« April 2005 | Main | June 2005 »

May 30, 2005

75年戦争の兵士たち

フィリピンのミンダナオ島に帰国を切望する旧日本軍の兵士がいるらしい
という報は先週末の報道を賑わせたニュースであった
その後、在比日本大使館員が派遣されたが該当者との接触は出来ず
その真偽に関しても定かではないというのが現在の状況らしい

我が国の首相は大層な驚きをもって第一報に接したとのことだが
戦後60年を経過したとは言え
帰国を果たし得ていない旧日本軍の兵士が存在するということは
そんなに意外なことなんだろうか?

ビルマの竪琴では戦没者を慰霊するために
僧侶となった水島上等兵はひとりビルマの地に残った
フィクションを例にするのはどうかとも思うが
第二次大戦後の東南アジアでの独立運動に身を投じた旧日本軍兵士も現実にいたと聞く
南太平洋の無数の島々に展開していた日本軍が連合軍の反攻を受け
完全に生存者を撤収出来たとは思えないし
全ての邦人が戦後の引き揚げで帰国出来たとも思えない
旧陸軍の指令に基づき派兵された部隊、人員の情報に関しては
ある程度の追跡も可能かもしれないが
乗艦していた艦船が沈められ
地図にも載っていないような島に漂着した旧海軍将兵がいたとしても
その消息は誰も知りようが無い

世界、外界と隔絶された世界に起居する旧軍将兵は
戦後何十年経とうがお国のために軍務を継続する
彼らにとっては1931年の満州事変に端を発した戦争は未だに終わっていないのだろう
我々が全ての事象を知っているなどと考えるのは傲慢だし
2005年の世界の常識では図れない世界も世の中にはあるだろう

作為の別とは関係なしに今回の件が仮に誤報だったとしても
帰国を望みながら果たし得ていない人たちは
我々の知らないところで今も戦い続けているのではなかろうか
いや、それ以前に
今もなお迎える者も無い異国の山野や海の底には多くの人たちが眠っている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

シュタール エミール或いはシュトゥーラー エミール

050521

よもやこんなGK向けなアイテムがインジェクションで商品化されるとは夢にも思わなかった
実戦には僅か2輌しか投入されなかったという試作車ベースの自走砲
車体を延長し長大な128mm砲をオープントップの戦闘室に搭載した本車は
バランスがどうのといった美観もなにもあったものではなく
只ひたすらに無骨な、取って着けた感満載でカコイイという言葉とは無縁な車体ではある

やけに硬そうな履帯など気になる点はあるものの
とりあえずパーツの状態で見る限りではなかなか良さげではある
以前のピット/トラペのオチキスに比べてもサクサク組めそうな気はする

クビンカに実車が保存されているので資料的画像はネットを徘徊するだけでも入手可能
パンツァーグラウ単色でオケーなので悩まずサクッと組むだけでも宜しいかと
高価なキットならいざ知らず、コストパフォーマンス高過ぎの破格値キットだしねぇ

こんなキットが¥2,100(税込み)とは・・・トランペッターおそるべし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2005

国家錬金術師資格試験と人語を解するキメラ

4月からTBS深夜枠で「鋼の錬金術師」の再放送が始まっている

2年ほど前にガンダムSEEDの後番ということで企画書が回って来た時の第一印象は
失われた身体の一部と弟の身体を取り戻すという一文から
手塚治虫先生の「どろろ」みたいなもんか・・・
という程度で、当時その後のブレイクは全く予想出来なかった
ひとつにはかなりエグイ描写が予想される番組が土曜の夕方6時台ってどうよ?
的な警戒する気分もあった
当初視聴習慣はついておらず、「ハガレン、いいよ」という声が聞こえてきたあたりから
お仕事込み込みで見始めたような次第

ところが、見始めるとお仕事抜きにして確かにハマル
序盤を見逃した後悔の念があっただけに今回の再放送は実に嬉しい
週イチ放送ということで向こう1年間の長丁場になるのだが
とりあえずはタイマー録画状態にはしてある

先週~今週はエドが国家錬金術師資格試験に臨み合格するあたりのエピソードだったが
これが実によく出来ている

無垢なる人の誕生と強欲なる人の業、肉親の欲の犠牲となる無垢なる少女の哀しい最期
自らが望み勝ち得た国家錬金術師の称号と同じ称号を持つ者の禁卑を犯し堕した姿
様々なコントラストに加え、単なる端役かと思われた少女が
実は作品テーマの根幹に関わる位置付けとなるという急転
ビデオで見直すとその悲痛なコントラストが際立ち落涙を禁じ得ない

