« ツバサ・クロニクル | Main | 雨の日は飲み過ぎに注意 »

April 10, 2005

反日デモ1万人集結

韓国、中国での反日行動が激化している
北京の日本大使館前では3000人規模のデモが行われ
広州、深圳でも3000人を越える反日行動が行われているらしい
上海では軽傷とのことだが邦人留学生が被害を受けた
中国当局は反日デモ参加者に対し冷静さと分別を求めているという
中国外務省のエライ人は北京での大規模な反日行動について
「歴史問題における最近の誤った日本の態度と行為に不満を抱いている
 北京の人々が自発的に行ったデモだった」
というコメントを発したという

冷静さと分別ねぇ・・・
戦車を投入して天安門の民衆運動を踏み潰した当局の対応とは思えんなぁ
要は黙認、或いは消極的警備ということでしょう

日本の外務省は陳謝と賠償を要求したそうだが・・・
ぬるいんじゃないっすかねぇ
学校で反日教育を行い、領海を原潜で侵犯する
製品のボイコットを唱え国旗を燃やし大使館に投石する群集に対し
明確な対処を行わない政府に、何かある毎に「遺憾の意を表す」でいいんですかね
もしデモに巻き込まれて邦人が命を落とすというような事態になっても
「遺憾の意」を表して「謝罪と賠償」を求めるということなんでしょうね
相手国当局は
「デモへの警戒は呼びかけており不用意にデモに接した邦人の行動に責任がある」
ということで正式な謝罪なんてしないんでしょうなぁ

戦争被害に対する謝罪と賠償を要求汁!
って言うんなら謝罪と賠償して対等の立場に立てよ、日本国
一国に謝罪と賠償すると他国にも膨大な賠償をしなければならない
という事情もあるかもしれないが
じゃぁ、いつまで現状の吹っかけられ外交をするつもりなんだよ、日本国
賠償費用が無いと言うのなら円借款で貸与している融資金を全て引き揚げて
援助の必要の無い大国様への経済援助も停止しろよ
そんときゃ戦後処理の段階で行った賠償も試算に入れとけよ
竹島、尖閣、北方4島に代表される国境線の確定にしても
当事国同士で解決出来ないんなら国際司法裁判所に提訴して全部明確化しろよ

「遺憾の意」なんて何度表されたって相手は屁とも思っちゃいない
それどころか「遺憾の意」が繰り返されれば何をやったって日本は何も出来ない
と嵩にかかってくるだけじゃないんすか?
国際協調結構、国家間の友好関係結構
でもそれって相思相愛でなきゃ無理ってもんでしょう

|

« ツバサ・クロニクル | Main | 雨の日は飲み過ぎに注意 »

Comments

中国共産党政府のありかたについて書き出すと長くなってしまうのですが、中国大陸の市井の人々が、どこまで日本を本当に憎んでいるのか正直よくわからないんです。彼らの貧富の格差は相当なものになっていようで、やり場のない痛みを向けやすいところに向けているだけなのかもしれないのでは感じたりします。

あと、自分がIT業界にいたからみもあって、「安いからオフショア」でという安易な気持ちが共依存のようになっているようにも見えるのです。

Posted by: まつばらとおる | April 11, 2005 12:21 AM

賠償ねえ・・・。
確か日中国交正常化のときはソ連ともめてた時で日本に対して賠償請求しないって事になってなかったけか?
だから日本は対中援助って容で賠償していたと思うんやけど・・・。
今までの総額で3兆円位らしいよ。
それを国民に言わない中国に問題あるんじゃないの?

Posted by: 烏賊様♪ | April 11, 2005 12:37 PM

まつばら様、烏賊様、コメントありがとうございます
内政が上手くいかない時は国民の目を外に向けさせるというのは中国に限らず
世界の警察を自負する某超大国でもよくやっている為政者の常套手段ではありますが
その矛先を向けられると言うのはどう考えても気持ちの良いものではありません

報じられる情報だけしか得られない中では
必ずしも中国全土で反日行動の嵐が吹き荒れているという訳ではないようですが
それでも反日教育を受けて今に至る人民さん達には
多寡は別にして火種が少なからず宿っている訳で、きっかけ次第では引火するという
おそれは否定できず、その辺の感覚は日本人的には判らない部分もあるのではないかとも思います

話し合いと理解で問題が解決するのであればそれに越したことはないのですが
同じ価値観を持ち得ない者同士が理解しあうというのは喧嘩するより難しいとも思ってしまいます
多分対中援助にしてもかの国では日本からの貢物くらいな認識なのかもしれません

Posted by: ぴかちうたろう | April 12, 2005 01:17 PM

そうですね。
理解しあおうとするには、お互いが対等の立場で無いと駄目ですね。
少なくとも中国は日本を格下に見ているふしがあります。
これに対しては、言うべき事ははっきりと言うという姿勢が大切ですね。
今回の事にしても、無秩序に怒りを表現する必要は無いですが、日本人が中国人のとった行動に非常に憤りを感じている事をもっと強く繰り返し言うべきだと思いますよ。

