« 「始末屋ジャック 見えない敵」読後 | Main | いちばん暗いのは夜明け前 »

June 17, 2005

88mm FLAK 相次ぎ上陸

酢蛸251、ティーガーに続くドラゴン×AFVクラブのガチンコ対決第3弾
MM世代にとっては永遠の憧れとも言えるハチハチが両社より発売された

香港のハチハチはタミヤと同型のFLAK36
台湾のハチハチはバンダイ1/48でも商品化されたFLAK18

フィギュアやアクセサリーパーツ満載のドラゴンと
模型の対象をひたすら追求するAFVクラブ
タイプは違うものの両社のキットともにそれぞれの色が出ていて
パーツ状態で見ているだけでもワクワクしてしまう

とりあえずパーツを眺めている時点では考証的には問題なさそうな感じで
製作も比較的サクサク行えそうだが・・・

惜しむらくは台湾ハチハチ
突き出しピンのところに樹脂が回ってしまい
コア側各所に半円柱が立ってしまっていて少々下ごしらえを要するが
そんなことで台湾ハチハチの魅力が損なわれる訳ではない

作ることを考えると具だくさんの香港ハチハチよりも
シンプルな台湾ハチハチの方がハードルは低そうな気がする
て言うか、ドラゴンの取説相変わらずわかり難いんだよなぁ・・・

|

« 「始末屋ジャック 見えない敵」読後 | Main | いちばん暗いのは夜明け前 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 88mm FLAK 相次ぎ上陸:

« 「始末屋ジャック 見えない敵」読後 | Main | いちばん暗いのは夜明け前 »