« 一年の計は元旦に・・・ | Main | 救命病棟24時 »

January 02, 2005

国盗り物語

うぅ~ん、10時間でも足りないのかなぁ・・・
何かもうひとつ食い足りない感じがする

かつてNHK大河では1年間かけて描いたドラマだけに
濃密に描こうとすると大河コースでもなければ
道三~信長~光秀という3人を描くのは難しいのかもしれない
そう考えるとしょうがないのか、やっぱり

渡部篤郎の光秀が予想以上にはまっていたように思えたのが儲けモノ
強くありたいと念じながらも脆さが見え隠れする
陰方向の繊細さのような雰囲気を漂よわせる暗く哀しい目がなかなか良ろしい

伊藤信長はやっぱり辛いなぁ
見た感じは結構雰囲気かな・・・とも思ったけど
敦盛を舞う姿はやっぱり美しくあって欲しい
ていうか、迫力(貫禄?)不足で英傑のオーラが感じられない
光秀を打擲していても無理が見えてしまうんだねぇ

贔屓の引き倒しのようにも見えるが
俺的にはかなり前に柴田恭平が秀吉を演じた「太閤記」で信長を演じた
松方弘樹の姿が今でも記憶に深く染み込んでいるためか
他の役者さんでは色褪せて見えるのかもしれませんなぁ

|

« 一年の計は元旦に・・・ | Main | 救命病棟24時 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国盗り物語:

« 一年の計は元旦に・・・ | Main | 救命病棟24時 »