« October 2004 | Main | December 2004 »

November 30, 2004

街はドラクエ

発売から4日
ゲーム業界最大級のキラーソフト「DQⅧ」が今も街中では売られている
昼間外出したついでに秋葉界隈を歩いたのだが
どの店先からもドラクエのテーマが流れている
かつてドラクエ狩りなどと称される不逞の輩が跋扈していたのも今は昔
間違いなく売れてはいるのだろうが、飢餓感は全く無い
それはそれでユーザー的には良い事なんだが玩具業界に身を置く身としては
年末に向けての市場動向を考えると他人事では断じてない
自社、他社を問わずヒット商品の存在は業界に活気を与える
玩具流通、ホビー流通と大枠の流通は異なれど販売店では皆同じという昨今
大きなシェアを占める家電系量販店でお祭アイテムに元気が無いと
他の商品の仕入れにも影響してくる
そんな動きはここ数ヶ月顕著に現れている訳で
一見無関係のように見える商材でも直接的な影響があるんだねぇ
と言う訳でドラクエも売れて欲しいし、この後控えている任天堂DSもPSPも売れて欲しい

あ"、そんなこと言いながらオイラまだドラクエ買ってなかったよ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2004

快楽の代償は血で贖え。

TX日曜深夜に放送されている「怪奇大家族」にちょっとはまっているのだが
「怪奇大家族」の前に放送されていた「ファンタズマ」が結構好きだったりする

先日予約していたDVD-BOXが届き、改めて見ている訳だが俺的にはなかなか面白い

内容・感想はいずれ「趣味の本棚」に収蔵する予定なのでここでは特に触れないが
パパイヤ鈴木・千葉雅子・及川奈央・恵俊彰・伊原剛志・津田寛治という
本来監督業を生業としない6人によるリレー式ホラーとでも言うものか
呪いと復讐の断片が最後に集束する全13話のドラマである

快楽の代償は血で贖え。』というキャッチーなコピーが冠せられてはいるのだが

エロイか?と言えばそれほどエロくない
怖いか?と言えばそれほど怖くない
素材的には既出なテーマだったりする

それでも何となく雰囲気に惹かれてしまうんだねぇ
いや、1、2話に上野なつひタソが出ていたというのはこの際関係ないんだけどね


ファンタズマ・東宝公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2004

vs ベルナルド

ボビーの対戦相手が決まった
マイク・ベルナルド・・・ですかぁ?!
うぅ~ん、何とも微妙なカードではある

ボビーにとっては負けたとしても善戦すれば良し
このところ負けが続いているベルナルドは背水の陣コースで
勝って当たり前、万が一にも負けるようなことがあれば
引導を渡されたようなもの
ベルナルドのリスクだけが目立つカードのような気がしてならない

日本人のそこそこ名の売れてる選手あたりかなぁ
と、思っていたのだが・・・
うぅ~ん、やっぱり微妙だ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2004

暴君幼年時代・・・ちょっとカワイイかも

haba.jpg

辛いもの好きの味覚を刺激しまくった暴君ハバネロ
その鮮烈なデビューから既に暫くの時間が経過し
コンビニの棚でも普通に暴君様の姿を目にするようになった

そしてTOHATOからまた新たな暴君が誕生した
暴君ベビネロ
ハバネロ様の幼年時代の御尊顔であるとのこと
幼年時代という事で辛さはハバネロ様の1/5
単に辛いだけではなくコンソメチキンの旨味を加えたとのこと
まぁ、単に辛いだけでも自分的には構わないのだが
ベビネロ様の御尊顔が妙に味があってヨロシイ

かわいい中にも長じて強烈な暴君となる片鱗を感じさせる目付き
TOHATOのサイトでは麻辣仙人という新キャラと共に
詳報が報じられているが、暴君ベビネロ様は
生き馬の目を抜くスナック戦国時代にその地歩を拡大することが出来るのか?!

