Main | ホビーショー直前 »