« ガンダムアート展 | Main | 間もなく夏キャン »

July 15, 2005

#2「めしどこか たのむ」

大阪日帰り出張から帰り帰宅してのお楽しみはやはり電車男の2話
ちゃねらーとしてのリアルな気分とは別にこれはこれでなかなか楽しい

藻前ら槍杉、と勿論思わないでもないが
伊藤淳史=電車男というキャスティングの妙とでもいうのだろうか
見ていて応援したくなるほどのダメダメ振りは高視聴率も納得
でもリアルであそこまで悲惨だと鬱どころではなく、ホントに逝きたくなるよ

オタク免疫の無い人が見るとオタクカルチャーに偏見を持つ人が増える
と危惧する人も多いようだが
見てる人はフィクションをフィクションとして理解してると思うよ
素直にファンタジーとして楽しみながら
判る人だけに判るネタをコソ~リひとりで楽しむというのが吉

でも見てる人は絶対にチャットだと誤解するだろうなぁ
F5叩く動作だけでも入れてくれるとちょっとリアル風味がプラスになるんだが・・・

|

« ガンダムアート展 | Main | 間もなく夏キャン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference #2「めしどこか たのむ」:

« ガンダムアート展 | Main | 間もなく夏キャン »