ヨロコビの民は暴君様をお慕い申しておりまするぞ!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 26, 2004

「架空戦記3 Projekt Flieger 02」発売

PF02.jpg

紆余曲折を経ながら何とか本日架空戦記第三弾が発売となりました
25日売り模型誌では既にGEHEIMアイテムも紹介され全貌もはっきりしましたが
さて、実際の販売状況が気になります

同日にタカラさんの「輪切り大和」も出荷され、明日はDQⅧも発売されるという
世間的にはお財布直撃な今日この頃
多くは望まないまでも善戦してホスィ

そして年明けにはプロパン01と、休む間もなく作業は続く
シリーズも営業氏が勘弁してくれと泣き言を言うまでは続くのである

さて、この土日の動き、どうなりますか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2004

どうもピン芸人が好きらしい

少し前からギター侍@波田陽区の姿をテレビでよく見る
ネタ的にそんなに面白いとは思わないんだが
「そこで斬っていてくれるだけ良し」と生暖かい目で楽しんでいる自分に気付く

普段バラエティ番組にそんなに執着心はないのだが
御執心の番組があまり無いこともあって何となく見る機会も増えた
最近マイケルの姿をあまり見ないのがかなり寂しい
鉄拳さんも一時期に比べるとすっかりご無沙汰気味・・・

ネタの良し悪しを不問にするつもりはないのだが
こうしてみると俺はやっぱりピン芸人が好きなようだ

しかし、消費スピードが速いピン芸人さんたち
ふかわりょうのようにいじられながら長生きして欲しい

ちなみに俺的には青木さやかのキレキャラにはイマイチな気分だったりする
青木さやかだったら友近ねぇさんの方が好きかなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2004

杏ちゃんと杏たん

anzu.jpg
ちょっと前から鈴木 杏ちゃんと杏 さゆりたんがかなりお気に入りだったりする

いろんなCMで目にする杏ちゃん、その都度いろんな表情を見せてくれるのだが
もし、かつての角川映画が健在であったなら
薬師丸ひろ子・原田知世・渡辺典子の角川三人娘の正統な継承者になったであろう
と、ぴかちうたろう的には確信している

一方の杏たん、「くびれクイーン」という何とも情けない呼び名で
各種雑誌のグラビアを飾るいわゆるグラビアアイドルではあるが、
最近テレビでもその姿を目にするようになった
特に上野なつひタソが黒井ミサを演じたエコエコアザラクでは
制服姿でレギュラー出演、21歳とは思えない萌え姿を披露してくれた

通勤電車というのは暇なもので、本を読んだり、中吊り広告に見入ったりして
40分ほどを過ごすのだが、ちょっと前からドア貼りの広告で
杏ちゃんと杏たんを目にするようになった

杏ちゃんは「ネコタコCM」の求人情報『e-aidem』の
杏たんは出会い系サイト『ピュアアイ』の広告でシール貼りされているのだが
京成電車に両方の広告が貼られたドアというのがある(写真左端)
ぴかちうたろう的にはまさに夢の競演状態のドア

くそぅ!このドア1枚、欲しいぞ!このヤロウ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2004

赤い彗星 Birthday Party

11/20にバンダイミュージアムで「シャア・アズナブル Birthday Party」が開催された

ほぇ?そうなん?
正直なところ赤い彗星の誕生日というデータは僕の記憶には保存されていない
コスプレイベント、握手会、いろんなイベントが行われるBMではあるが
これはこれで面白い試みだが、お客様はいらっしゃるんかいな?
というのが初めて企画を聞いた時の正直な印象

だったのだが、蓋を開けてみると100人弱のお客様がGカフェに来場されたとのこと
ガンダムAのオリジンもシャア・セイラ編で盛り上がってるし
こういうイベントもありなんだなぁ・・・と改めて思う次第

BMに行ってみようという動機付けは何でもいいと思うんだね
同好の士が集まって騒げる場所の提供というのは大事だと思うですよ
なんて言いながらお仕事お持ち帰りで在宅作業中の僕は行けなかったんだけど・・・

ところでガルマ様の国葬は何時でしたっけ?

参加された方によるレポートもご参照下さい
Char's Birthday Party at Gundam Cafe ~むいむい星人の寝言 さま~

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 21, 2004

もす!

昨年末は民放3局格闘技合戦で年が暮れたが
今年の年末はやはり「K1 Dynamite!!」が気になる

魔裟斗×KID戦はもちろん楽しみではあるが
不勝のYOKODUNA・曙は総合ルールでホイス・グレイシーとの対戦が決まった
まぁ、立ち技・一撃のK1リングで曙どうよ?
というのは無粋かもしれないが、総合で負けたら洒落になりませんぜ
相撲協会も「頼むからもう止めてくれ」という気分ではなかろうか

一番気になるカードということでは対戦者未定のボビーに尽きる
来週のからくりで対戦者が明らかになるということだが
誰とやるにしてもボビーがどこまでやってくれるのか興味は尽きない