今更ではあるが、さすがBONES

作品中「錬金術は化学である」という言葉が幾度となく繰り返されているが
カリオストロ伯爵の名を出すまでもなく錬金術師という呼称には胡散臭さが付きまとう

物質をより完全な存在に練成にする試みは単なるオカルティズムではなく
現代の化学の先駈けとしての一面も併せ持つ
しかし、私利私欲という人間の業は錬金術を学問ではなく魔法、魔術の類に貶め
黄金の製法、不老不死の秘薬の製法に錬金術の価値を求めようとする人々に対し
錬金術師と称するペテン師、詐欺師が横行し更に胡散臭さを助長させた

現代に於いても様々に姿を変えた錬金術師は跋扈し、人は悲喜劇を繰り返している

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2005

ささきょん 御成婚

050516b 「ささきょん」ことフジテレビ佐々木恭子アナが御結婚された

ホビーショー明け月・火曜日に静岡工場で会議があるため
静岡からそのまま清水に入りホテル泊
疲れのせいか早くに目が覚めてしまい
「めざにゅ~」「目覚ましテレビ」という
早起き時の視聴習慣コースを辿っていた時に
突然報じられ・・・え? オイラ寝惚けてる?
と、寝惚け眼を擦るが事実は変わらず
その後ささきょんのレギュラー番組「とくダネ!」では
オープニングトークのところで自らTBS池田アナとの結婚を報告

御年32歳、決して早いご結婚という訳ではないが
俺的お好み女子アナ双璧だった小島なっちゃんとささきょん
二人とも嫁がれてしまったんだねぇ・・・いや、多くは語りますまい

一ファンとして御多幸をお祈り申し上げます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

静岡ホビーショー 終了

050516

5/12~15の4日間、静岡ツインメッセで行われたホビーショーが終了した
ホビー事業部復帰後初のホビーショーということもあり
12,13日のバイヤーズデイでは流通各社、メーカーをはじめとする旧知の方々から
「おかえり」、「今度は何をやってくれるの?」
といったお声掛けを戴き、古巣に帰った実感を噛み締めさせていただいた次第ではある

今回のホビーショーではパブリックデイの2日間にバンダイブース内で
風見彩嬢@モデムに手伝って頂き
ガンプラ製作のデモンストレーションを行ったのだが
上のフォースインパルスGはそれ用に製作した完成見本のひとつで
近々模型部屋の方に掲載するつもりなので
SEEDディスティニーファンの方はお楽しみに
また、HGUCを使ったビネットも出品する予定ながら志半ばで力尽き
途中まで作ったザクも当日御覧戴いたのだが、これも最後まで完成させ
模型部屋に掲載したいと思っているので
1年戦争ファンの方もちょぴっとお待ち戴きたい

去年はHSレポのUPを行っていなかったのだが
今回はなるべく早くUPしたいと思っているので風見彩ファンの方も
もうちょぴっとお待ちくだされ

さて、そんなこんなでホビショ準備に忙殺され
5月に入り当ブログも停止状態になっていたが
諸々やんなきゃならないことはあるものの本日より再開ということで
今後とも宜しくお引き立て頂きたい次第ではあります

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2005

バンダイナムコホールディングス

今朝の日経でスッパ抜かれるような形で発表されたナムコとバンダイの経営統合
セガとの合併話しで社内的に大騒ぎになったのが10年ほど前
その時はセガを存続会社する合併ということで、社内もかなりナーバスになっていたが
今回は共同持株会社を設立し、ナムコ、バンダイはその事業会社となるとのことで
色めき立つという空気でもない

ナムコさんの社内の空気はわからないが
バンダイの方では今期を満期とする新中期経営計画で、ごく近い将来に
「事業部、グループ会社を整理統合し事業会社とする純粋持株会社体制への移行」
が謳われており「まぁ、いずれ」という意識があった上での話しだったので
以前のような緊張感は感じられない

今秋の実施予定ということでそれまでの間に何があるかはわからないが
だからどうのということも俺らの事業部では無さそうなので
とりあえずは現状維持方向でのお仕事ということになりそうだ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »