« K-1 WORLD GP 2004 | Main | 12月8日という日 »

December 05, 2004

ストロングスタイル

このところ新日の放映実況で「ストロングスタイル」が連呼されている
特に先週の小川・川田×天山・棚橋戦では
「道化はいらんのじゃ!
 新日のリングに上がる資格ある者はストロングスタイルのみ!(意訳)」
という叫びが入場の時から再三繰り返された

殊更に連呼されると、そんなに今の新日には
ストロングスタイルを体現するレスラーがいないのか?
という気分になってしまう

ハッスルを否定しようと必死になればなるほど
「俺ごと刈れ」でピンホールを奪われた新日勢が気の毒に思えてくる

天山は「次にリング上がるなら刺し違える」と言っていたそうだが
次を考える前に今刺し違えてくれよ
長州の全てを否定しぶっ壊してやるって宣言するんなら
ラリアート3発で退場するなよ西村
俺がストロングスタイルだ!って言うんなら
54歳に落とされてんじゃねーよ柴田

言行不一致は世の習い、まして興行の世界、大口は叩いてナンボではあるが
それでも程度ってもんがあるだろう
そんなストロングスタイルって見てて虚しいだけなんだが・・・

|

« K-1 WORLD GP 2004 | Main | 12月8日という日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ストロングスタイル:

« K-1 WORLD GP 2004 | Main | 12月8日という日 »