« 国家錬金術師資格試験と人語を解するキメラ | Main | 75年戦争の兵士たち »

May 21, 2005

シュタール エミール或いはシュトゥーラー エミール

050521

よもやこんなGK向けなアイテムがインジェクションで商品化されるとは夢にも思わなかった
実戦には僅か2輌しか投入されなかったという試作車ベースの自走砲
車体を延長し長大な128mm砲をオープントップの戦闘室に搭載した本車は
バランスがどうのといった美観もなにもあったものではなく
只ひたすらに無骨な、取って着けた感満載でカコイイという言葉とは無縁な車体ではある

やけに硬そうな履帯など気になる点はあるものの
とりあえずパーツの状態で見る限りではなかなか良さげではある
以前のピット/トラペのオチキスに比べてもサクサク組めそうな気はする

クビンカに実車が保存されているので資料的画像はネットを徘徊するだけでも入手可能
パンツァーグラウ単色でオケーなので悩まずサクッと組むだけでも宜しいかと
高価なキットならいざ知らず、コストパフォーマンス高過ぎの破格値キットだしねぇ

こんなキットが¥2,100(税込み)とは・・・トランペッターおそるべし

|

« 国家錬金術師資格試験と人語を解するキメラ | Main | 75年戦争の兵士たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シュタール エミール或いはシュトゥーラー エミール:

« 国家錬金術師資格試験と人語を解するキメラ | Main | 75年戦争の兵士たち »