アドゴニー、頼むからタオルは投げんでくれぃ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2004

IGLOO #4

オフィシャルサイトの方でも既に発表されているが、
「MS IGLOO」第4話の制作が決定した
公開時期的には来年、ということになるが
現在シナリオ作業も進み、間もなくコンテ作業に入る

第3話がオデッサの時期の話だった訳で、4話は勿論その後の話
宇宙世紀年表では終戦に至るまでにまだ大きな戦いが幾つか残っている
アレとかコレとかソレとか・・・ね

戦局的には試作兵器の試験運用をやってる場合じゃなくなってきているし
使えそうなものは何でも使うのジャという戦況になっているはずなので
1~3話のテイストは残しながらも、
今までとは多少変化が出てくるんじゃないかなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2004

東北の為に・・・ちゃうんかいw

前評判どおり今年のドラフトでは楽天が自由獲得選手で一場を採った
東北を元気にする!
と言って出てきたはずなのに、地元宮城県東北高校のダルビッシュタソはスルーかい
なんかちょっと引っかかりを感じてしまうよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2004

秋葉原にハマる若者@EZ!TV

秋葉がオタクタウンであるというのは今に始まったことではなく
かなり前から認知されている現実で
「何を今更」という気分で楽しく(W)見てしまった

こういう番組にありがちな珍獣レポート的な展開は予想通り
価値観の問題にしたり顔の論評をもって一般論であるかの如く…
というのも予想通り

まぁ、オタクというイキモノは基本的には珍獣ですからw

メイド喫茶に通いつめる横浜の彼の姿を見ながら
うちの嫁さんは「キャバクラと変わらないじゃん」と言っていたが
まぁ、酒かジャンボカキ氷かの違いくらいなもんか…と俺的には納得
多分この番組を眉をひそめて見ているであろう世のお父さん方も
やってることは変わらんのだよ

社会生活に馴染めないオタクは危険だが
オタク的執着心の無い人生というのは味気ないもんではないかい?
執着心の向く先が何なのかはそれこそ個々人の価値観の問題

オタクとは空想のイキモノ」と愛知の彼は言っていたが
ヲタクとは妄想のイキモノ」だと常々俺は思うのだよ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 13, 2004

改装はいつ出来る?!

ヽ(`Д´)ノ ウワァァァァァァァン!!
ジオシティーズのシステム変更に伴うコンテンツのメンテナンスが終わらない

HP開設以後、樹海と化したコンテンツの大幅刷新を行い既に2年半
気がつくと再び樹海の様相を呈していることに愕然とする

今回の第2次近代化改装にあたり
先行してココログを始めたり、2年半ぶりに「ぴかちう」を復活させたりと
瑣末な作業ばかり先行していて
肝心のコンテンツ整理が全く進んでいないというのは・・・_| ̄|○

なんて言いながら「新しいトップページはどうしよう・・・」なんてことに
気持ちとマウスはついつい流れていってしまう
旧URLで閲覧できるのは年内中ということなので、さっさと改装を終わらせて
関係各位様に御案内メールを送らないと・・・とは思ってるんだがなぁ

時間は2ヶ月を切ってしまっている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2004

架空戦記がやって来た

He1078B.jpg

今月末に発売予定の「架空戦記3 Projekt Flieger 02」の量産頭出しサンプルが来た
別館の方もなかなか更新出来ないでいたのだが
ようやく更新できてちょっと精神的には楽になった気分ではある
この週末はアクセサリーキットを完成させてアップ出来ればとも思うんですが・・・

ずらり並んだ16機を眺めていると、やはりいろんな感慨に耽ってしまうのだが
P.1078Bってやっぱり(・∀・)イイ!
ハインケル博士、スゴ過ぎです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2004

ハム太のひまわり

tehon.jpg

BSフジで放映されている「EHON」という番組がある
いろんな分野で活躍する人達や絵本作家を志す人たちが参加する
「絵本創作バラエティ」という不思議なカテゴライズのなされた番組で
平たく言えば「イカ天(いかすバンド天国)」「エビ天(えびぞり巨匠天国)」の絵本版

その番組から生まれた絵本をこの度ポピーから発売することになった
第一弾ということで
 ■ ハム太のひまわり
 ■ まっしろいくま
 ■ どんどんどんどん
という3作品が間もなく発売になる

ハム主としてはやはり「ハム太~」がお気に入りではあるのだが・・・
まぁ、ネタバレは無しとして、やはりハム主歴の長い奥さんは
「いそがしそうにはたらくハム太」というところで
「これはハム飼ったことがある人ならわかる!」とシンパシーを感じていたようだが
それには激しく同意