Posted by: 烏賊様♪ | April 13, 2005 03:36 PM


私はこの10年、新聞をとっていない。ニュースはテレビだけだ。今回の反日デモについても誰かと話し合うということもなかった。だから、このニュースについての日本人の反応について、私は正確には掴んでないかもしれない。それでも、やはり「今の日本人はかなりヤバイ」と思う。
中国の人達が今の日本に対して思うことも同じだろう。すなわち、過去に日本がアジアの人達にどんなひどいことをしてきたか・・といういわゆる「歴史認識」がまるでないからだ。
若い人達は仕方のないことかもしれない。なぜなら、彼等は歴史の時間に、そのようなことは殆ど教えられないで育ってきたからだ。教えないように国がしてきたからだ。
そう、60年前、日本は貧しいアジアの国々を中国を韓国を、自分の国にしてしまおうと、侵略戦争を起こし、アジアの人達を何十万人と殺してきた。
そして、それは連合軍によって、最終的にはアメリカの広島原爆投下で敗戦となった。
日本の指導者は自分達がそおいうことをしてきたことを、できることなら「なかったこと」にして、世界の指導者の仲間入りをしたいだろうが、一方的に侵略され殺された人達は「なかったこと」にされてはたまらない。
中国の人達だって、なにがなんでも日本を許さないと言っているわけではない。
今回指定された日本の歴史教科書に侵略とか南京大虐殺についての記述が全くないものさえあり、あっても数行というありさまでは中国の人達が怒って当たり前である。
その上、あのオバカな小泉首相の靖国神社参拝である。
虐殺の限りを尽くした日本人はたった60年前の日本人なのだ。私が産まれた1年前、2年前のことなのだ。(ヒットラーのアウシュビッツも)

イジメタ方は痛みをすぐ忘れるだろうが、イジメラレタ方は忘れない。
なのに「忘れない方がおかしい」というのは、盗人猛々しいのではないだろうか。
このまま、誤った、すなわち「日本は侵略などしなかった・・」という歴史に対する改ざんがされ、何も知らされないで育つ世代だけになってしまったら、将来、「傲慢で恥知らずの無知な日本」として、アジアから孤立してしまうだろう。その兆しは見えてきている。
もし、今回、歴史の教科書問題で、日本人が「軍国化」の危機を感じて壮大なデモをしていたら、小泉の靖国参拝に賛否の世論が盛り上がっていたら、反日デモはなかったかも知れない。
確かに今回の「反日デモ」はテレビで喋っているコメンテエーターのいうように中国の「愛国政策」の結果であり、国内問題の不満を日本に向けさせているのかも知れない。
でも、考えてもみて欲しい。一方は侵略された側として子供たちに子孫代々忘れない教育をし、侵略した側の子供たちには、なにも知らされない教育がされていたら、可愛そうなのは「知らされない」子供たちではないか。何も知らないからなぜ憎まれるのかも判らない。憎む方がおかしいとさえ思ってしまう。
中国の人達は「日本は中国人の感情の問題に真剣に対応して欲しい」と言っているだけなのだ。
日本製品不買運動と言ったって、彼等は日本製品を信頼しているハズである。
日本の指導者たちが、そして、国家の象徴たる天皇陛下が、「過去の日中の歴史のことは次世代にしっかり語り継ぎ、二度と同じ過ちを繰り返させない」と、心の底から誠意を持って対応すれば、判って貰えると私は信じる。
問題は「誠意」である。本当に過去の過ちを過ちとして認識する「誠意」である。韓国の人達に対してもそれは同じことだと思う。
ところで「広島の原爆を落としたアメリカに対して日本人は寛容だ。中国も見習うべきだ」という大馬鹿のコンコンチキがいる。侵略戦争をしかけた側として、制裁を受ける立場と、何も悪いことをしていないのに一方的に殺されまくった立場とは違うのである。
もちろん被爆者はお上の犠牲者なのであり、だからこそこれもまた、次世代に語り継がなくてはならないことだろう。
今、日本ではデモというものがない。デモなんかしなくてもいいほど、みんな豊かで幸せなのだろうか?本当に何も問題がないくらい今の政治に満足しているのだろうか?
中国は「言論の自由もなく」「貧富の差も激しく」「国から一方的に愛国教育されてる遅れた国」で、日本はその反対なのだろうか。
いや、今の私達はまるでお上の言いなり。デモのエナルギーもない。もう、ハッキリ言ってまるきり為政者に絶望しきっているから、もうこうなったら「毒食らわば、皿まで」の心境。
もう腐るがまま、手の施しようもなくアレヨアレヨと軍国的になろうが、自分の子供が自衛隊にいれられようが、なすがままのマゾ状態なのだ。
「国内問題を日本にむけさせてのガス抜きだ」と、ノホホンとしてていいのかしら。
あの凄まじいエネルギーを見よ!
天安門事件のように押さえ込まれるだろうと言う人々よ。
時代が違うのだ。
今は世界中を駆け巡るインターネットというものがある。
日本の若い世代が「どおしてこんなに日本を憎むの?」と疑問に思ったら、薄い本でもいい。あるいはネットで、たとえば「南京大虐殺」と検索するだけで、いろいろなことが判ってくるだろう。
そして、中国の若者にアクセスすればいいのだ。
ネットに強い世代なら、国を超えてネットで討論すればいい。
戦争を起したり、憎みあうのは私達の世代で終わりにしたい。
若い世代同志で仲良く交流して欲しい。
テレビで見る中国の若者たちの顔は明るかった。
申し訳ないけど、今の日本の若者たちよりずっと。ずっとずっと。
日本で毎日のように起こる凶悪犯罪。
少なくとも私はこの国が恥ずかしい。そしてオバカな小泉がテレビの画面に出ると本当に気分が悪くなる。
この吐き気がするような顔を、日本人はどおして平気で見ていられるのか不思議だ。
あのヒトは狐の仮面をかぶった、化け物ではないだろうか。
悪いヤツは涼しい顔をして悪いことをする。
(そおいえばヒットラーもけっこう人気があった)
未来にはそのことが判るときがくるだろう。
とんでもないヤツがとんでもない恐ろしい時代をつくったと・・・・。
絶望的なことだが、そんな未来がきっと来る。



Posted by: ウメさん | April 18, 2005 03:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 反日デモ1万人集結:

« ツバサ・クロニクル | Main | 雨の日は飲み過ぎに注意 »