05 近畿

2011年7月11日 (月)

【 TamTam 尼崎店(兵庫・尼崎)】

20110711tam01

JR東海道本線 尼崎駅北口に広がるショッピングレジャー施設
"アミング潮江"の専門店街をまっすぐ進むと右手に
大型スーパー阪急オアシスの名前が目を引くウエスト2番館が現れる。
 
タムタム尼崎店さんは、この建物の3階に入っていて
同フロアには西日本最大級の鉄道模型ディオラマのある"ホビスタ"がある。
 
20110711tam02
お店に入ると大きなガラスケースに
数多くの完成品が並べられている。
店員さんたちが作ったサンプルは
スケールからキャラクターまで
様々なカテゴリーに及び、
新製品の発売に合わせて
入れ替えられているらしい。
 
ガンプラやダンボール戦機などの
新製品はPOPや販促物の他に
商品棚に置かれたガラスケースに
完成品のサンプルが置かれたり、
設置されたモニターでPVが流され
来店されたお客様が求める商品が
わかりやすくレイアウトされている。
 
ダンボール戦機以降、小学校高学年
くらいのお客様や親子で来店される
お客様も増えたとのことだが、
お客様の多くは十代後半以上のホビー商品に
関心のある方たちで、常連さんも多いとのこと。
 
また、広い店内にはRC用サーキットがRCコーナーに併設されており
尼崎店のセールスポイントになっているのだが、
こちらには休日になるとマイ・カーを手に走らせに来る人達で
店内は賑わっているらしい。
 
20110711tam03
店内にはプラモデルはもちろん、各種ツールやマテリアルも
豊富に品揃えされていて、欲しいものや使用方法など
お客様からのご質問にはどんなことにもお応えできるよう、
スタッフの皆さんは心掛けてらっしゃるとのこと。
 
20110711tam04
お客様からは塗装に関する質問が多く寄せられるとのことで
店内にはガンプラのカラーガイドのコピーが束ねられていて
必要なカラーを選び易くする工夫なども行われている。
 
「模型を作る」ことを多くの方に楽しんで欲しいという
江頭マイスターさんはガンプラメインの雑食系モデラーさんでもあり
模型に関する知識や情報をお客様にお伝えすることを意識して
お店に立たれているとのことですが、
将来的には作業スペースが置けるような環境で
お客様と一緒に模型を楽しめる店舗を目指したいとのこと。
 
20110711tam05
TamTam 尼崎店
 
兵庫県尼崎市潮江1-16-1 アミング潮江ウエスト2番館3F
Tel:06-6496-6170
営業時間:10:00~21:00
最寄り駅:JR神戸線・東海道本線 尼崎 北口徒歩5分
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【 ジョーシン三宮1ばん館 スーパーキッズランド(兵庫・神戸)】

20110711jsn01

JR三ノ宮駅南口のロータリーを渡り、そごうを右手に見ながら
駅を背にして真っ直ぐ行き、しばらくすると
左手にジョーシン三宮1ばん館が見えてきます。
 
地下1階から7階までの8フロアの中で
プラモデル売り場は6階のワンフロアを占めています。
広い店内には各社のプラモデル商材や工具、マテリアルなどが並び
模型誌などの関連書籍も置かれており、模型趣味を楽しむ上で
必要なものは一通り揃えることができます。
 
20110711jsn03
入店しエスカレーターで上がってくると
正面には大型のガラスケースがあり、ガンプラをはじめとする
キャラクタープラモデルの完成品や商品サンプルなどが並んでいます。
 
展示されている完成品は店員さんたちが作られたものということですが
基本的に販売していないものは飾らない、ということで
あくまでもお客様が買い物をされる時の目安になれば…ということで
お客様が作られた作品などは現在お預かりはしていないとのこと。
 
また、大型ガラスケースだけではなく、商品棚のところどころにも
ディスプレイ用のケースが置かれ完成品が飾られており、
様々な商品の完成形を実感することが出来ます。
 
20110711jsn02
新製品やお薦め商品は什器のエンドに置かれた棚やレジ横の台など、
お客様の目にとまり易いところに置かれていますが、
模型誌のレビューページなども合わせて掲出されているので、
お客様が商品を購入される際の目安にもなっているようです。
 
20110711jsn04
お客様の中には模型誌を持って来られ
作例のような作品を作るためには
どうしたらいいのか…というような
質問をいただくこともあるそうで、
そうした質問にはマイスターさんを始め
他の店員さんもお応えされています。
 
店内にはプロショップ用のハウトゥ素材
などもダウンロード、掲出されており
作ることに対するケアも様々な方法で
十分に行われています。
 
スケールからキャラクターまで、
様々なプラモデルを扱ってらっしゃる
ジョーシン三ノ宮店様ですが、
キャラクタープラモデルの場合6階の模型売り場ではなく
5階の玩具売り場のコーナーに置かれているものもあるそうなので
目当ての商品が見当たらない場合は玩具フロアも覗いてみると良いでしょう。
ダンボール戦機のLBXモデルなど5階で扱ってらっしゃるそうです。
 
 
20110711jsn05_2
ジョーシン三宮1ばん館 スーパーキッズランド
 
兵庫県神戸市中央区八幡通3-2-16
Tel:078-231-3811
営業時間:平日:10:15~20:00 / 土日祝:10:00~20:20
最寄り駅:JR神戸線 三ノ宮 南口徒歩8分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【 ミドリ 西代店(兵庫・神戸)】

20110711mdr01 鉄人28号のいる若松公園の
線路を挟んで反対側。
新長田駅北口を出て左へ進み
ちょっと広い道を北進すると
右手にソレイユ西代が現れます。

店内に入り2階に上がると
フロアはいわゆる家電系量販店
という雰囲気が広がります。

プラモデル売り場はゲーム売り場と並ぶような位置関係で
メインはガンプラ…ということになるのですが
フィギュア、スケールモデルなども多く並んでいます。

20110711mdr02ガンプラはHG、MGなどのシリーズごとに棚割りされていて
完成品サンプルの展示なども行われており
マイスターの巴山さんにうかがったところでは
店員さんたちが作って飾ってらっしゃるとのこと。

素組みのものもあればしっかり塗装された完成品もあり
旬の完成品が並んでいる様子は折々に入れ替えながら
販売商品とリンクさせているようにうかがえます。

20110711mdr03ツールなども充実していて棚のエンドにも什器が置かれ
マーカーやプラ材なども多くの種類が扱われています。
同種の工具でも手軽なものから本格的なものまで種類も多く
お客様の使い勝手に合わせて選ぶことも出来るようです。

プラモデル売り場にいらっしゃるお客様はやはり年齢高め
とのことでしたが、最近はダンボール戦機の影響もあってか
小学生くらいのお子さんの姿もよく見られるようになったそうです。

20110711mdr04初めてプラモデルを作るお客様から
塗装に関してなど、作り方に関する
質問を受けることもあるそうです。

棚脇にはお勧め商品のPOPや
一言加えた販促物などがあり
売り場からお客様へのアピールも
丁寧に行われています。

ダンボール戦機は商品はもちろん
周辺商品や完成品サンプル、
モニターも置かれています。

ゲームが発売されてから
ゲームに専念していて
プラモデルを作る手が止まっている
という人の話も聞かれますが
ミドリ西代店様では
冒頭に記したとおり
プラモデル売り場の隣が
ゲーム売り場になっている
ということもあって、
ゲームを見に来たお客様が
LBXのプラモデルを買っていく様子も
見られたとのことです。


20110711mdr05ミドリ 西代店

兵庫県神戸市長田区御屋敷通3-1-47 ソレイユ西代2F
Tel:078-621-5571
営業時間:平日:10:00~20:00 / 土日祝:10:00~20:45
最寄り駅:JR神戸線 新長田 北口徒歩7分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

【 ライト 新長田店(兵庫・神戸)】

7/9~10に明石で行われた"明石プラモデル甲子園"に出席することとなり
神戸周辺にも頑張っていらっしゃるプロショップさんがあるということで
お邪魔させていただくことになりました。

20110710a新長田駅の駅前ショッピングビル"ピフレ新長田店"の1階に出店されている
"ライト新長田店"さま。
ピフレ新長田店の裏側に回りこむように歩いていくと程なくしてお店が現れる。

