« エコエコアザラク ver.佐伯日菜子 | Main | 談話室 滝沢 »

April 18, 2005

中国情勢と玩具業界

反日デモは5.1の労働節、5.4の五四運動記念日に向け更に激しくなるとの見方があるが
深圳、東莞といった珠江東部エリアには玩具の生産工場も多く
業界的にも心配される状況ではある

社内でも中国国内への渡航自粛を呼びかける向きもあるが
彩色済ミニフィギュア系商材を扱っている部署などでは
動向が直接的に影響してくるだけに予断は許さない

生産工場で働く工員さんは農村部から来ている方も多く就業サイクルが短いのだが
旧正月明けは帰省して戻ってこない人も多いということで
例年工員さんの確保が業務上最優先事項になる
2008年の北京五輪、2010年の上海万博を控えて今年あたりは労働需要に変化があり
賃金、福利厚生といった様々な対応で各社ともに工員さん確保に必死な状況なのだが
今回の反日行動の拡大が深圳、東莞にも波及する現状というのは少なからず痛手ではある
現地からの引き上げというような最悪の事態はまだ想定の範囲外ではあろうが
品質の維持、生産の遅延といった問題は厳然としてあり
ミニフィギュアバブル後の行き詰まり感に拍車がかかる懸念はある

国外での生産というのはメリットもあるが相応のリスクもあるというのを実感する次第ではある

|

« エコエコアザラク ver.佐伯日菜子 | Main | 談話室 滝沢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中国情勢と玩具業界:

« エコエコアザラク ver.佐伯日菜子 | Main | 談話室 滝沢 »