ハム主経験の無い人には感覚的に多分わからないだろうなぁ・・・

TEHON ~てほん~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2004

「 Neko Mimi Mode 」は卑怯だ

nekomimi.jpg

先日仕事の関係で旧知の友人と話しをする機会があった
この秋スタートした深夜アニメの話しに花が咲いたのだが
彼のお薦めは仕事絡みでもあるらしいが「月詠」
その時は未見だったので月詠のツボをいろいろうかがい、その翌週放送を見た

いやぁ「 Neko Mimi Mode 」は卑怯だよ
これだけで転ぶ香具師続発だろう・・・かく言う自分も少し転びかけてるんだがw

個人的にはこの秋は萌え系アニメは結構豊作だと思うんだね
「月詠」「舞HiME」「ローゼンメイデン」
何となく気になってしまう今日この頃ではある

あ"、ちなみに漏れはCDは買っていない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2004

どうして話がすり替わる?

阪神ファンとしては生暖かくパリーグの動向を見ていたのだが
楽天×ライブドアという構図はいつから出来ていたのだろう?

新球団の新規加盟というのが本来の論点であって
どっちかを選ぶというのは本来の趣旨ではないんではないの?
今回はたまたま両社が同じ仙台宮城球場をフランチャイズにするって言うから
結果としてどちらか、ということにはなるんだろうが
今回の一連の動きでは、ライブドアに続き楽天が参入を決めたところから
「どっちが選ばれる?」という論調だったが、それはやっぱり変だろう

審査にしても本来は、加盟を申請する新球団が加盟の条件を満たし得るか
という1点に於いて行われるべきものではないんだろうか?

「相対評価で比較議論した」と議長が明言したところで
既に既定路線だったようにしか思えんのだがなぁ

・球団経営の継続性や発展性といった参加申請書の妥当性
・現行野球協約との整合性
・専用球場等施設の能力、野球観客需要
・選手、コーチの確保の見込み
・親会社と球団の経営状況の分析
・公共財としてふさわしい企業、球団であるか

というのが今回の審査項目らしいが
その審査項目で現行全球団の正当性ってどうよ?

ライブドアにも堀江氏にも特に何等思い入れはないが
デキレースっぽい展開を見せられると( ´_ゝ`)フ~ン
というような気分にしかならんですよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2004

Projekt Flieger 02

今月末には発売の運びとなるプロフリ2
トラブルが全く無い訳ではないが、何とか作業は進行している(多分

世間的には1/144ミリタリーも落ち着いてきたよね
などという声も聞かれるが、営業氏が「もう勘弁してくだちぃ」と言うまでは
シリーズとして継続していくのである

今月のプロフリ2発売を控え、今、川口は何をしているのか?

「架空戦記4 Projekt Panzer 01」の仕込みの真っ最中だったりする
詳細はもう少ししたら公開する予定なので陸モノ属性の方は今暫くお待ち頂きたい

( ゚Д゚)ハァ? というようなアイテムも無いではないのですが
比較的正攻法に近いラインナップなのではないかと思うですよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2004

軌道上に幻影は疾る

MS IGLOO 第3話、昨日(11/3)よりバンダイミュージアムで上映開始となった

イグルーという作品自体が1年戦争燃え、ジオン燃え(萌えではなく)の
極めて限られた視聴層にターゲットを絞り込んだ作品だけに
普通のガンダムファンの燃え(萌え含む)のツボとは明らかに外れている
喜んで頂けるのは軍ヲタ的素養を兼ね備えたオールドタイプということになるだろうか

#1,2が夏休みスタートだったのに対し本作は平月スタートとなる
夏休み期間中限定の3面スクリーンは1面に
それに伴い客席数もフルで120席余というスタートではあるが
この日の3回の上映はいずれも満席
若干の安堵は得られたがこれはまぁ初日ということでの御祝儀入場だとして
今週末土日の入りが今後の試金石となるのではなかろうか

御覧頂いた方から「やっぱりモビルスーツだなぁ」という声も聞かれたが
実にもっともな御意見ではある
「ここで描かれるツィマッドってハインケルみたいですよね」
とイグルーのツボをよく心得た方もいらしゃった

だってヅダってHe100みたいなもんですから

P.S.
 これ↑って判る人には思いっきりネタバレ…ですね

| | Comments (4) | TrackBack (2)

« October 2004 | Main | December 2004 »