阪神・淡路大震災の折には地震と火災により大きな被害が出た神戸市長田区。
60余年の歴史を持つライトさんも甚大な被害を受けたとのことですが
翌年には営業を再開し、現在では震災の痕跡は感じられません。

20110710b店内はレジ周りに余裕を持たせた空間があり
お店に伺った時には親子のお客様がいらっしゃっていて
お父さんはガンプラ、お子さんはLBXをレジカウンターに広げ
商品を確認されていたようです。

実際に簡単な組み立てなどはそこでされていくお客様もいらっしゃるとのことで
マイスターの高橋さんもいろいろなアドバイスをされることも多いとのこと。
来店されたお客様には親しく声をかけられる高橋さんは
お客様にとっては頼れるマイスターさんという存在なのでしょう。

20110710c店内には商品や完成品だけではなく
ツールやマテリアルの使い方を実際にキットを使って
丁寧に説明しているサンプルなどもあり、実際の効果を知ることが出来ます。

HGUCのドムを使って
"素組み/マーカー仕上げ/塗料による仕上げ/オリジナル仕上げ"
というアプローチの違いで同じキットがこれだけ変わって見えるというサンプルは
知識として知っているお客様も実際の効果を確認できる好例なのではないでしょうか。

20110710dご自身も確かな腕前をお持ちの高橋さん。
以前行われたマイスターコンテストでも
U.C.HARDGRAPHを使った
素晴らしい作品を応募されていましたが
その時の作品も店内のガラスケースに
飾られていました。

通販も行われているライトさんですが
ホームページも充実していて
プラモデルを作る際のテクニックなども
丁寧に紹介されています。

そこで紹介されるテクニックも
高橋さんが実際にいろいろと試して
効果があると思われたものが紹介されていて、
基本的なテクニックから応用編といった様々なアプローチを学ぶことが出来ます。


20110710eライト新長田店

兵庫県神戸市長田区若松町4-2-15-111
Tel:078-611-2510
営業時間:10:00~19:00
定休日:年内無休(年末年始を除く)
最寄り駅:JR神戸線 新長田 南口徒歩3分

らいともけい HP

| | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

【 文具とプラモの店 タギミ (大阪・高槻)】

1011142aJR高槻駅からバスに揺られ下車した「富田団地中央」。
日曜の遅めの午後にうかがったということもあり
比較的落ち着いた感じのたたずまいではある。

団地の中にあるテナントのひとつとして営業されているタギミさん。
この日はちょうどミニ四駆のコースを設置してのレースが店頭で行われていて
お忙しい中、こちらの都合でおうかがいしたことを少々申し訳なく思ったり。

店名の通り、タギミさんは文房具屋さんが母体でプラモデルも扱ってらっしゃる
という僕ら世代的にはちょぴっと懐かしさも感じる店舗だが
地域の生活に根ざしているという点では普段から様々なお客様との接点を持たれていて
今のお客様とプラモの関係性なども実態として認識されている。
お話をうかがっていて自分の認識と現実の差異を改めて認識させられた思いではある。

1011142b常連さんの中には模型誌のコンテストに応募されるような腕に自信アリ、
というような方もいらっしゃるが、
タギミさんでは定期的に年2回のコンテストを行っているとのことで
店頭のガラスケースにはコンテスト応募作品が並んでいる。
コンテスト自体はキャラクターモデル全般を対象とするもので
もちろんガンプラの応募もあるが、様々な作品が寄せられるため
お客様も楽しみながら参加されているようだ。

1011142c右画像のジャブローの名シーンは
「ジャブローに散る」セットに入っている
ミニモデルを使って仕上げた情景なのだが
ベースやMSそれぞれも
しっかり仕上げられているが
電飾によりズゴックのモノアイが発光する
という芸の細かさにはビックリ。

ただ、他店の例に漏れず子供たちの参加が
近年目に見えて減っている
ということには非常に危機感を感じているとのことで
作りたいんだけれどプラモは壊れるから…ということで親が与えない例もあるという。
ゲームのように取り説を見ずにいきなりパーツを切り出し途方に暮れる人もいるらしい。

情報ひとつとっても模型専門誌、WEB等、積極的に情報を得ようとする人にとっては
今のメディア環境は充実しているものの、普段あまり意識をしていない人には
情報は無いに等しい状況で店頭に足を向けてもらう方策、
店頭から様々な情報を発信していただくための施策は
まだまだ足りていないことを痛感する次第ではある。

1011142d_2マイスターさんの人柄にもよるのだろうが
アットホームな感じのお店に集まる常連さんたちにとって
田公さんは彼らにとってのアニキ的な存在のようだ。

キットを手に田公さんに聞きに来る子供、
子供の手から受け取りレジ周りに置いてあるツールを使って
実際に教えてあげるというシーンもお話をうかがっている間にも拝見した。
(ミニ四駆だったけどね)

僕らが思い描いていたプロショップの本来のカタチが
タギミさんには普通に存在している印象を受けた。

1011142e文具とプラモの店 タギミ

大阪府高槻市牧田町7-55-105
Tel:072-695-6304
営業時間:10:00~19:30
定休日:毎週木曜日
最寄り駅:JR東海道本線 高槻より富田団地行きバス
     富田団地中央 下車すぐ

文具とプラモの店 タギミ HP

| | トラックバック (0)

【 METALBOX (大阪) 】

1011141a「基本的にはキャラクター専門店です」とおっしゃるMETALBOXさん。
店舗入り口左右のガラスケースには等身大のデビルマンとガンダムの立像が並び
地下鉄御堂筋線 東三国駅から地図を片手に歩き、
該当地近辺で店舗を探そうと思った時に間違いようの無い目印として現れる。

若干のスケールモデルも店内には見られるが
商品棚とガラスケースが並ぶ店内は
キャラクタープラモデルとフィギュアが埋め尽くしている。
「目指すは博物館ですよ」と笑いながらおっしゃるマイスターさんの言葉通り、
フィギュアの展示に関しては通常品からレア系商品までかなりの種類と数にのぼる。

1011141d双璧をなすように
キャラクタープラモの完成品も
壁一面に設置された
ガラスケースを埋め尽くしている。

そのひとつひとつが
丁寧に仕上げられた完成品で
中には昨年のガンプラ王に応募された
作品なども見られる。
ドズル専用ザクなどは画像の1/144の他にも
MG版などもあったりして。

全体にファースト系が多い印象を受けるが、
手馴れた常連さんたちが
コンスタントに作品を持ち寄った結果…
なのではないかと勝手に納得する。

マイスターさんの作品は
サイトの方で見ることも出来るが
やはり実物を見ることが出来るのは
模型の国の住人的には楽しい。

炭田マイスターだけではなく
HPのギャラリーでは店長さんの作品も
拝見することが出来るが、
実際に作ることが好きで
店舗をやっていらっしゃるという実に心強いプロショップではあります。

1011141c店舗の大小に関わらず、製作スペースを店内に置いた店舗さんを時折見かけるが、
METALBOXさんもそんな店舗のひとつ。
レジ脇の空間をパーテーションで仕切り、作業机、エアブラシセットなどを置き
家で作れないというお客様にスペースを開放されている。

年末に移転されるということで現在は無くなっているが
作業机の前の壁面には製作のアドバイスなども貼られ、
作る人への様々な配慮がされている。

パーテーションの壁面には各社の新製品情報が掲出されており
情報の発信に関しても精力的に行われている。

1011141bガラスケースの完成品は常連さんやスタッフさんたちの作品なのだが
新製品のレビュー的な展示もバンダイの販促ツールを上手く使っていただきながら
お客様がご自分の眼で判断できるように工夫されている。

また、店の奥にはテーブル2台が置かれた歓談スペースが設けられていて、
常連さんたちの情報交換の場となっており、
定期的に行われるコンテストやコンペでは
臨時の作業スペースとしても使用されることもあるらしい。

レジ周りに常連さんが集まっている光景は
初めて店を訪れたお客様にはプレッシャーを与えるものだが
歓談スペースを設けることで
初めてのお客様にもゆっくり商品を見てもらえるよう配慮されている。

ということでご紹介させていただいたMETALBOXさんなのだが
文中にもあるように12月に東三国から市内中心部の方へ移転されるとのこと。
常連さんにとっては寂しい話ではあるが
店のコンセプトはそのままに規模拡大ということで、
品揃えはもちろん、製作スペースやコミュニケーションスペースなども
今以上に拡大・充実する予定であるとのこと。

また改めて新店の方もご紹介させていただきたいと思う次第ではあります。

1011141eMETALBOX

大阪府大阪市淀川区
宮原5-6-10
Tel:06-6150-0228
営業時間:平日12:00~21:00/
      土・日・祝11:00~20:00
定休日:不定休
  (年末年始・夏季休暇は除く)
最寄り駅:地下鉄御堂筋線
       東三国 徒歩4分

METALBOX HP

| | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

【 模型専門店 クラフトマン (大阪) 】

20101113a「当店にいらっしゃるお客様は
 40代くらいの方が中心です。
 フィギュアなどのトイ商品は
 扱っていないので、
 来店されたお客様には店内をご覧になって
 すぐに帰られる方も少なくないですね。」

あくまでも模型屋にこだわりたい、
とおっしゃるのはマイスターの白木さん。

時流を考えるとフィギュアなども置いた方が良いというのは判ってはいるけれど
それでもオンリーワンを自分で作り上げる模型がやはり好き、
ということで4年前に開店された。

ファースト世代のお客様が多いということでガンプラも
ファースト、MSV、Zガンダムあたりの商品に引き合いが強いということで
扱い商品や店内に飾られている作品からもその傾向がうかがえる。

20101113bホームページにも掲出されているがクラフトマンさんではコンテストが行われたり
在阪模型サークルの展示会などに参加されたりと
"作る目標"をお客様に提示されている。

20101113c ガンプラに限らず様々な模型作品が並ぶが
どれもハイレベルな作品ばかりで見応えがある。

年齢に比例した模型歴を持つ常連さんが
作りたいものを作りたいように作る
という気分を発揮して製作されたものばかりで
そこには必ずしも流行の仕上げに寄らない
製作者それぞれのアイデアや好みが
色濃く反映されている。

上のガンダム、ディジェなどを作った方は
常連さんの中でも若い世代ということで
作るのはガンプラのみということだが、
他の常連さんは雑食系の方が多いらしく
最近では少なくなってきている
ミリタリー的感覚でガンプラを仕上げる系
の方が少なくないらしい。

新製品ばかりではなく昔からのキットも味がある。
最近時折聞かれる言葉ではあるが
腕に憶えのある人にとっては今の商品に比べて
表現力という点では正直なところ難あり、
といったキットの方が作り甲斐を感じるというのは
感覚的にはよくわかる。


ただ、かつて失敗しては作り直し、破損しては修理し…といった
プラモデルの加工性の高さを実感として知っている方でないと
理解は得られないのではないかとも思う。
その辺はなかなかに難しいところではあります。

店の奥には製作室があり、以前は比較的自由にお客様に開放されていた。
最近は模型の作り方、道具の使い方などを教えて欲しいというお客様が多いそうで
マイスターさんが付きっ切りになると店舗の方が無人になってしまうため
現在はあらかじめ希望を出してもらって使用していただいているらしい。
20101113dお客様同士で教えたり教えられたりというコミュニケーションが機能すれば
店舗にはキットもツールや塗料も揃っている訳で
自由に使える模型製作空間として重宝するのは間違いない。

少し前までは子供たちにとってお父さんが実は模型製作の上級者だった
という状況があったが、今の30代くらいのお父さんの中には
プラモ経験の無い人も少なからずいる。
子供がギブアップしても親が手助けしてくれるという関係性が薄れてきている中で
メーカーとして何が出来るのか、何をしなければならないのか
既に予断を許さないタイミングに来ていることを
白木マイスターさんと話していて改めて感じた次第ではある。

20101113e模型専門店 クラフトマン

大阪府大阪市中央区船越2-4-5 2F
Tel:06-6946-6181
営業時間:平日13:00~20:00/祝祭日12:00~18:00
定休日:木曜定休
最寄り駅:京阪電車 天満橋駅 徒歩7分

模型専門店 クラフトマン HP

| | トラックバック (0)